So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

前の10件 | -

大文字 [京都の風物]

大文字-五山の送り火


8月16日午後8時に五山の送り火の先頭を切って「大文字」が点火された。

送り火は、この大文字の点火の後、5分おきに西に向かって次々と

送り火が点火されて、京の夜空を照らします。


京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事。
葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされる。
「大文字」(京都市左京区浄土寺・大文字山(如意ヶ嶽)。20時00分点火)
「松ヶ崎妙法」(京都市左京区松ヶ崎・西山及び東山。20時05分点火)
「舟形万灯籠」(京都市北区西賀茂・船山。20時10分点火)
「左大文字」(京都市北区大北山・左大文字山。20時15分点火)
「鳥居形松明」(京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山。20時20分点火)
以上の五山で炎が上がり、
お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされる。


お盆も今日で終わりです。

また、日常が帰ってくるように思えます。


点火時の大文字、左側の青い点は、ドローンのようです。

煙がすごい!


IMG_6339.JPG



IMG_6351.JPG



IMG_6359.JPG


火床をアップで見ると多くの人がいるのがわかります。


IMG_6370.JPG



IMG_6344.JPG



IMG_6368.JPG


火が消えると、残ったたきぎを皆さんがそれぞれ持って帰ります。

この炭火をわざわざ得るために山に登ってくる人もいます。

家に持ち帰って、厄除けとします。


この山は一般に大文字山と呼ばれていますが、

本当は東山三十六峰のひとつ「如意が嶽」(にょいがだけ)です。


 最後になりましたが、残暑お見舞い申し上げます!





nice!(30)  コメント(6) 

故郷の山河-6 [故郷]

生家の近所散策


私の生家は、典型的な山深い山村です。

昔から路線バスもない山間の集落にありました。

それでも、村の中心部に近く、小学校や役場、郵便局、駐在所

そして酒屋さん、雑貨屋さんも、わりに近くにありました。

小学校の同級生は、約3kmもの山道を通ってくる者もいました。

雨の日も、雪の日も、台風がきても、通っていました。

現在の町の小学生には考えられないような有り様でした。

けれども、風光明媚な山村でした。

平地がないので、小学校は山の頂上を削って建てられていました。

校庭からは、谷間に連なる棚田と集落、そして雑木林が眺められた。

いまは、その小学校も廃校となり、ソーラーが設置されています。


昔を懐かしみながらの散策です。

IMG_5697.JPG



IMG_5693.JPG



IMG_5694.JPG


耕して天に至るという表現がありますが、ここからの眺めは、

耕して谷間に下るという感じです。


IMG_5705.JPG



IMG_5707.JPG


下の画面の中央あたりに青く見えるのは、川面です。


IMG_5708.JPG


IMG_5712.JPG


野辺には、ダリアの花が咲いていました。

花畑ではなく道辺です。自然に咲いたのでしょう。


IMG_5717.JPG


川辺にわずかにある平地は、みんな水田、

その真ん中に神社がありました。


IMG_5718.JPG



IMG_5722.JPG


昔は、秋には、お祭りで神楽が奉納されていました。


IMG_5719.JPG


小学生時代よく水遊びに友達と夏休みにはやってきた緒方川


IMG_5728.JPG


IMG_5727.JPG


IMG_5732.JPG


石橋も有り、釣り人がいました。


IMG_5729.JPG


川から自宅へ帰る道は、長い坂道を歩かなければなりませんでした。



IMG_5734.JPG



IMG_5738.JPG


水田には、サギが遊んでいました。

子供の頃には、見かけない風景です。

昔は、サギも来ない(笑)山奥でした。


IMG_5749.JPG


お城のような屋根構えの民家です。


IMG_5740.JPG


庭には、タチアオイが咲いていました。


IMG_5741.JPG


振り返れば棚田!


