So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

紫陽花のうた [花]

やっと雨が降り、なんとなく梅雨らしくなって来た。

けれど、九州南部などは、今度はどしゃぶりで、災害に見舞われている。

地球も怒っているみたいな気がする今日この頃です。


7月4日告示、7月21日投票日の参議院選挙が始まりました。

安部一強でやりたい放題の悪政を止めるために闘っている野党が伸びて欲しいと思う。

そして、何よりも多くの国民が民主主義の基本である投票権を軽く見ないで、行使して欲しい。

自分には関係ないと棄権する人が多いけど、大いに関係しているのに見えてないだけと思う。

偏見や先入観にとらわれず、冷静に見れば、見えてくる物があると思う。

政治を軽くみたり、敬遠しても、結局我が身に降りかかってくると思う。


話は変わるが、今は、紫陽花の季節

紫陽花といえば、梅雨の雨に濡れた花を私は想起する。

私にとっては、紫陽花と梅雨の雨はセットで心に焼き付いている。

が、その雨に濡れた紫陽花が写真に撮れなかった。

夕日に映える紫陽花を眺めていると思い出すことがある。

それは、高校時代の教科書にもあった三好達治の詩「乳母車」

なにか強烈に私の心をとらえて、忘れられないのである。

今、読み返してみても、やはり、ステキな詩であると思う。


             乳母車


  母よ
  淡くかなしきもののふるなり
  紫陽花(あじさい)いろのもののふるなり
  はてしなき並樹(なみき)のかげを
  そうそうと風のふくなり


  時はたそがれ
  母よ 私の乳母車(うばぐるま)を押せ
  泣きぬれる夕陽にむかって
  轔々(りんりん)と私の乳母車を押せ


  赤い総(ふさ)ある天鵞絨(びろうど)の帽子を
  つめたき額(ひたい)にかむらせよ
  旅いそぐ鳥の列にも
  季節は空を渡るなり


  淡くかなしきもののふる
  紫陽花いろのもののふる道
  母よ 私は知っている
  この道は遠く遠くはてしない道


DSC_9648.JPG


DSC_9649.JPG


DSC_9650.JPG


DSC_9659.JPG


DSC_9664.JPG


DSC_9689.JPG


IMG_0560.JPG


IMG_0561.JPG


IMG_0563.JPG


IMG_0565.JPG


IMG_0567.JPG


IMG_0574.JPG


IMG_0576.JPG


IMG_0577.JPG


IMG_0580.JPG


IMG_0581.JPG


IMG_0583.JPG


IMG_0588.JPG


IMG_0590.JPG


IMG_0592.JPG


IMG_0593.JPG


IMG_0596.JPG


IMG_0609.JPG


IMG_0615.JPG


IMG_0619.JPG


IMG_0621.JPG


IMG_0624.JPG


紫陽花つくしで今日は終わりにします。よろしく!









nice!(45)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラ園でバラ堪能2 [花]

前回に引き続いてバラ園のバラたちです。


バラを楽しんでるときに、とんでもないニュースがありました。


金融庁が老後には年金だけでは生活できないので老後資金が

2,000万円不足するので、今から投資などして蓄えろと言うのである。

私には年金を削る口実にしているとしか思えない。

政府の失策を国民に押しつけるなと言いたいのだ。

憲法が保障する文化的な最低限度の生活は、年金でまかなえるように

すべきであると私は思う。

2,000万円蓄えろと行っても、どうしても出来ない人たちはどうなるんですか?

格差が広がり、その日の生活に精一杯の人たちが増えてる中でですよ!

そもそも金融庁が言うべきことですか!

