So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

聚光院特別公開へ [ぶらり生活]


大徳寺 聚光院では、この三月から一年間、特別公開として国宝などが
見れるというので出かけた。

この特別公開のスタッフをしている友人からのお誘いで、
もちろん友人にも会いたくて出かけたというわけである。

大徳寺に着くとまずは目に入るのが三門
赤塗りの三門で『金毛閣』が目に入る。
けったいな名前であるが、千利休が名付けたとか。
三門は山門書くが、とにかく重要文化財だ。

IMG_1810.JPG

二層の建物で、一層は連歌師・宗長の寄進で享禄2年(1529年)にまず竣工し
二層目は、天正17年(1589年)、千利休が完成させて
「金毛閣」と名づけられた。
利休の恩に報いるために寺は上層に雪駄を履いた利休の木像を安置したが、
このため門を通る者は利休の足下をくぐることになり、
これが豊臣秀吉の怒りを買って、利休切腹の一因となったという。

IMG_1811.JPG

その利休の墓があるのが聚光院である。

IMG_1809.JPG

IMG_1814.JPG

IMG_1813.JPG

院の中では、案内の方がそれぞれの説明を細かにしてくれるのだ。
国宝の障壁画も里帰りして、元の位置でしっかり眺められる。
なにしろ、ほおずり出来る近さで見ることが出来るのだ。
だからといって、頬ずりなんどしたものなら、えらいことになるよ!

最後に案内された千住博画伯の書院障壁画『滝』には、ビックリポンです。

見学の後、友人ともお話が出来て、ラッキーでした。
彼女の歯に衣を着せない話しぶりが、なんともさわやかで
こちらまで心が浮き立つ思いがするのだ。

院内の写真が撮れないので、以下パンフレットから掲載

img182-2.jpg

img183-2.jpg

img192.jpg

img185-3.jpg

img185-4.jpg




img194-2.jpg

img197-3.jpg

img194-3.jpg

img200-2.jpg

img199-2.jpg

img190-2.jpg

img191-2.jpg

帰り道、大徳寺境内に巨大な木がそびえているので行ってみた。
説明からすれば約350年ほどの木である。

IMG_1815.JPG

IMG_1816.JPG

帰りのバスは銀閣寺行きで、もみくちゃにされたが、
スパニッシュ系と思われる若い女性に席をいただいた。
本当に感謝です。

京都市も、観光シーズンには、バスを増便してほしいものである。
席を譲ってもらったから言うわけではないが
観光客の皆さんを大事にしましょう!


nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 6

斗夢

千利休は秀吉に殺されたわけですが、権力者の心は恐ろしいと思います。
左遷や遠島でも良いのではないか、生命までとらなければならないという
心はどんなものだったのでしょう。
by 斗夢 (2016-04-08 04:46) 

風の友

斗夢さんへ
金毛閣の件は、言いがかりで、利休への憎しみがそうさせたのではと思います。
権力の座に着くと人間性が失われていくようです。
小説で『アルト・ハイデルベルグ』というのがありますが、それがリアルに描かれています。小説そのものは、ロマンチックな内容なんですが・・・・

by 風の友 (2016-04-08 09:39) 

名犬ゴン太の兄

千利休の件も含めて、権力を握った後の秀吉がまるで人が変わったかのような行動に出るのがなかなか興味深いですよね。
権力と人間性ということで、いろいろ考えられそうです。
それにしても、趣のある場所ですね。
私も見に行きたいです^^
by 名犬ゴン太の兄 (2016-04-10 08:24) 

風の友

名犬ゴン太さんへ
私は権力者には、どうもなじめません。
確たる信念がないと、自分や組織の利益を優先させるんですよね。
京都は、奥が深いところがありますが
反面、血塗られた場所でもあります。
歴史とは、そういう面も持っている事を念頭に・・・・・
それでも確かにいいとこです(笑)

by 風の友 (2016-04-10 16:09) 

路渡カッパ

聚光院、良さそうですね。ゴールデンウィークにでも行ってみようかな。まだ予約できそうだし♪
by 路渡カッパ (2016-04-11 09:55) 

風の友

路渡カッパさんへ
是非、足を運んでみてください。
ついでに、あの界隈の解説をお願いします(笑)
by 風の友 (2016-04-11 11:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0