IMG_5756.JPG


道ばたに、トラックターが、昼寝


IMG_5739.JPG


猫も散策中


IMG_5760.JPG


人恋しそうに寄ってきました。

というか「おまえ誰や!」って感じだったけど・・・・・・


静かな、静かな故郷です。






nice!(30)  コメント(8) 

故郷の山河-5 [故郷]

軸丸の棚田


道の駅「原尻の滝」から車で10分ほどの山手に入っていくと軸丸という地域に至る。

ここは、日本の棚田100選の一つに選ばれた緒方町軸丸の棚田にあえる。


IMG_5687.JPG


美しい棚田であるだけでなく、採れるお米も美味しいのだ。


IMG_5672.JPG


IMG_5640.JPG



IMG_5648.JPG



IMG_5653.JPG



IMG_5688.JPG



IMG_5857.JPG



IMG_5858.JPG



IMG_5859.JPG



IMG_5861.JPG



IMG_5862.JPG



IMG_5866.JPG



IMG_5871.JPG



IMG_5876.JPG



IMG_5879.JPG



IMG_5880.JPG



IMG_5882.JPG


この地域は、水路が作られるまでは、稲作が出来ずに厳しい生活を強いられていたという。

また、ここには神楽座があり、農家の人たちが今日に伝えている。

私が子供の頃は「軸丸神楽」と呼んでいたが、いまは緒方神楽と呼んでるようだ。

御嶽流の神楽である。

棚田の尽きる高台には、地蔵さんが、草花に囲まれて静かに鎮座していた。


IMG_5679.JPG


帰り道、偶然に田の草取りに励んでいる人を見かけた。

声をかけると愛想良く応えてくれた。

それで、なんだか私も故郷に帰った気分が高まった。



IMG_5750.JPG


超のどかな田園地域である。





nice!(39)  コメント(6) 

故郷の山河-4 [故郷]

轟橋(とどろばし)と出会橋(であいばし)


日本一という橋を目指して出かけた。

原尻の滝の道、県道7号線を南にひたすら走り、国道410号線に入る。

国道といっても、道幅は狭くて、対向車があると、離合するのが大変である。

曲がりくねった人家も見当たらない山道をどんどん上っていく。


両側が杉林の薄暗い場所を抜けると、忽然と神社と民家が目に入る。

古びた神社と豪華な一軒家である。

私も田舎育ちだけど、こんな風景は初めてである。

横溝正史の小説の世界に迷い込んだような気になった。

近くに人の気配はない。


IMG_5988.JPG



IMG_5992.JPG


IMG_5987.JPG


よくよく眺めていたら、山中酒店という看板が出ていた。

ガラス戸の中をみると、日本酒の一升瓶が並んでいる。

酒の小売屋さんであることは、間違いないようだ。

だけど、近くに他の民家もないこんな場所に、酒を買う人が来るのだろうかと思う。


IMG_5994.JPG


石碑が建っていた。

愛媛県に生まれたご先祖様が、大正元年にここへ住み着き

製材運送業を始めて財をなし、地域の教育事業をしたと書いてある。

昔は、ここでは製材運搬業が栄えた所らしい。


IMG_5995.JPG


でも、いまはすっかり廃れてしまっているのだ。

さらに進んでいくと朽ち果てた一軒家!


IMG_5940.JPG


やがて案内版を発見!


IMG_5941.JPG


書いてあることが粋なのだが、そばには小さな石の鳥居が壊れたようなものが・・・・・

なんか、めちゃわびしくなった。

それでも、めげずに狭い山道を下る。


目の前が開けて、集落が現れた。

目指す橋は、そこにあった。


橋の麓に橋の説明板があった。


IMG_5977.JPG


石橋としてはアーチ直径が日本1位の轟(とどろ)橋、同2位の出会橋が同じ川の上に、

しかもすぐそばに並んで架かる、隠れた絶景スポットらしい。

ちなみに出会橋は、平石地区・轟地区間の重要な交通路として、

なんと旧清川村平石・轟地区の住民の手によって架けられたもの。

大正13年完成。

一方、轟橋は、木材を搬出するトロッコ列車のためにつくられた橋で昭和9年完成とのこと。


出会い橋から見た轟橋

IMG_5946.JPG


轟橋からみた出合橋


IMG_5962.JPG


IMG_5967.JPG


川の水は、すごくきれいである。

ここも原尻の滝と同じで阿蘇の火砕流で出来た大地で柱状節理が見られる。


IMG_5971.JPG


我が故郷は、阿蘇山の火砕流と火山灰でできた大地の上なのだ!



nice!(30)  コメント(4) 

故郷の山河-3 [故郷]

ひまわりの寺 南林寺


国道502号線の「原尻の滝入り口」の信号を入ると


tkiiriguti.jpg


道の駅「原尻の滝」に至る。


eki-harazirinotaki.jpg


そこを通り過ぎて500m程で仏の里の看板が有り、

そこから、山に中に入っていく。


IMG_5740.JPG


道案内は、小僧さんがしてくれる。


IMG_5743.JPG


棚田沿いの山道を行く。


IMG_5887.JPG



IMG_5893.JPG


時折、数軒の民家集落を通り越して、クヌギ林を抜け


IMG_5896.JPG


鳥居のある鎮守の森を過ぎると

突然視界が開け、眼下にひまわりの花に囲まれるように寺院が目に映る。


IMG_5553.JPG


IMG_5556.JPG



IMG_5529.JPG


IMG_5534.JPG


山門の前に看板が立っていて

「ふるさとのあなたの寺です。南林寺」と書かれている。

まさに我が故郷の寺なのだ!


