So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

信州の夏-6 美術館回り [旅]

美術館回りもした。
まずは、白樺湖の宿舎の近くにある
「世界の影絵・切り絵・ガラス・オルゴール美術館」という
長くてたいそうな名前の美術館に行ってみた。
初めから予定していた美術館でもないが、ただ近いからちょっとついでと
いう気持ちで覗いてみたのである。


IMG_2684.JPG



img271.jpg


が、入ってみてびっくりした。
巨大ですごい作品が一杯で、感動的だった。
館員に「軽い気持ちで来たけど、びっくりした。恐れ入りました」と
云ったら、したり顔で笑っていた。


kirieart1.jpg
                                                  (webより借用)


kirieart2.jpg

                                                (webより借用)


(以下絵はがきより)

img259.jpg



img260.jpg






次に原村の「八ヶ岳美術館」に行った。
標高1350mにある村立の美術館である。


img258-2.jpg



IMG_2656.JPG


ここで今、妻の好きな畦地梅太郎の作品展が行われているのだ。
畦地梅太郎の作品と云えば、「暮らしの手帖」の読者は、すぐ思い出すだろう。
独特な絵である。



img257.jpg


(以下絵はがきより)

img267.jpg



img268.jpg



img270.jpg


が、この美術館で展示されている縄文時代の土器に私は感動した。
見事な縄文土器が並んでいた。
八ヶ岳山麓は縄文遺跡の宝庫だという。
さらに清水多嘉示の彫刻と絵画が展示されている。
庭にも彼の彫刻が展示されている。


IMG_2652.JPG


IMG_2655.JPG



IMG_2659.JPG


おまけに建物自体が非常に面白い。
丸い大きなボールをいくつもくっつけたような白亜の建物で
館内の天井は、白いレースのカーテンで覆われているのだ。






八ヶ岳美術館の後は、平山郁夫シルクロード美術館に向かった。
一度、諏訪インターから中央自動車道を走り、小淵沢インターで下りる。
美術館に着いてみると、なんと今日は臨時休館だという。
がっかりだ。


同じく休館を知らずにきた東京のご婦人に
「まあ、京都から来たというのに、お気の毒様」なんて言われた。
トホホ・・・・・






原田泰治美術館に行くために、また来た道を引き返し、諏訪に戻る。


IMG_2783.JPG


img258-4.jpg


一階展示場では、高橋まゆみの人形展が開かれていた。
妻はお気に入りだったが、私は与勇輝の作品の方が可愛くて好きである。


img254.jpg


私は二階の原田泰治の絵がお気に入りなのだ。


img255.jpg


img266.jpg



img261.jpg



img262.jpg


しっかり堪能して、二階のカフェで諏訪湖を眺めながら一服!



IMG_2778.JPG


これで、信州の旅は、終わりとなった。
暑い京都への帰路についた。



nice!(25)  コメント(8) 

信州の夏-5 池ノ平湿原 [旅]

次なるドライブは、白樺湖から大門街道に入り、女神湖を横目に
上田市を抜け、東御市(とみし)へ入り、94号線で湯の丸高原経由で
池ノ平湿原へ出かけた。
ここは標高約2000mにある湿原で、私の大好きな場所です。
酸素ボンベを担いで、出かけました。


IMG_2507.JPG



IMG_2519.JPG



IMG_2522.JPG


ツツジが咲いていました。


IMG_2525.JPG



緑の中に赤い葉は、すごく目立ちますが、どうしてこうなんでしょう?