大臣は、謝罪したけど、そういう発想が出てくること自体に疑問を感じます。


とはいうものの、ここバラ園ではそんなことどこ吹く風って感じで「平和」である。


IMG_0085.JPG             
                         栄光  日本作出
IMG_0137.JPG
                           うらら  日本
IMG_0140.JPG
                    リパブリック・ドウ・モンマルトン  フランス
IMG_0145.JPG
                           ミツコ  日本
IMG_0147.JPG
                    イングリット・ウェイブル  ドイツ
IMG_0154.JPG
                             エドガー・ドガ  フランス
IMG_0158.JPG
                            連弾  日本
IMG_0164.JPG
                          ゴールドマリー’84  ドイツ
IMG_0166.JPG
                      フレンチパヒューム  日本
IMG_0169.JPG
                               大原女  日本
IMG_0171.JPG
                             都大路  日本
IMG_0174.JPG
                          大文字  日本
IMG_0177.JPG
                       マイナーフェアー  ドイツ
IMG_0181.JPG
                     ケアフリー・ワンダー  フランス
IMG_0184.JPG
          つる サラバンド   フランス
歩き疲れたら、ヒマラヤスギのたもとで一休み!
IMG_0194.JPG
園内にはカフェやレストランも有り、一日楽しめます。
私達は、弁当持ちできたの、ベンチで食事もしました。
今日はここらで!

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

バラ園でバラ堪能 1 [花]

京都府立植物園は、植物園愛好家にはすごく寛大です。

というのも、70歳以上の方は、世界中のどなたでも入園料、温室観覧料ともに無料。

中学生以下も入園料、温室観覧料が無料!

障害者は、入園料、温室観覧料だけでなく、駐車料も無料!

入園料は大人200円と安い!


植物園は、大正13年(1924年)に開園した日本最古の公立総合植物園です。

総面積約240000㎡(甲子園球場の約6倍の広さ)で

植物は、12,000種類。

で、バラ園では、250種、約2,000本が植えられています。


ではバラ園を散策しましょう。


IMG_0080.JPG



IMG_0081.JPG



IMG_0102.JPG



IMG_0082.JPG

                            モンタナ(ドイツ作出)



IMG_0087.JPG

                         イントウリーグ(アメリカ)



IMG_0089.JPG

                           ロブ・ロイ(イギリス)



IMG_0092.JPG



IMG_0094.JPG

                      ラベンダードリーム(オランダ)



IMG_0099.JPG

                            コンチェルチィーノ(フランス)



IMG_0105.JPG



IMG_0106.JPG

                           クレマチス タイガ



IMG_0108.JPG



IMG_0109.JPG

                      伊豆の踊子(フランス)


IMG_0113.JPG

                          クレマチス ロウグチ



IMG_0129.JPG

                         ディスティニー(フランス)


IMG_0131.JPG

                        コンラット・ヘルケン(ドイツ)


IMG_0133.JPG

                           花音 kanon(日本)



IMG_0135.JPG      

                                 ピース


IMG_0136.JPG


やっぱり平和が一番です!!

バラ園は次回まで続きます。

よろしく!





nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬眠から目覚めて 3月の植物園-2 [花]

前回からの続きです。


もっと速く記事をアップする予定でしたが、遅れてしまいました。

というのも、妹の子供の結婚式に参加するため帰省していたからです。

半世紀ぶりに故郷の桜を見ることが出来ました。

最後に故郷の桜を見たのは18歳の時でした。懐かしい桜の風景にうっとりです。

故郷でのんびりして帰ってきました。


で、植物園の続き

3月は植物園に数回足を運びました。

植物園は開放的でのんびりしたいときには、打って付けの場所です。

花をながめ、木々を見上げ、ぶらぶらと歩く。

歩き疲れたら近くのベンチで一休み、読書にも良い

のどが渇けば園内のカフェでティータイムです。


ここではまだ、三月の花々です。


ますはヒュウガミズキ


IMG_8605.JPG


こちらはトサミズキ


IMG_8672.JPG


桜も咲いてた。

東海桜


IMG_8610.JPG


水仙も元気


IMG_8629.JPG


スノードロップ


IMG_8635.JPG


シダレレンギョウ


IMG_8637.JPG


シダレエンジュ

めちゃくちゃスネコチャンだ!


