So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

前の10件 | -

早春の高原を行く [故郷]

4月5日、妹の子供が結婚するというので帰省した。

この桜の時期に故郷に帰るのは、半世紀ぶりである。

帰る時期によって、故郷も違った風景で迎えてくれる。

今回は、野焼きの後も生々しい高原の姿で迎えてくれた。

結婚式の披露宴は、九重高原にある「レゾネイルクラブくじゅう」で行われた。


で、出発は、このホテルからします。


IMG_9079.JPG


ホテルの駐車場から久住山を望む


IMG_9026.JPG


駐車場中央にある木彫りの鳥


IMG_9023.JPG


ホテルの入り口にある「平安の赤欅(へいあんのあかけやき)」

樹齢推定1,000年とのこと!

全国的のもきわめて貴重なものとのことです。


IMG_9025.JPG

で、ホテル出発、地名が「空(そら)」に出かけた。


IMG_9033.JPG



IMG_9039.JPG


正面に見えるのは、大船山

季節になるとミヤマキリシマが咲き乱れる山です。


IMG_9046.JPG


空からの眺め

遙か彼方に阿蘇の山々が見える。


IMG_9050.JPG



IMG_9065.JPG



IMG_9069.JPG


赤い帽子と赤い前掛けのお地蔵さんが・・・・・・


IMG_9082.JPG


やまなみハイウェイを走ると、野焼きされた高原が広がる。


IMG_8835.JPG



IMG_8838.JPG



IMG_8840.JPG



IMG_8841.JPG



IMG_8842.JPG



IMG_8846.JPG



IMG_8863.JPG



IMG_8865.JPG



IMG_8867.JPG



IMG_8870.JPG


国道57号線にでて、竹田の市街地へ向かって下っていく。

ここを通るときは、必ず寄るカフェがある。

今日も旅の最後に立ち寄る。


IMG_8889.JPG


Cafe SlowBeat」の窓からの眺め


IMG_8894.JPG


ここでほっこりして、いつも実家へ帰ります。

今日も良い旅でした。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

冬眠から目覚めて 3月の植物園-2 [花]

前回からの続きです。


もっと速く記事をアップする予定でしたが、遅れてしまいました。

というのも、妹の子供の結婚式に参加するため帰省していたからです。

半世紀ぶりに故郷の桜を見ることが出来ました。

最後に故郷の桜を見たのは18歳の時でした。懐かしい桜の風景にうっとりです。

故郷でのんびりして帰ってきました。


で、植物園の続き

3月は植物園に数回足を運びました。

植物園は開放的でのんびりしたいときには、打って付けの場所です。

花をながめ、木々を見上げ、ぶらぶらと歩く。

歩き疲れたら近くのベンチで一休み、読書にも良い

のどが渇けば園内のカフェでティータイムです。


ここではまだ、三月の花々です。


ますはヒュウガミズキ


IMG_8605.JPG


こちらはトサミズキ


IMG_8672.JPG


桜も咲いてた。

東海桜


IMG_8610.JPG


水仙も元気


IMG_8629.JPG


スノードロップ


IMG_8635.JPG


シダレレンギョウ


IMG_8637.JPG


シダレエンジュ

めちゃくちゃスネコチャンだ!


IMG_8639.JPG


その根元ではきのこ

名前は不詳


IMG_8645.JPG


私の大好きなカタクリノハナ


IMG_8648.JPG


ウチワノキ

なんでウチワなのかはわからないけど・・・・・・


IMG_8667.JPG


花壇ではチューリップが沢山飾られていた。

お気に入りのチューリップは、これ


IMG_8676.JPG


さて、お花畑では

サフラン


IMG_8683.JPG


これも大好きなムスカリ


IMG_8687.JPG


どこがどう違うのかわかりませんが

ゲンカイツツジ


IMG_8693.JPG


ヨシノ


IMG_8706.JPG


桜はもう一つカンピザクラ


IMG_8720.JPG


温室ではベコニア展が開かれていたので入ってみた。


IMG_8723.JPG


温室内は、暖かい地域の花たちが沢山並んでいて、びっくりです。

あまり沢山なのでカメラに収める気力さえ無くしそうです。


ヘリコニア


IMG_8737.JPG


ムクナ


IMG_8748.JPG


ゲラニュム マデレンセ


IMG_8757.JPG


フクシア ボリビアナ


IMG_8760.JPG



インパティエンス スツルマニイ

なんだか舌をかみそうな名前である。


IMG_8762.JPG



IMG_8771.JPG


グズマニア アティラ


IMG_8773.JPG


寒い日は、温室で花観賞が一番です。

季節と共に花も木々も変わるので、毎月訪れてみることにした。

楽しみである。






nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冬眠から目覚めて 3月の植物園-1 [花]