紅葉とは思えないんですが・・・・・


IMG_2526.JPG


アヤメが沢山咲いています。


IMG_2535.JPG



ayame1.JPG



IMG_2537.JPG


吾亦紅にトンボが休んでいて、近づいても逃げません。


IMG_2539.JPG


小さ黄色の花が寄り添うように咲いています。


IMG_2543.JPG



hyoumonntyou.JPG


木道を鏡池に向かって歩きます。


IMG_2606.JPG



IMG_2605.JPG



IMG_2600.JPG


鏡池


IMG_2549.JPG



IMG_2555.JPG



IMG_2557.JPG



IMG_2560.JPG



IMG_2563.JPG


放開口

IMG_2567.JPG



IMG_2569.JPG


写真の奥くが放開口


IMG_2607.JPG


ハクサンシャクナゲの花も咲き誇っていた。


hakusansyakunage.JPG


こっこにもニッコウキスゲの花がささやかながら咲いていた。


IMG_2645.JPG


キバナオダマキを見つけた。


kibanaodamaki1.JPG



kibanaodamaki2.JPG



マルバダケブキ


marubatakehuki.JPG


シャジクソウ


syazikusou.JPG


タカネグンナイフウロウ


takanegunnnaihuuro.JPG


テガタチドリ


tegatatidori3.JPG


ヤナギランも咲き始めていた。

きれいな花です。


yanagiran.JPG


ナナカマドの葉がなぜか赤いものがある。

紅葉にしては早すぎる・・・・・・・


nanakamado.JPG


ナナカマドの実

nanakamado2.JPG


ここは、花だけでなく、妙に人なつっこい蝶がいて、離れない。


IMG_2609.JPG



IMG_2617.JPG


それはとおもうと、行く先々についてきて、踏んづけそうになるから困ったものである。


IMG_2619.JPG


とにかく、大好きな湿原を堪能出来ました!

帰り道は、上り坂で、私にとっては、大変しんどい道ながら、気分は晴れ晴れです。


IMG_2646.JPG


次は美術館巡りです。






nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

信州の夏-4 美ヶ原 [旅]

ビーナスラインを走り、美ヶ原に向かう。
八島が原高原湿原を横目で見ながら、進むと
和田峠で中山道と交差する。


IMG_2489.JPG



IMG_2492.JPG


標高約1500m、昔の旅人は、大変苦労して峠越えをしたのではと思う。
特に冬期はどうしてたんでしょう。


さらに三峰大展望台(1748m)を過ぎて走っていたら
道の側溝沿いに、ホタルブクロが延々と列をなして咲いていた。


IMG_2484.JPG


山本小屋ふる里館の駐車場に到着(1944m)
ここで車を降りて、美しの塔(1963m)を目指して歩く。
牧場では、牛の集団がのんびりと草を食んでいた。


IMG_2424.JPG


反対側の牧場では馬が、こちらは数匹ながら食事に専念。
馬と云っても、小さいのでポニーだと思う。
やたらとたてがみが長くて多いので、顔を見るのも一苦労!
めちゃおとなしい!


IMG_2452.JPG


IMG_2474.JPG


IMG_2469.JPG


時折、王ケ頭ホテルの送迎バスが土埃を巻き上げて通り過ぎていく。
7月というのに、まだ牧場の草は、背が低く、これからのようである。
でも、花たちは元気に咲いていた。



gunnbaizuru.JPG

                   グンバイズル



tegatatirori2.JPG

                 テガタチドリ



IMG_2425.JPG

                          ハクサンフウロウ



IMG_2431.JPG

                             野いちご



IMG_2435.JPG

                        アカツメグサ



IMG_2446.JPG

                             カワラナデシコ


IMG_2464.JPG

                     (不明)


晴れていたかと思うと、あっという間に黒雲が覆い尽くしたりで
ここが2000m近い山岳地帯だと云うことを教えてくれる。
さわやかな風が皮膚に気持ちいい!


美しの塔の近くにあるベンチで一休み!
観光客がならす鐘の音が、静かな草原に響き渡る。


IMG_2462.JPG


草原を楽しんだ後は、宿舎のある白樺湖へ引き返す。
夕暮れせまるビーナスラインからの眺めは、墨絵のようである。


IMG_2495.JPG



IMG_2496.JPG


夕食は、特別に美味しく食べられそうだ。


                                                          (続く)



nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

信州の夏-3 あこがれの車山高原へ [旅]

好天気に恵まれて、ビーナスラインを走り、車山肩を目指す。

車山肩も思い出深いところである。

当時は、車山山頂から、歩いて下り、ここで休憩、

コーヒーが美味しかった。

ここから帰りは、路線バスで帰ったように思う。

今日は、車で向かうことになった。


IMG_2160.JPG



IMG_2688.JPG


吹き流しが印象的である。


IMG_2695.JPG



IMG_2700.JPG



IMG_2155.JPG



IMG_2719.JPG


こういう風景には、本当に郷愁を感じます。


IMG_2732.JPG


途中のパーキングエリアの上方では、ニッコウキスゲが咲き乱れ、

みなさん散策していた。


IMG_2748.JPG



IMG_2750.JPG


私には、感動的な風景です。


IMG_2753.JPG



IMG_2158.JPG



途中のパーキングで、ドローンを飛ばそうとしている人と出会った。

で、見物させて貰った。

丸い円状のドローンの基地


IMG_2306.JPG


IMG_2312.JPG


モニターで、ドローンの位置情報やドローンが撮影している風景映し出される。

またこれで、ドローンの操縦もしているのだ。


IMG_2309.JPG


オートで着陸指示をすると、操縦しなくてもドローンが自分で基地に帰ってくるのだ。

遠くに飛ばしすぎると肉眼でドローンの姿さえ確認できにくくなるので、便利である。


IMG_2314.JPG



IMG_2315.JPG


車山肩の駐車場に到着



IMG_2144.JPG


IMG_2344.JPG


まずは、コロボックルでコーヒータイムを取る。


IMG_2343.JPG



IMG_2325.JPG


コロボックルのテラスからの眺め


IMG_2342.JPG



IMG_2320.JPG


IMG_2322.JPG


IMG_2148.JPG


いよいよニッコウキスゲの草原を歩く。


IMG_2377.JPG



IMG_2375.JPG



IMG_2381.JPG



IMG_2408.JPG



IMG_2109.JPG

                       ニッコウキスゲ


IMG_2143.JPG



ibukitoranoo1.JPG

                  イブキトラノヲ


ibukitoranoo3.JPG



toriasisyouma.JPG

                          ショウマ


simotukesou.JPG 

                                   シモツケソウ


IMG_2119.JPG

                             フウロウ


IMG_2421.JPG


名前のわからない花々(知ってる方は、是非教えてください)


IMG_2394.JPG

                                  (あ)


IMG_2419.JPG

                       (い)


鳥にも逢えた。

近寄っても逃げないホオアカ。


hooaka.JPG


草原の中にポツント一軒の家


IMG_2372.JPG



IMG_2771.JPG


バスーカ砲を構えた人たちにも会った。

「いったい、レンズだけでどのくらいの重量があるの?」と聞くと

「う~ん、10キロちょっとかな」という。

荷物全部で30キロほどになるという。

いやまったくご苦労様です。

私には、まねできません。脱帽!

こちらは2キロの酸素ボンベなどで、リュックは4キロほどだけど

ちょっと辛いのにと感心しまくり。


IMG_2404.JPG


おかげで、ニッコウキスゲの中を歩き、満足の一日となりました。

旅の第一の目的は、これで果たせたので、ホッコリです。


                                                        (続く)











nice!(12)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

信州の夏-2 なつかしの車山 [旅]

霧ヶ峰高原に続く車山高原があります。
その境界線がどこになるのかは、私は知りませんが・・・・
その車山高原の中心である車山に35年ぶりに訪れました。


35年前は、車山高原も車山も全山ニッコウキスゲが覆い尽くしていました。
が、今回そのかっての姿は、ありません。
ニッコウキスゲの激減といってもいいのではないでしょうか。
聞けば、その原因は鹿害だそうです。


都会にお住まいの方々は、「どうして? 鹿って可愛い」などと思われている
と思いますが、農村部、山間部では、大変な事態が進行しているのです。
私もかって、この鹿害に悩まされた人間です。


今、沖縄を除くすべての都道府県で、この鹿害が問題になっています。
農作物精算者や林業にとって、毎年大きな被害が出ているのに
国は何もしません。
私は国の責任でこの問題に取り組むべきだと思います。


鹿がかくも人里に被害を与える原因は、二つあると思います。
一つは、山林では杉林が多すぎて、雑木林が激減し、野生動物の食料が
不足していること。
二つには、鹿の天敵である日本狼を日本人が絶滅させたことで、鹿が異常に
増えすぎたことです。
最近、鹿を神様の使いとして大事にしている奈良でさえ、規制の声が
上がっています。


鹿の害を知らない方のために少し書いておきましが
鹿は植物の葉や芽を食べます。とことん食べ尽くすので、
放っておけば全滅します。残るのは、毒性の強い植物と雑草だけです。
日本中が毒草園になりかねません。


かってアメリカのイエローストーン国立公園が鹿に荒らされて
樹木も枯れ果ててしまい、その対策として、カナダから狼を導入しました。
それが成功して、公園も生きが返った経験があります。


私は、国に対して次の二点を是非実行して欲しいと思います。
(1) 自衛隊と猟友会の力を借りて、鹿の駆除を大々的に行い、
   鹿は一定区域内に囲い込んでしまうこと。
(2) カナダやシベリア狼を日本にも導入する。
   狼を導入すれば人に危害を加えると危険視する人が多いけど、
   そういう人たちは実際に狼の被害に遭ったから云ってるのではなく、
   根拠のないものです。
   アメリカの経験がそれを証明しています。


話がとんでもない方向に行ってしまいましたが、これは切実な問題です。
現に車山高原では、
電柵で囲った範囲でしかニッコウキスゲは群生していません。

話は本題に戻ります。

ケーブルで車山の展望台まで登りました。


IMG_2174.JPG



IMG_2183.JPG


展望台から車山山頂を望む

IMG_2187.JPG


山頂に登るとまず出会うのが、車山神社三の御柱


IMG_2193.JPG


続いて鳥居をくぐって一之柱と二之柱に囲まれた社殿に参拝


IMG_2201.JPG



IMG_2205.JPG


そして、いよいよ山頂に


IMG_2207.JPG


山頂の気象レーダーを回り込む


IMG_2209.JPG


これで山頂に到達!


山頂から四方を眺める。

実にいい気分になる。


IMG_2228.JPG



IMG_2235.JPG



IMG_2237.JPG


天気の恵まれて、文字通り晴れやかな気分!

ハクサンフウロウも咲いていた。


hakusanhu-ro-.JPG


こちらはウスヨキソウ

usuyukisou.JPG


下山するとケーブルの駅の辺りは、公園みたいになっている。

お店もたくさんあった。


IMG_2279.JPG


池にはカキツバタ?が咲いていた。


kskitubata.JPG


登山記念に記念写真を撮りました!


IMG_2284.JPG


わがトトロ君も大喜びでした!


(続く)


nice!(18)  コメント(2) 

信州の夏-1 霧ヶ峰高原 [旅]

祇園祭の山鉾巡行が終わった翌日から信州に出かけた。
2017年7月18日~21日の4日間の旅である。
目的の第一は、車山高原のニッコウキスゲと草原を眺めたかったのだ。
第二は、池の平湿原をもう一度あるきたいという思いである。
天気を気にしながら、とにかく出かけた。

ここへは、6月にも出かけたのであるが夏の風景にはまだ届いていなかったゆえ

今回の旅となった。


諏訪インターを下りて40号線を登っていく霧ヶ峰高原に到着する。


IMG_2054.JPG


夏の空の下、草原が広がってさわやかだった。


IMG_2055.JPG


平日だからか、観光客はごくわずかだった。

路線バス待ちの女性がいたけど、なんかこんなところでバスって奇異な感さえある。


IMG_2059.JPG



IMG_2066.JPG



IMG_2067.JPG



下の写真の風景が大好きで、郷愁を感じさせる。

今は遠い少年時代の情熱に似たものが、胸に蘇ってくるのだ。


IMG_2074.JPG



IMG_2083.JPG



IMG_2092.JPG



IMG_2097.JPG



IMG_2764.JPG


この高原は標高1700m程なので、暑さを感じない。

さわやかな風が吹きつけて、爽快な気分になる。

大草原は、見飽きることがない。

私の大好きな風景なのだ。





nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都の夏は祇園祭と共にやってくる! [ぶらり生活]

2017年7月17日(月)


今日は、祇園祭山鉾巡行の日である。
私は、京都の半世紀以上住みながら、山鉾巡行は観たことがないのだ。
いつでも観れるという思いがずるずると今日まで続いた。
が、今年は、我が家の客人が観たいというので案内した。
しかし、客人も11時には、帰路につかなければならなくて
途中までしは山鉾巡行を観れなかった。
残念であるが、仕方が無い。
私もおかげで、山鉾を初めて見る機会を得たのだ。
河原町御池の交差点に陣取って、目前に山鉾を観ることが出来た。
あの有名な辻回しもしっかり観ることが出来たのだ。

交差点に集まった観客、バックは京都市役所


IMG_1983.JPG


山鉾巡行の先頭の旗手


IMG_1984.JPG


山鉾の先頭の長刀鉾の旗手


IMG_1987.JPG


長刀鉾は、常に先頭を行き、他の山鉾はくじで巡行の順番が決まる。

その先頭の長刀鉾の勇姿


IMG_1992.JPG



IMG_2000.JPG



IMG_2002.JPG



IMG_2004.JPG


IMG_2005.JPG


交差点で辻回し行われ、90度回転させる。

車輪の下に割竹を敷き、水をかけて横に引っ張り、方向転換をする。


IMG_2010.JPG


鉾の横にかけられた絨毯(下方の2枚のもの)に注目
この絨毯は、世界中探しても、ここ(長刀鉾)にしかないそうです。

詳しい科学調査の結果、なんでも13世紀チベット地方で創られたものだという。

鉾自体がまさに動く博物館である。


IMG_2012.JPG


IMG_2014.JPG



IMG_2015.JPG


辻回しが無事完了、御池通りを西へと前進


IMG_2019.JPG



次なるは、占出山(うらでやま)


IMG_2007.JPG


飾られている絵は、天の橋立


IMG_2020.JPG


IMG_2025.JPG


次は孟宗山(もうそうやま)


IMG_2023.JPG






IMG_2027.JPG



IMG_2028.JPG


霰天神山(あられてんじんやま)


IMG_2029.JPG



IMG_2030.JPG



IMG_2031.JPG



函谷鉾(かんこくほこ)


IMG_2032.JPG



IMG_2038.JPG


IMG_2033.JPG


IMG_2034.JPG


辻回し


IMG_2039.JPG



IMG_2041.JPG


伯牙山(はくがやま)


IMG_2043.JPG



IMG_2044.JPG


前を行くのは函谷鉾


IMG_2046.JPG

四条傘鉾


IMG_2047.JPG



IMG_2049.JPG


子供達が囃し手


IMG_2048.JPG


芦刈山(あしかりやま)


IMG_2050.JPG



IMG_2051.JPG


ここで時間となり、後方に 月鉾が来ていたが後ろ髪引かれる思いで引き上げた。

来年が、ちゃんと全部見ようと思った。

良い経験だった。



nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

水彩スケッチ 里の風展に [ぶらり生活]

2017年6月16日(金)


友人の絵画展に行ってきた。
会場のギャラリー唐橋は、唐橋のたもとにあり、
日本の道100選の一つである事を示すプレートがある。


IMG_1955.JPG



IMG_1954.JPG


絵画展は、薮田和義さんの「水彩スケッチ 里の風展」で
6月20日まで行われている。
友達4人で訪問した。


IMG_1956.JPG



IMG_1957.JPG



IMG_1961.JPG


会場は、滋賀県内の風景画、
とりわけ、失われつつある集落などのスケッチ展である。


IMG_1962.JPG



IMG_1953.JPG


さわやかさを感じさせるスケッチ画とともに、
額の下に掲示された氏の文章が大変面白いのである。


たとえば
これ


IMG_1964.JPG



IMG_1963.JPG


彼独特の語り口が笑えてくるのである。




かえりは、琵琶湖畔でティータイム

IMG_1965.JPG


IMG_1966.JPG


IMG_1973.JPG


IMG_1970.JPG



IMG_1969.JPG


湖畔の風に吹かれていると、旅の疲れも忘れてしまう。

しかし、国会中継などをみていると、政府のデタラメさに気分が悪くなる。

精神衛生上も大変悪いのだ。

みなさんなんとかして欲しい!!!!