IMG_5541.JPG



IMG_5538.JPG


坂道を上がり山門に入ると


IMG_5546.JPG



天井には、天井画があった。


IMG_7956.JPG



IMG_8379.JPG


山門の石段をあがると、正面に本堂!


IMG_6066.JPG



IMG_5548.JPG


左手には、納骨堂。



IMG_5905.JPG


右手は庭が広がっていて、池がある。


IMG_5550.JPG


IMG_5928.JPG


渡り廊下には、二匹のあまのじゃく!


IMG_6056.JPG


本堂前に掲げられた看板には

「恋しくは 南無阿弥陀仏を 称うべし 吾も六字の中に住むべし」

と書かれている。


IMG_5549-1.JPG


で、ここで私も一句浮かんだ。

「恋しくは 訪ね来てみよ 大分の 山の奥なる ひまわりの寺」

われながら良い出来映えだと一人自画自賛です!






nice!(26)  コメント(4) 

故郷の山河-2 [故郷]

 原尻の滝とその周辺


故郷の名所といったら、まずあげられるのが原尻の滝です。

普通、滝と言えば山岳地帯にあるのですが、

原尻の滝は、平野部に有り、車でそばまで行けます。

案内版がないと、見過ごしてしまいます。


滝のそばには道の駅「原尻の滝」もあります。

春には、一面にチューリップが咲き乱れ、

素晴らしい景観を見ることが出来ます。


IMG_6028.JPG



IMG_8048.JPG


IMG_6009.JPG


滝の上は、石の鳥居が立っていて、生活道があり車も通れます。


IMG_6008.JPG


IMG_6036.JPG



IMG_6030.JPG


12月には、この鳥居の下を神輿を担いだ裸の男達が川渡をします。


この滝の周辺は、わが町の唯一の平野部です。

江戸時代は、「荒城の月」で有名になった岡城の岡藩の領地だった。

5千石といわれる平野部です。

町の大地は、かって阿蘇山が噴火した折りに流れ出た溶岩が土台です。


IMG_6006.JPG



IMG_6024.JPG


(秋の原尻の滝)

IMG_8036.JPG


しかし、川は低地を流れるため、水田用の水路が張り巡らされています。

あちこちで、今でも水田に水を供給するための水車が回っています。


IMG_6021.JPG



IMG_5631.JPG



IMG_6040.JPG



IMG_6044.JPG


滝の下手には、吊り橋が架かっていて、滝を眺められます。



#MG_4047.JPG



IMG_6013.JPG



#MG_8045.JPG


滝の観光に来た方は、道の駅で車を置いて、歩いて行けます。

毎年、8月14日の夜には、

この平野部全体に沢山の灯がともされ幽玄な世界が体験できます。


kodaiH30.jpg


また、滝のそばでは、御嶽流の緒方神楽も奉納されます。

動きの激しい勇壮な神楽です。

大分県は、神楽の県でもあります。

沢山の神楽座があります。



IMG_0358.JPG


岩手県の早池峰神楽(はやちねかぐら)が有名で国指定文化財第1号と聞いていますが

御嶽神楽(おんだけかぐら)も国指定文化財の指定を受けています。

早池峰神楽と比べて御嶽神楽は、歴史は新しいが、それだけに完成度の高い神楽で

動きの激しいリズミカルな舞で、日本神話を手本にしているようです。


演目として有名なのが「天孫降臨」、「岩戸開」、

須佐之男命による八岐大蛇退治の「八雲払」(やくもばらい)等があります。


毎年4月の第1日曜日に、清川町の御嶽山麓にある神楽の里・能場公園で、

御嶽流神楽の流れを汲む大分県内外の神楽が一堂に集まる御嶽流神楽大会が開催されており、

御嶽神楽をはじめとする御嶽流神楽を鑑賞することができます。

我が故郷は、神楽の里でもあります。



nice!(32)  コメント(8) 

驚愕! [ぶらり生活]

友人と共にコンサートに出かけた。

大津市伝統芸能会館で行われる景山木美子さんの

リリックソプラノコンサートである。


ソプラノは大まかに、スブレット、リリック、ドラマティックの3つのカテゴリーに分けられるが

リリックは、「恋人タイプ」に分類される。

美しく柔らかな声質を持ち、長いレガートラインを描けるしなやかな声、

広がりのある明るめの声であること求められるとか。


kageyama.jpg


人に支えられて能舞台のステージに立つ景山さんは

今年92歳になるという。

年齢を聞いただけでも、驚きであるが、

マイクを使わず、歌う彼女の歌を聴いて、驚愕した!!!!

包み込むように優しく、透き通った若々しい歌声!

信じられないくらいである。


しかも最初の歌がペルゴレージの「ニーナの死」なのだ!

私は短調の歌が好きなのだが、この歌もホ短調の歌である。


kageyama2.jpg


ヘンデルの「私を泣かせてください」も心をつかまれた。


第一部は、アヴェ・マリアで締めくくられた。

第二部は、日本の歌だった。


秘唱

平井康三郎作曲/西条八十作詩


ひとすぢの青き葦さへ
吹き吹けば佳き音をしらぶ


ひとすぢの焔とならば
いつの日か君燃えざらむ


たまきはる命をかけて
愛ほしききみよ 女よ


最後の歌「サルビア

中田喜直作曲/堀内幸枝作詞

 

サルビアは赤い花だわ
その花は血の色だわ
私はその花をみつめていたとき
急に愛の言葉を口にしたのね


夏の風はあったかいわ
疾妬する熱風だわ
かん高い感情の中でとまどった
ふたりの顔に吹き付けていたのよ


サルビアのはなびらを
いっぱいふりかけてちょうだい
まっ赤な色にふちどられて叫んだ
あのときをもいちど思い出したいの


この二曲が私には良かった。

情熱的な歌でした。


アンコール曲で

荒城の月」を聴いた時には、胸が熱くなった。

この歌は、私にとっては、特別の想いがあります。

荒城の月の作曲者、滝廉太郎は、大分県の竹田市に一時住んでいて

竹田市にある岡城跡に銅像が建っている。

その岡城跡のすぐ麓に私の卒業した高校が今でもあります。


IMG_9040.JPG


私はその山の上の岡城跡を半周するようにある道を3年間通った。

クラスの友人と城跡に上り、よく遊んだものだった。

卒業式の日にも、クラスの友人達と上り、

最後にみんなで校歌と荒城の月を合唱して別れた。

青春時代の思い出の歌でもあるのです。


感動的なコンサートだった。

コンサートの後は、友人宅で夕食をご馳走になった。

おかげで本当に楽しく、びっくりで有意義な一日になった。





nice!(24)  コメント(6) 

故郷の山河-1 [故郷]

思うことがあって、故郷に帰ってきました。


6月の故郷は、田植えの季節です。

小高い山々に囲まれた谷間には、小川が流れ、

棚田が続いています。


稲の植わった水田には、アヒルやコウノトリが訪れています。

狸やキツネだっています。

勿論、鹿やイノシシも歓迎はしないけどいるのです。

故郷は、野生の動物の楽園でもあります。


大野川に架かる橋


IMG_5460.JPG



IMG_5462.JPG


名もなき小川も沢山あります。


IMG_5464.JPG



IMG_5466.JPG


緒方川に掛かる原尻の石橋


IMG_5469.JPG


IMG_5472.JPG



IMG_5475.JPG


人間とイノシシのかかし


IMG_5479.JPG


IMG_5481.JPG


IMG_5482.JPG



IMG_5483.JPG



IMG_5485.JPG



IMG_5488.JPG



IMG_5495.JPG


IMG_5497.JPG



IMG_5508.JPG


谷間には棚田が広がっています。


IMG_5511.JPG


IMG_5515.JPG



IMG_5517.JPG



IMG_5520.JPG


故郷でも、過疎化が進み、美しい棚田も荒れ果てている所もあります。

それでも田植えの終わった棚田を眺めていると

誰かが言った「農業は芸術だ」という言葉が脳裏に蘇ってきます。

私達にとって”美しい自然”とは、人の手の入った自然のことだと実感します。

そして、この自然の中で生まれ、育った自分を幸せに感じます。



nice!(33)  コメント(10) 