3月も下旬、やっと寒さも落ち着き始めて、私も冬眠から目覚めました(笑)

まずは、外の空気を満悦するために、植物園に出かけた。


ゲートを入るときれいな花の飾り付けの塔?


IMG_8597.JPG


春の到来を告げているようでした。

コースはとりあえずクスノキの並木を散策


IMG_8528.JPG


クスノキの大木を見上げていると、なにか爽快な気分になった。

まだ訪れる人影もまばらのがいい!


冬枯れの木々が青空にすっくと立っている姿もステキな気がする。


IMG_8478.JPG



IMG_8542.JPG



IMG_8548.JPG


もう一ヶ月もすれば、これらの木々も新緑に覆われることでしょう。


しかし、冬場でもしっかり葉をつけている木があるのだ。


IMG_8423.JPG


木の名前は、ヤマコウバシ

『落ちない木』ということで受験生に人気だとか。


IMG_8422.JPG


なんでもかんでも縁起を担ぐのはいかがなものかと思うのであるが・・・・・・・・


公園の池では、人だかりがして、池に向かって砲列が並んでいる。

聞けば、カワセミ君がお出かけだというのだ。

教えられて、砲を持たないカメラで撮ってみた。

生まれて初めて、カワセミ君をカメラになんとか納めることが出来た。


IMG_8574.JPG



IMG_8486.JPG


水辺では、人の賑わいをよそに、サギがボーと立っていた。


IMG_8572.JPG

梅園では、今が盛りである。

多くの人が梅の花を大きく撮影しているが、私は、こんな感じの方が好きだ。

メタセコイアを背に梅の老木を撮ってみた。


IMG_8506.JPG



IMG_8536.JPG


ボケ花も、冬枯れの風景の中では、鮮明に写る。


IMG_8587.JPG


桜の花は、ただ一本 修繕寺寒桜が花をつけていた。


IMG_8585.JPG


小さな花たちも顔を出して春を知らせてくれる。


IMG_8540.JPG

                       ユキワリイチゲ



IMG_8552.JPG

                         ウグイスカグラ



IMG_8561.JPG

                              わすれな草


IMG_8563.JPG

                             ムラサキハナナ

 

IMG_8581.JPG

                               ピュタロス


IMG_8593.JPG

                                キンセンカ


とまあ、自分の好きな花だけを取り上げてみました。

小春日和の暖かな日差しを身に受け、のんびりと歩いていると、

なんか、幸せな気分に包まれて、人にも優しい気持ちになれた。

春がやっと来た気分!



nice!(51)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

島根県立美術館と米子自動車道 [旅]

2018年11月14日には、島根県立美術館に出かけた。

宍道湖の畔にあるホテルから、青い宍道湖と空が見え、爽快な気分になる。


美術館も湖の畔にあり、入り口に「岸辺の娘」の彫刻が迎えてくれる。


IMG_7836.JPG


ロビーは広くて、まだ人もまばら。


IMG_7870.JPG


ロビーから湖畔にでるとそこは、美術館の庭である。

稲葉の黒ウサギが走っていた(笑)


IMG_7843.JPG



IMG_7845.JPG


湖の向いには、宿泊したホテルもみえる。


IMG_7825.JPG


なんかすごく印象的だけど、なんとなく可笑しくて笑えそうな彫刻も。

作品タイトルは「会話」だそうです。


IMG_7851.JPG


小さな島も見え、神社があるみたいだ。


IMG_7833.JPG



IMG_7855.JPG


さて、館内は展示室が5室有り、それぞれ見応えのある展示がされていた。

写真が撮れる展示については、ポスターだけ?


IMG_7860.JPG


室外では、ミニ図書館や彫刻があった。


IMG_7856.JPG


ヴィクトル・ユゴーのモニュメント(ロダン作)


他にも


IMG_7867.JPG



IMG_7869.JPG


そして近々始まる県展予告も前では、こけてる女性像?