流鏑馬を見学 [ぶらり生活]

2017年6月4日(日)


友人の誘いで、近江神宮の流鏑馬を見学に出かけた。


IMG_1405.JPG



IMG_1406.JPG



IMG_1408.JPG



IMG_1409.JPG


流鏑馬は、大昔、伏見の藤森神社で見て以来のことである。
友人が予約席を取ってくれていたので、座って見ることが出来た。
「二の的」の奉行さんがいる記録所の近くの席だった。


IMG_1403.JPG



IMG_1453.JPG


そもそも流鏑馬の起源は、欽明天皇が戦乱を治めるため、
九州・豊前の国、宇佐において、馬上より3個の的を射られ、
天下太平、五穀豊穣を祈願されたのが、「矢駄馬」(流鏑馬)の初めとされた。
宇多天皇の勅令により、源能有公が弓馬の礼を制定され、
以来源家を経て、鎌倉時代、武田、小笠原の両家に相伝された。


今日の流鏑馬神事は、その武田流の皆さんである。


行事は、まず近江神宮本殿前に太鼓を合図に射手、諸役一同が集合。


IMG_1410.JPG



IMG_1416.JPG


IMG_1417.JPG


「鏑矢奉献の儀」「天長地久の式」が行われ、馬場本に向かって行進。


IMG_1418.JPG


IMG_1426.JPG


かくして騎射が4頭の馬によって行われるのである。
古式豊かな装束に身を包んだ騎射が、
馬に乗って走り抜ける姿は、なんとも勇壮である。
見ている者の心まで奮い立つ思いがする。


IMG_1446.JPG


IMG_1454.JPG


IMG_1456.JPG


IMG_1468.JPG


しかし、馬も生き物でそれぞれ個性があるようだ。
騎手と息を合わせて走る馬、
めちゃくちゃ元気にすごい勢いで走る馬、
一番先に走るのでなければいやだ(笑)とごねる馬、
舌を出してあかんべえ(笑)をする馬、
それぞれ個性が強いらしい。
そんな中、神事ならぬ珍事が発生!
元気な馬が騎手を落としたか、振り払ったかで、
一人で突っ走ってしまった!
みんなびっくり!

騎手は無事なんだろうかと心配したが大事なかったようである。
だけど、なんか楽しかった!


IMG_1434.JPG


一応無事終了し、「凱陣の式」が行われ、神酒が振る舞われた。


IMG_1492.JPG


IMG_1504.JPG


注目は、女性の騎手が一人いたことだった。
男性の騎射とは違った雰囲気があり、かっこいいなあと思った。


IMG_1491.JPG


見物人の中に双子の赤ちゃんもいた!
仲良く二人用の乳母車で楽しんだようだ。


IMG_1506.JPG


流鏑馬が終わると本殿前広場で「江州音頭」が始まった。
なんかちょっと違和感を感じたが、まあ良いとして引き上げた。


IMG_1509.JPG


友人のお宅で、食事会
夕方まで楽しいひとときを過ごした。
今日もまた良い日でした。
友人に感謝です。



秋のようなさわやかな日に [ぶらり生活]

2017年6月2日(金)

まるで秋を思わせるさわやかな日だった。
こんな日は、家にいるのはもったいなく思えて友人の別荘に出かけた。
別荘地は、平日だからか、人影はなし。
まるでみんな眠りこけたようにシンとしている。
ここでは、梢を渡る風の音だけが、友達である。


IMG_1361.JPG


IMG_1364.JPG


IMG_1365.JPG


IMG_1366.JPG


IMG_1367.JPG


IMG_1374.JPG


IMG_1375.JPG


IMG_1383.JPG


コーヒーを入れて、窓辺で持ってきた本「マチネの終わりに」を読む。


IMG_1392.JPG


この本は、友人から押しつけられた(笑)本で、
「読者を虜にする万感のラスト!切なすぎる大人の恋の物語」だそうだ。
400ページの大作で、おっかなびっくりで読んでいる。


IMG_1384.JPG



IMG_1387.JPG


が、あまりの静かさと読書疲れで眠たくなった(笑)


帰り道、目覚ましを兼ねて、朽木の「てんくう温泉」の露天風呂で
リラックスした。


IMG_1395.JPG


客も少なくて、本当に独り占めの感じだった。
すごく気分転換ができた。