六道の辻 六道珍皇寺 [京都の風物]

六道の辻と呼ばれる位置にある六道珍皇寺にやってきた。

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。

山号は大椿山。本尊は薬師如来。


IMG_5350.JPG


8月7日 - 10日の「六道詣り」、小野篁が冥界に通ったと伝わる井戸で知られる。

通称「六道さん」。この付近が「六道の辻」であるとされる。


IMG_5352.JPG


創建は延暦年間とされ、開基は、奈良の大安寺の住持で弘法大師の師にあたる慶俊とされる。

異説もたくさんあり、何が本当なのかは不明。


紅い門の前には、石碑が有り、なにやら書いてある。

が、私には、よくよく見ないと読めない。

書道の碑ならともかく、書くなら、誰でも読める文字で書いて欲しいものである。


IMG_5357.JPG


謡曲 熊野からの引用らしい。

が、この「熊野」は「ゆや」と読むらしい。

能を代表する曲の一つと言われている。

碑の文を調べてみると

「愛宕の寺もうち過ぎぬ六道の辻とかや
げに恐ろしやこの道はめい土にかふなるものを」

(愛宕の寺も打ち過ぎぬ、六道の辻とかや
げに恐ろしや此道は、冥途に通ふなるものを)

となるようだ。

六道の辻は、げに恐ろしき場所なのだ。

現に今でも、この五条坂の東山には鳥辺野墓地が有り、

西本願寺の大谷墓地が有り、東本願寺の納骨堂があり、

京都市の火葬場までがある。

ここから東は、死者の世界である。

その昔、都人は死者が出ると、ここ六道の辻で葬儀をして鳥辺野に葬った。

現世と死者の国との境目が六道の辻なのだ。


さて、六道珍皇寺に話は、戻りますが


IMG_5359.JPG



IMG_5358.JPG


境内には、薬師堂


IMG_5360.JPG


迎鐘堂


IMG_5368.JPG


この鐘楼は、ちょっと変わっていて、鐘は見えない。

外から鐘突き棒で鐘を突き、音だけを聞くだけである。


閻魔・篁堂


IMG_5361.JPG


IMG_5367.JPG



IMG_5363.JPG


この寺と縁がが深いのが


IMG_5365.JPG


小野篁(たかむら)である。

webの資料によれば

「小野 篁延暦21年(802年) - 仁寿2年12月22日(853年2月3日))は、平安時代前期の公卿・文人。

参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。

異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。

小倉百人一首では参議篁(さんぎたかむら)。

身長六尺二寸(約188cm)の巨漢でもあった。


逸話と伝説
篁は昼間は朝廷で官吏を、夜間は冥府において閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという伝説が

『江談抄』、『今昔物語集』、『元亨釈書』といった平安時代末期から鎌倉時代にかけての書籍に紹介され、

後世の『本朝列仙伝』(田中玄順・編、1867年・刊)など多くの書籍に引用されている。

『江談抄』では三の三十九において、藤原高藤が急死した際、

閻魔庁の篁によって冥土からの生還を果たしたことが記されている。


『今昔物語集』巻第20第45話「小野篁、情に依り西三条の大臣を助くる語(小野篁依情助西三条大臣語)」によると、

病死して閻魔庁に引据えられた藤原良相が篁の執成しによって蘇生したという逸話がある。
『元亨釈書』 では、巻の九にある矢田寺(金剛山寺)の滿米(満米)上人の項において、