IMG_8639.JPG


その根元ではきのこ

名前は不詳


IMG_8645.JPG


私の大好きなカタクリノハナ


IMG_8648.JPG


ウチワノキ

なんでウチワなのかはわからないけど・・・・・・


IMG_8667.JPG


花壇ではチューリップが沢山飾られていた。

お気に入りのチューリップは、これ


IMG_8676.JPG


さて、お花畑では

サフラン


IMG_8683.JPG


これも大好きなムスカリ


IMG_8687.JPG


どこがどう違うのかわかりませんが

ゲンカイツツジ


IMG_8693.JPG


ヨシノ


IMG_8706.JPG


桜はもう一つカンピザクラ


IMG_8720.JPG


温室ではベコニア展が開かれていたので入ってみた。


IMG_8723.JPG


温室内は、暖かい地域の花たちが沢山並んでいて、びっくりです。

あまり沢山なのでカメラに収める気力さえ無くしそうです。


ヘリコニア


IMG_8737.JPG


ムクナ


IMG_8748.JPG


ゲラニュム マデレンセ


IMG_8757.JPG


フクシア ボリビアナ


IMG_8760.JPG



インパティエンス スツルマニイ

なんだか舌をかみそうな名前である。


IMG_8762.JPG



IMG_8771.JPG


グズマニア アティラ


IMG_8773.JPG


寒い日は、温室で花観賞が一番です。

季節と共に花も木々も変わるので、毎月訪れてみることにした。

楽しみである。






nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冬眠から目覚めて 3月の植物園-1 [花]

3月も下旬、やっと寒さも落ち着き始めて、私も冬眠から目覚めました(笑)

まずは、外の空気を満悦するために、植物園に出かけた。


ゲートを入るときれいな花の飾り付けの塔?


IMG_8597.JPG


春の到来を告げているようでした。

コースはとりあえずクスノキの並木を散策


IMG_8528.JPG


クスノキの大木を見上げていると、なにか爽快な気分になった。

まだ訪れる人影もまばらのがいい!


冬枯れの木々が青空にすっくと立っている姿もステキな気がする。


IMG_8478.JPG



IMG_8542.JPG



IMG_8548.JPG


もう一ヶ月もすれば、これらの木々も新緑に覆われることでしょう。


しかし、冬場でもしっかり葉をつけている木があるのだ。


IMG_8423.JPG


木の名前は、ヤマコウバシ

『落ちない木』ということで受験生に人気だとか。


IMG_8422.JPG


なんでもかんでも縁起を担ぐのはいかがなものかと思うのであるが・・・・・・・・


公園の池では、人だかりがして、池に向かって砲列が並んでいる。

聞けば、カワセミ君がお出かけだというのだ。

教えられて、砲を持たないカメラで撮ってみた。

生まれて初めて、カワセミ君をカメラになんとか納めることが出来た。


IMG_8574.JPG



IMG_8486.JPG


水辺では、人の賑わいをよそに、サギがボーと立っていた。


IMG_8572.JPG

梅園では、今が盛りである。

多くの人が梅の花を大きく撮影しているが、私は、こんな感じの方が好きだ。

メタセコイアを背に梅の老木を撮ってみた。


IMG_8506.JPG



IMG_8536.JPG


ボケ花も、冬枯れの風景の中では、鮮明に写る。


IMG_8587.JPG


桜の花は、ただ一本 修繕寺寒桜が花をつけていた。


IMG_8585.JPG


小さな花たちも顔を出して春を知らせてくれる。


IMG_8540.JPG

                       ユキワリイチゲ



IMG_8552.JPG

                         ウグイスカグラ



IMG_8561.JPG

                              わすれな草


IMG_8563.JPG

                             ムラサキハナナ

 

IMG_8581.JPG

                               ピュタロス


IMG_8593.JPG

                                キンセンカ


とまあ、自分の好きな花だけを取り上げてみました。

小春日和の暖かな日差しを身に受け、のんびりと歩いていると、

なんか、幸せな気分に包まれて、人にも優しい気持ちになれた。

春がやっと来た気分!



nice!(51)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

バラに囲まれて [花]