なんか見たような彫刻

そういえば足立美術館にもあった!けど・・・・・・・・・

こちらの女性像は「河」だそうです。

共通してるのは、たくましい太もも!!


IMG_7838.JPG


ランチタイムを館内でとってから、帰路についた。

来る時も天気はいまいちだったけど、帰る頃にまた崩れた。

時折雨、時々晴れだ。

米子自動車道の風景がなんともステキである。

山が燃えるって感じ!

杉山だらけの京都では味わえない風景だ!


IMG_7872.JPG



IMG_7892.JPG



IMG_7894.JPG



IMG_7897.JPG



IMG_7906.JPG



IMG_7915.JPG



IMG_7917.JPG



IMG_7918.JPG



IMG_7922.JPG


本当に思い出深い良い旅になった。

妻も友人も喜んでくれたし、うれしい限りだ。





nice!(48)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

足立美術館へ行ってきた。 [風景]

今年初めてのブログ更新です。

昨年10月頃からなぜかパソコンに向かうのが辛くなり、筆が進みません。

特に理由が見当たらないのですが、いつの間にか・・・・・・

で、皆さんに新年のご挨拶も今日まで出来ずに来ました。

不義理をしているような気持ちでいっぱいです。

体調にも波があり、油断できません。

で、今年からは、マイペースでのんびり、ゆったりの高齢者生活でいこうと思います。

どうかよろしくお願いします。



nengajyo illust-2.jpg


さて、昨年11月中旬に、にわかに思い立って足立美術館に出かけました。

足立美術館と云えば、

米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』による庭園ランキングで、

「16年連続日本一」に選ばれています。

日本一は京都のどこかの庭園と思いきや、島根県の山間部にある足立美術館でした!

そんなことも有り、もう一度見たいと思って訪れた。


IMG_7759.JPG


入り口あたりは20年ほど前に訪れたときとは、ずいぶん変わっていた。

新館もできて、現在日本画のコレクションが展示されていた。

館内は広いので、じっくり見て回ると4時間は必要な気がします。


足立美術館の概要


■日本庭園
 枯山水庭、白砂青松庭、苔庭、池庭など、50,000坪の広大な日本庭園は四季折々の美しい佇まいを見せてくれます。

この庭園は、米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の庭園ランキングで

「16年連続日本一」(2003~2018)に選ばれ、海外でも高い評価を得ています。


■名画
 横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、橋本関雪、榊原紫峰、上村松園など、近代日本画壇の巨匠達の作品を所蔵し、

特に、約120点を数える横山大観コレクションは有名で、年4回展示替えを行い、四季ごとに特別展を開催しています。
また新館では、日本美術院同人の新作や院展入選作を展示し、現代日本画の粋をお楽しみいただけます。


■陶芸
 陶芸館には安来が生んだ陶芸家「河井寛次郎」、稀代の料理人で陶芸家としても知られる「北大路魯山人」の作品や、

魯山人の料理の世界をイメージした料亭風の展示などもご覧いただけます。


へたな解説はしませんので、写真を堪能してください。



IMG_7760.JPG



IMG_7761.JPG



IMG_7763.JPG



IMG_7765.JPG



IMG_7768.JPG



IMG_7771.JPG



IMG_7773.JPG



IMG_7775.JPG



IMG_7778.JPG



IMG_7780.JPG



IMG_7785.JPG



IMG_7787.JPG



IMG_7788.JPG



IMG_7790.JPG



IMG_7798.JPG



IMG_7801.JPG



IMG_7803.JPG



IMG_7813.JPG



IMG_7815.JPG



IMG_7819.JPG



IMG_7820.JPG


絵画と陶器は写真に撮れませんの紹介できませんでした。


途中館内カフェで一休み、お茶しながら庭園を観賞できました。


IMG_7821.JPG


当日は雨模様の日で、少し残念でしたが、びっくりするほど多くの来館者がありました。

日本人は勿論外国からの観光客も沢山です。

売店などは、身動きしにくいくらいの人でした!


