So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

植物園にて-2 紅葉を眺めながら [ぶらり生活]

植物園の今年最後の紅葉を撮ってみた。
人影も少なくなり、のんびりと散策が出来た。


町では、もうクリスマスセールが始まっている。


三脚にカメラをつけて、担いでいる人に出会った。
「いいのが撮れましたか?」と聞くと
「いやいや、これは散歩の方便です。」という。
本当は、しっかり撮影しているに違いないと思う。


芝生の広場では、小さな子供ずれの人たちが、子供達と戯れていた。
子供の遊び場所としても、植物園は最適なのかも知れない。
歓声を上げて、走り回っている子供が目にまぶしく感じる。


自分も、その昔、あんな年頃の時代があったのだろうと思うけど
思い出すのは、箱車に妹を乗せて、
庭を行き来している姿しか浮かんでこない。
父母は忙しいので、それが私の仕事のような気分だった。
近所の人に妹思いのいい子だと褒められ、妹もうれしそうだったが
なぜか、私は孤独感につきまとわれていた。


家の近くに小高いクヌギ林があり、そこが私の居場所だった。
とりわけ、冬枯れのクヌギ林が好きだった。
で、よく一人でその林の中で過ごした。
とりわけ、夜の林がお気に入りだった。
落ち葉にくるまって、寝転がっていると、木枯らしの中でも暖かい。
夜空に散らばった星を掃除するかのように、クヌギの枝が北風に揺れる。
風の叫びと落ち葉のざわめき以外の何も聞こえない。
このまま死ねたらと幾度思ったことだろう。


私の子供時代は、うれしい思い出は浮かんでこないが
今、振り返ると懐かしさがこみ上げてくる。


孤独感と死の願望に取り憑かれながらも、私は生きてきた。
歌の文句ではないが「思えば遠くにきたもんだ」と実感する。


紅葉を眺めながら、
私の紅葉は、何だろうと、ふと思う。



IMG_3925-1.jpg



IMG_3956-1.jpg



IMG_3965-1.jpg



IMG_3998-1.jpg



IMG_4000-1.jpg



IMG_3943-1.jpg



IMG_3963-1.jpg



IMG_4013-1.jpg



IMG_4083-1.jpg



IMG_4084-1.jpg



IMG_4085-1.jpg



IMG_4092-1.jpg



IMG_4098-1.jpg



IMG_4099-1.jpg



IMG_4111-1.jpg



IMG_4152-1.jpg

                  (フウの木の巨木)


IMG_4154-1.jpg

                              (フウの木の紅葉)


帰りのバスの窓から、赤く染まり始めた西の空が、町には夕暮れを運んでいた。

灯の目立ち始めた町並みを眺めていると、なにやら別世界から現実に帰ってきたような気分になった。

外灯のついた我が家の前に立つと、日常が迎えてくれた。



nice!(38)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

植物園にて-1 [ぶらり生活]

久し振りに植物園に出かけてみた。
紅葉の映える場所では、カメラの砲列がずらりと並んでいた。
それだけではない、至る所に結婚式姿のカップルが、
カメラマン達に先導されて記念写真の撮影が行われている。
秋は、結婚シーズンでもあるらしい。
私が結婚した時代には、見かけることのなかった風景である。
私達は、ささやかな結婚式でしたし、新婚旅行も近くの温泉に一泊だけの
これもささやかなものでしたが、以来半世紀、仲良くやってきています。
昔を懐かしみながら、園内を二人で楽しみました。

IMG_3926-1.jpg

             園の入り口で


IMG_3932-1.jpg



IMG_3933-1.jpg



IMG_3950-1.jpg



IMG_3958-1.jpg

                       四季桜


IMG_3980-1.jpg



IMG_4046-1.jpg

                             サンシュユの実


IMG_4053-1.jpg



IMG_4062-1.jpg



IMG_4059-1.jpg


ぶらぶらと歩いていると、ベンチで一人読書している人、野外テーブル囲んで

グループで、歓談している人、スケッチに余念の無い人など、園の楽しみ方は

人それぞれだけど、こうゆう施設があることは、本当にいいなあと改めて感じました。



nice!(25)  コメント(4)