篁が閻魔大王に菩薩戒を授ける人物として上人を紹介する。

この物語は「矢田地蔵縁起」として描かれ、京都矢田寺(重要文化財指定、京都国立博物館寄託)、

奈良矢田寺(非公開)、奈良国立博物館、根津美術館などに残されている。

この伝説に基づき、京都矢田寺の梵鐘を「送り鐘」と称して六道珍皇寺の「迎え鐘」と対の存在としている。


冥府との往還には井戸を使い、

その井戸は、京都東山の六道珍皇寺(死の六道、入口)と

京都嵯峨の福正寺(生の六道、出口、明治期に廃寺)にあったとされる。

また近年六道珍皇寺旧境内から井戸が発見され、

六道珍皇寺ではこの井戸を「黄泉がえりの井戸」と呼称している。

六道珍皇寺の閻魔堂には、篁作と言われる閻魔大王と篁の木像が並んで安置されている。


京都市北区にある篁のものと伝えられる墓の隣には、紫式部のものと言われる墓があるが、

これは愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づくものである。


『江談抄』の藤原高藤蘇生譚(上記参照)の前段(三の三十八)において、

篁は悪ふざけで高藤を百鬼夜行と遭遇させた伝説が語られている。


嵯峨天皇が「無悪善」という落書きを読めと篁に命じたが、篁はなかなか応じようとはしない。

さらに天皇が強要したところ、

篁は「悪さが(嵯峨)無くば、善けん」(「嵯峨天皇がいなければ良いのに」の意)と読んだ。

天皇は、これが読めたのは篁自身が書いたからに違いないと非難し、

篁は「どんな文章でも読めます」と弁明したため、

では「子子子子子子子子子子子子」を読めと言ったところ、

篁は「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」と読み解き事なきを得た(『宇治拾遺物語』巻三「小野篁広才事」)。


『江談抄』三の四十二にも類話が見えるが、

こちらでは「一伏三仰不来待書暗降雨恋筒寝」を

「月夜には来ぬ人待たるかき曇り雨も降らなん恋つつも寝ん」と読み解く。


『白氏文集』が御所に秘蔵されていた頃、

嵯峨天皇が戯れに白居易の詩の一文字を変えて篁に示したところ、

篁は改変したその一文字のみを添削して返したという(『江談抄』四の五)。」

とある。


今なお、本堂背後の庭内には、篁が冥土へ通うのに使ったという井戸があり、

近年旧境内地より冥土から帰るのに使った「黄泉がえりの井戸」が発見された。

そばには篁の念持仏を祀った竹林大明神の小祠がある。


IMG_5366.JPG


六道珍皇寺の正面には、碑が建っている。


IMG_5370.JPG


それを回り込むようにして、本堂に至る。


IMG_5371.JPG


その本堂の右手には、


IMG_5372.JPG


こんな扉が有り、扉の桟の間だから「冥土通いの井戸」が見れるようになっている。

中には入れない!


IMG_5375.JPG



IMG_5384.JPG


そんなバカなと思うのであるが、伝説なので角を立ててもしょうがない!

が、小野篁の歌は、素晴らしい。

百人一首にも、取り上げられていて、皆さんもおなじみの歌である。


参議篁(小野篁)(百人一首より)
 小野篁は詩人や歌人などとして有名です。
「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟」


というわけで、この歌をもって、今日のブログは終わりとします。



 


nice!(45)  コメント(10) 

六波羅蜜寺 [京都の風物]

京に住み始めて半世紀以上になるが、これまで行ったことのない場所に出かけてみた。


場所は、五条坂より北側、鴨川より東側、東大路通りより西側、四条通りより南側の区域。

平安の昔、この地帯は,現世と他界の境目とされたところである。

この地域から東側は、「鳥辺野」と呼ばれて火葬場と墓地の地域で、

平安時代以来の墓所として、北の蓮台野、西の化野とともに京都の三大墳墓地をなしている。

そんな場所の一角に六波羅蜜寺があるのだ。


IMG_5332.JPG


六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。

山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。


踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に

造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。


空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、

この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、

病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。


空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行った。

当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。


空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。


平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。

またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。


IMG_5320.JPG



IMG_5322.JPG



IMG_5323.JPG



IMG_5327.JPG


IMG_5328.JPG



IMG_5329.JPG


これは平清盛公の塚だそうだ!


IMG_5330.JPG


IMG_5331.JPG


本堂


IMG_5334.JPG



IMG_5336.JPG


IMG_5347.JPG



IMG_5340.JPG

「迎鐘」という小さな楼があり、その奥に仏像が並んでいる。


IMG_5343.JPG


IMG_5344.JPG


IMG_5345.JPG


境内には、絵馬じゃなく、願いを書いた小石が・・・・・・・・


IMG_5333.JPG


かと思えば、分けもなく置かれた「なで牛」の像が・・・・・・・


IMG_5339.JPG


なんかとりとめもない寺に思えて仕方がなかった。

歴史のある寺社に感じる荘厳さというものを私は、全く感じなかった。

由緒ある寺院なのに不思議である。

本堂が朱塗りだというのも、あまり見かけない寺院である。

で、さっさと帰ることにした。





nice!(40)  コメント(6) 
前の10件 | -