時には遠出のドライブもすごく楽しいものです。

この日は、松江で一泊しました。






nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

鯖街道の秋-2 [風景]

鯖街道は,別荘があったりするが、



IMG_7652.JPG



IMG_7650.JPG


一方、空き家の多い街道でもあります。

年々人口が減少し、空き家が増えています。

きれいに手を入れられた家でも空き家があります。

定期的に元の住民が来て、手入れをしているという。


秋は紅葉できれいな街道なのですが・・・・・・・


IMG_7653.JPG


IMG_7654.JPG


IMG_7664.JPG



IMG_7676.JPG



IMG_7689.JPG



人手が途絶えると、ススキに抱かれていく事になります。


IMG_7696.JPG



IMG_7697.JPG



IMG_7703.JPG



IMG_7706.JPG



IMG_7707.JPG



IMG_7712.JPG



IMG_7715.JPG



IMG_7721.JPG



IMG_7735.JPG



IMG_7743.JPG



IMG_7744.JPG


ススキに埋もれる廃屋


IMG_7750.JPG



IMG_7756.JPG


この家の写真を以撮影したのが残って居ました。

撮影日は、2006年11月29日、今から12年前の写真が、下の写真です。


#MG_3503.JPG


この家も、もう人の手さえ入らなくなった空き家です。

主はいないけど、柿はたわわに実り、庭木は花盛りです。

主なしとて秋を忘れない!ですね。

郷愁を通り越して、寂しさが募ります。

日本の国土がこんな事で良いのだろうか?

考えさせられる街道でもあります。









nice!(38)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

鯖街道の秋-1 [風景]

今は昔、鯖街道の一角で暮らしたことがあるので季節の

節目には、やはり懐かしくなり、訪れる。

で、秋の風景を求めて11月の中旬に出かけてみた。

思った通り、秋真っ盛りだった。


IMG_7329.JPG



IMG_7376.JPG


鯖街道(さばかいどう)は、若狭国などの小浜藩領内(おおむね現在の福井県嶺南地方に該当)と

京都を結ぶ街道の総称です。

しかし、小浜と京都を結ぶ経路は幾通りもあり、それらはすべて鯖街道とよんでいました。

最もよく利用されたのが小浜から熊川宿(現:福井県若狭町)・朽木村(現:滋賀県高島市)を経て、

京都の出町柳に至る若狭街道で、一般に言われる鯖街道はこの経路のことを指しています。


私のいう鯖街道もこのルートの事です。


IMG_7333.JPG



IMG_7337.JPG



IMG_7348.JPG


こんな風景を目の前にすると、心が躍ります。


IMG_7379.JPG


昭和の時代が止まっているような田園風景!

それは、すごく郷愁を感じさせてくれます。


IMG_7460.JPG



IMG_7500.JPG


安曇川の上流域の風景

IMG_7546.JPG



IMG_7547.JPG


安曇川の支流、針畑川の紅葉


IMG_7552.JPG



IMG_7562.JPG


紅葉が目に染みます。


IMG_7567.JPG



IMG_7571.JPG



IMG_7576.JPG



IMG_7583.JPG



IMG_7590.JPG



IMG_7613.JPG



IMG_7629.JPG



IMG_7633.JPG



IMG_7638.JPG


京都市内でも紅葉の名所は沢山ありますが、この鯖街道の紅葉は、ダイナミックな自然の

美しい芸術作品のように思えてきます。


次回に続きますので、よろしく!





nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

マキノ高原 メタセコイア並木 [道]

12月2日の日曜日にマキノ高原 メタセコイア並木を見に出かけた。

本当は、平日に行きたかったのですが、天気が悪くて行けず

結局、この日しか行けなかった。

天気予報では3日から9日まで曇りや雨に日ばかりでがっくり!

目的地の3キロほど手前から、長い車の列、

みんな行き先は同じ!

そう、ここ!!!!!


IMG_8224.JPG


ここは、田園の中、近くには川が流れ


IMG_8190.JPG


家もまばら


IMG_8196.JPG


だけどみんなここに魅せられてやってくる!


IMG_8239.JPG


車のナンバーは、全国区!

私の前の車は一宮ナンバーだ!


並木の入り口あたりにピックランドがあり、駐車場もある。

多くの人ごった返していた。

並木通りは、車で埋まっていた。


IMG_8209.JPG


並木通りの両側は、農園!