2017年5月25日

先週、夏日が続く中、バラが満開と聞き植物園に出かけた。

IMG_1120.JPG

IMG_1133.JPG

園内では、バラ展も行われていた。

IMG_1122.JPG

バラもこんなに多くの種類があるのかと思い知らされた。
まさにバラのてんこ盛りの風景である。
脱帽です。

anne.JPG
                          プリンセス アン

daiana.JPG
                ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ

edoga-.doga.JPG
                        エドガー・ドガ

endyumion.JPG
                        エンヂュミオン


furedaiko.JPG
                          フレダイコ 触れ太鼓


henryfonda.JPG

                      ヘンリーフォンダ


herald.JPG

               インターナショナル ヘラルド トリビューン


kibune.JPG

                          貴船


maryrose.JPG

                          メアリーローズ


montana.JPG

                            モンタナ


peizuri-abyi.JPG

                      ペイズリーアビイ


pinkcocktail.JPG

                      ピンクカクテル


princess1.JPG

               プリンセス アレクサンドラ オブ ケント


rendan.JPG

                          連段


turusupekkusu.JPG

         つる スペックス イエロー


ところが写真を撮りながら、この行為が共謀罪に問われる事って
あり得るのだろうかと思った。
なにが共謀罪に該当するかは、警察が決めるのだから
我々庶民にはわかりようがないのだ。
権力者が恣意的に決めることが出来る刑罰法は
乱用・悪用される恐れは十分にあることは歴史が証明している。
そんな法律が23日に衆議院で可決されてしまった。
国民の大多数が、
本当にこのような法律を望んでいるといえるのだろうか?
私は、あの治安維持法とその関連法を思い出し、暗い気分になる。
が、天気は明るく、バラは華やかである。

IMG_1202.JPG


IMG_1176.JPG


バラを堪能して森のカフェに向かう。


IMG_1247.JPG


IMG_1251.JPG


カフェの入り口のは、初めて見るへんな花の列に呆然!
近づいてみると

ekyum.JPG


居合わせて案内人に聞くと「エキュム ウイルド プレッチィー」とい花だそうだ。

一本に約2万個の花がつくという。

原産地は、アフリカ西北にあるスペイン領カナリア諸島にだけ生息する植物だという。

コーヒーを飲みながら、しっかり眺めたよ。

帰り道では、ヒトツバタゴという木があった。

いわゆる「なんじゃもんじゃ」である。

nannzya.JPG


中央広場の花壇では、アグロス テンマの花がさわやかに風に揺れていた。

agurosu.JPG


近くに植物園があるって、本当にうれしいし、なにか心豊かにしてくれる。

ありがたいことだと感謝の念がわいてくる。






庭の花を愛でる [花]

2017年5月10日(水)


自分で入れたコーヒーを味わいながら、庭の花を眺めていた。
庭の花たちは、妻が精魂込めて育てている。
僕は、ただ眺めるだけである。
それも時々で・・・・・・

新しい花が咲くと、妻が「気がついたか」と聞く。
「どこに?」と聞くと「もう!」とうなる。
で、立ち上がり、しっかり眺めてやる。
そこには、可憐な花たちが、これ見よがしに咲いている。
花も妻も、けなげなに思えてくる。

ふと、脳裏にマリー・ローランサンの詩が浮かんだ。
最も「哀れなのは死んだ女ではなく、忘れられた女だ」という
彼女の「鎮静剤」という詩の最後の一行である。

マリー・ローランサンと云えば、パステル色の美しい女性の絵で
世界中に知られているが、詩の方は、絵ほど有名ではないようだ。
でも、彼女は詩も書いているのだ。

この最後の一行は、彼女の人生を思うとき、感慨深いものがある。
彼女は22歳で、詩人ギョーム・アポリネールと恋に落ち
やがて二人は別れるが、アポリネールは、彼女を思い続け
38歳の若さで死んでいく。

彼の詩集「アルコール」に収められている「ミラボー橋」で
「日も暮れよ 鐘も鳴れ
 月日は流れ わたしは残る」と歌ったが、
マリーよりさきにこの世を去ったのだ。
この詩は、私も大好きな詩の一つである。

話がそれてしまったが、庭の花を眺めているとマリーの女ではなく
花が、あの一行にオーバーラップする。
最も「哀れなのは、枯れ果てた花ではなく、忘れられた花だ」と思った。
これからは、しっかり花たちとも付き合っていこうと決めた。

abutiron.JPG
                 (アブチロン)


ba-bena.JPG
                    (バーベナ)


ba-bena2.JPG

                   (バーベナ)


hanasuou.JPG

              (ハナズオウ)


pannzi-.JPG

                  (パンジー)

sirann.JPG

                  (シラン)


tatunami.JPG

                 (タツナミソウ)


botan.JPG

                            (ボタン)


ebine.JPG

                          (エビネ)


kiebine.JPG

                           (エビネ)


haibisukasu.JPG

                         (ハイビスカス)


IMG_1112.JPG

                             (バラ)


miyamaodamaki.JPG

                           (ミヤマオダマキ)


narukosou.JPG

                        (ナルコソウ)


rabennda-.JPG

                        (ラベンダー)


roberia.JPG

                        (ロベリア)


sakurasou.JPG

                         (サクラソウ)


satuki.JPG

                          (サツキ)


turunitinitisou.JPG

                     (ツルニチニチソウ)


tyouzisou.JPG

                         (チョウジソウ)



【追記】


    ミラボー橋 
                 ギョーム・アポリネール
                 堀口大學 訳


 ミラボー橋の下をセーヌ川が流れ
   われらの恋が流れる
   わたしは思い出す

 悩みのあとには楽しみが来ると
   日も暮れよ 鐘も鳴れ
   月日は流れ わたしは残る


 手と手をつなぎ 顔と顔を向け合おう
   こうしていると
   二人の腕の橋の下を
 疲れたまなざしの無窮の時が流れる

   日も暮れよ 鐘も鳴れ
   月日は流れ わたしは残る


 流れる水のように恋もまた死んでゆく
   恋もまた死んでゆく
   命ばかりが長く
 希望ばかりが大きい

   日も暮れよ 鐘も鳴れ
   月日は流れ わたしは残る


 日が去り 月がゆき
   過ぎた時も
   昔の恋も 二度とまた帰ってこない
  ミラボー橋の下をセーヌ川が流れる

   日も暮れよ 鐘も鳴れ
   月日は流れ わたしは残る


赤いのが好き! [花]

雲一つ無い快晴に誘われて、府立植物園に出かけた。
園内に入ると良いにおいがする。
どこから? と探していたら、デカいキンモクセイからだった。

IMG_3206.JPG

でかい!
といえば、菩提樹も大きい!
木の下にはベンチが有り、入園者が憩っていた。

IMG_3207.JPG

今日のお目当てはバラ園
赤いバラが大好きなのだ。
とりわけ、この花

teki-ra.JPG

理由は、名前が良い「テキーラ」というのだ。
私の出し好きな洋酒の名前と同じなのだ。
この花を愛でながら、テキーラが飲めたら、私も赤くなるかな?

次はプスタ

pusuta.JPG

それからロブロイ

roburoi.JPG

ユーロピアーナ

yu-ropia-na.JPG

ジーンバーナー

zi-nba-na-.JPG

最後にマイナーフェアー

maina-fea.JPG

それからケイトウ

IMG_3239.JPG

赤に近いところで ケアフリーワンダー

IMG_3226.JPG

keahuri-wannda-.JPG

ちょっと変わった花で ブルグマンシア

IMG_3242.JPG

この季節、これは外せない コスモス

IMG_3247.JPG

休憩は、森のカフェ

IMG_3246.JPG

ここのコーヒー意外と美味しかった!!!

最後にお口直しに ゴールドバニー

gourudobani-.JPG 

ニンジンボク

ninzonboku.JPG

おかげでいい散歩が出来ました!!
感謝です。


花の園へ [花]

2015年10月28日
今日もいい天気になった。
夜中にすごい雨が降ったけど・・・・・・Z
客人は、午前中は、町ブラと映画の二組に分かれて行動。
午後は、植物園に案内

IMG_0208.JPG

IMG_0209.JPG

今日は、庭園コンクールの発表が行われていた。
下記は、最優秀賞 京都府知事賞に輝いた箱庭

IMG_0210.JPG

他にも数点が展示されていた。

IMG_0211.JPG

IMG_0212.JPG

IMG_0213.JPG

これらを眺めていて、感じたのは、狭い我が家の庭でも工夫次第で素敵な
庭が造れるという見本みたいなものだということだった。

まずは観覧温室に入る。
南方の植物がたくさん!
色鮮やかできれいな花もあるが、

IMG_0234.JPG

IMG_0282.JPG

中にはおどろおどろしい花もある。

IMG_0244.JPG

IMG_0243.JPG

やっぱり日本の草花の方が私は癒やされる。

IMG_0293.JPG

IMG_0305.JPG

IMG_0297.JPG

IMG_0299.JPG

IMG_0302.JPG

IMG_0306.JPG

IMG_0313.JPG

バラ園を覗くと色とりどりのバラが満開だった。

IMG_0316.JPG

IMG_0319.JPG

IMG_0324.JPG

IMG_0334.JPG

バラ園のそばのベンチでは、憩う人たちが楽しそうにしていた。

が、この後とんでもないことがおきて、その人達も僕も大慌てした。

秋の風がひときわ強く吹いてきたのである。
すると、そばのもみの木か何かの大木から、凄まじい黄色の粉が舞い上がり
降り注いできたのだ。
上着が黄色くなるほどの、びっくりぽんである。
で、みんな仰天して逃げ出した(笑)

私も逃げ出して菊花展会場に行った。
素晴らしい菊がたくさん展示されていたが・・・・・

IMG_0337.JPG

観賞もそこそこで、待ち合わせのカフェへ、ぴったり約束の時間に行った。
で、みんなで賑やかな歓談!
早、夕食の話?
ちょっとついて行けない(笑)

植物園のアプローチに沿道では、紅葉が進み、夕日を受けて輝いていた。

IMG_0341.JPG

IMG_0343.JPG

まあ、楽しい一日でした。
客人も喜んでくれて、安心しました。
今夜は、ブランデーでいっぱいやるぞ!




 


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サルの花(モンキーオーキッド)を見る! [花]

facebookで知ったモンキーオーキッドを見ようと京都府植物園に二人で出かけた。

IMG_0793.JPG

天気も上々、園に入ると真っ赤に燃え上がるようなケイトウ

IMG_0798.JPG

池では、イベントの像が設置され、なんだか笑えてきた。

IMG_0805.JPG

IMG_0806.JPG

子供達に人気があるようだ。
その池にも花が・・・・

IMG_0808.JPG

IMG_0809.JPG

IMG_0810.JPG

でも驚いたのは、木々の枝につるされた袋?である。

IMG_0800.JPG

IMG_0900.JPG

近寄ってみると

IMG_0804.JPG

こんな感じの手作りのものばかり、しばし感激して眺めたよ!

IMG_0807.JPG

ところでパパイアが鈴なりで、なんか食欲をそそります。

で、早速観覧温室に入る。
室内は、暖か~い!
これって、真冬に入館すれば、暖かくて、のびのび出来るのではと密かに思う。
とにかく色とりどりの花たちが、いっぱいなのだが、
初めて出会う花もあり、名前も覚えられない(トホホ・・・)

IMG_0815.JPG

IMG_0817.JPG

IMG_0824.JPG

IMG_0832.JPG

やっと目的の所にやってきたが、新聞でも報道されたとかで、黒山の人だかり!
みんなカメラを抱えて、やんややんやの大騒ぎ!
というのも、撮影しにくい場所にたったの一輪なのだ!

IMG_0847.JPG

長いこと待って、やっと人混みの間からちゃっかり撮影に成功した!

IMG_0841.JPG

IMG_0841-2.JPG

あたりが暗くて、おまけに花は下向いているので、座り込んで望遠で撮影した。
小さな花である。
サルの顔に見える?

近くには、おどろおどろしい花もあった。

IMG_0843.JPG

花かと思ったら

IMG_0855.JPG

花はこちらのようだ

IMG_0857.JPG

清楚な花も(ニンファエア)

ninfaea1.JPG

ninfaea2.JPG

IMG_0874.JPG

でも僕はこんな花の方が好きだ

IMG_0851.JPG

IMG_0853.JPG

IMG_0858.JPG

IMG_0871.JPG

IMG_0872.JPG

IMG_0866.JPG

ハイビスカスの花もいいなあ!

haibisukasu.JPG

赤い花にも木をひかれる

IMG_0859.JPG

IMG_0860.JPG

見れば見るほどなんだか怖くない?

IMG_0884.JPG

こんなのは見慣れて平気だけど

IMG_0891.JPG

強烈で襲われそうな気がする花たちもある。

IMG_0876.JPG

IMG_0894.JPG

IMG_0897.JPG

ジェイドバンがかすかに花を残していた。

zyeidobain.JPG

花を惜しみながら歩いていると、妻が早くしろとせかすのだ。
早く甘いものが食べたいと子供のような事をいう。

IMG_0903.JPG

で、カフェに入る。
休憩の後は、園内を散策して、帰途についた。

IMG_0905.JPG

楽しく健康的なお出かけでした。
時々、植物園にも散策に来ようと思ったよ。