IMG_8210.JPG



IMG_8231.JPG


のんびりと写生をしている人たちもいる。


IMG_8238.JPG


並木をぶらぶらと散策する。

約2キロの並木なのだ。

やがて、夕日が並木を染め出した。


IMG_8240.JPG



IMG_8251.JPG


IMG_8253.JPG


空が暮れ始める。


IMG_8256.JPG


並木の向こうで夕焼けが始まる。

急に冷え込んでくる。


IMG_8264.JPG


それでも車も人も減らない!


IMG_8275.JPG


並木沿いの外灯が点灯した。


IMG_8286.JPG


人家もまばらな田園なのに、ここだけは町中のような賑わいだ。


IMG_8267.JPG



IMG_8279.JPG



IMG_8280.JPG


この賑わいは、いつまで続くのだろうか?

私達は、お家に帰ることにした!

楽しかったよ。メタセコイアさん!

ありがとう!




nice!(40)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

夕日の真如堂へ [京都の風物]

今月は、なぜかパソコンに向かう気になれず、悶々としていました。

他に楽しみが増えたと云えば、そうかも知れないが、
こんな経験は初めてのような気がする。

気がつけば、もう晩秋ですね。

なんか心がついて行けない!


そんな私にお隣さんが真如堂の紅葉がきれいですよというので

出かけてみた。

神楽岡通りを上りながら、振り合えれば、大文字山が夕日に燃えている。


IMG_7945.JPG


東北院にご挨拶して通り過ぎる。


IMG_7946.JPG


通称寺(萩の寺)の土塀に暖かそうな夕日が降り注いでいる。


IMG_7950.JPG


そして、沢山の観光客で賑わう真如堂に到着!


IMG_7953.JPG



IMG_7954.JPG


IMG_7967.JPG


ここは紅葉が今真っ盛りである。


IMG_7971.JPG



IMG_7972.JPG


IMG_7973.JPG


IMG_7978.JPG


IMG_7993.JPG



IMG_7996.JPG



IMG_8000.JPG



IMG_8002.JPG



IMG_8007.JPG



IMG_8021.JPG


夕日が沈んでしまいそう雰囲気になった。


IMG_8026.JPG



IMG_8032.JPG



IMG_8035.JPG


そしてとうとう日没を迎えた!


IMG_8039.JPG


観光客も急に減って、境内は静かな夕暮れ時を迎えた。

そんな境内を歩きながら、ほっとした気分になった。

ブログを書こうという気がやっとしてきた。




nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

鴨川の散歩 [京都の風物]

11月というのに暖かい陽気に誘われて鴨川散歩に出かけた。


IMG_7241.JPG


出町から川端通り側(東側)を丸太町通りへ向かって歩く。


IMG_7244.JPG


土手道へ下りてみる。


IMG_7245.JPG



IMG_7248.JPG


紅葉もだいぶ進んでいる。

楽器を奏でる人

犬の散歩をしている人

カップルで語らっている人

ジョギングしている人といろいろ。


IMG_7252.JPG


ベンチでおにぎり食べてる人

毎日のように仕事の帰りに来ているとか

その人の話では、もう2回ほどおにぎりやサンドイッチを

トンビに取られてしまったとか。

トンビが一羽飛んできた。

近くで見ると結構大きな鳥である。

おにぎり取り損ねて対岸へ飛んでいった。

油断も隙もならない鳥である。

が、川ではボーとしたサギが抜き足差し足で、たら~と歩いている。


IMG_7250.JPG


一人で息巻いているけど誰からも相手にされない寂しい鳥もいる。


IMG_7285.JPG


しかし、こちらの鳥はというと


IMG_7280.JPG


ちゃんとお相手さんがやってきて、仲良くミーティング


IMG_7283.JPG


で、意気投合して友にお散歩


IMG_7284.JPG


鳥も人間と同じくいろいろだ!


小さな中之島はススキでいっぱい!


IMG_7268.JPG


川端通りに上がってみると京都精華高校の校舎にピカソが・・・・・・


IMG_7256.JPG


並木の紅葉がきれいだった。


IMG_7289.JPG



IMG_7292.JPG



IMG_7296.JPG


丸太町に到着!

4時だというのに、もう夕暮れの雰囲気だ。

河原の散歩って本当に気持ちが和む。

そして、夕暮れの迫る町並みもすごく趣があって、町に見とれてしまう。

のんびりできる云い散歩道である。





nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -