So-net無料ブログ作成
検索選択


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

ぶらり生活 ブログトップ
前の10件 | -

京都の夏は祇園祭と共にやってくる! [ぶらり生活]

2017年7月17日(月)


今日は、祇園祭山鉾巡行の日である。
私は、京都の半世紀以上住みながら、山鉾巡行は観たことがないのだ。
いつでも観れるという思いがずるずると今日まで続いた。
が、今年は、我が家の客人が観たいというので案内した。
しかし、客人も11時には、帰路につかなければならなくて
途中までしは山鉾巡行を観れなかった。
残念であるが、仕方が無い。
私もおかげで、山鉾を初めて見る機会を得たのだ。
河原町御池の交差点に陣取って、目前に山鉾を観ることが出来た。
あの有名な辻回しもしっかり観ることが出来たのだ。

交差点に集まった観客、バックは京都市役所


IMG_1983.JPG


山鉾巡行の先頭の旗手


IMG_1984.JPG


山鉾の先頭の長刀鉾の旗手


IMG_1987.JPG


長刀鉾は、常に先頭を行き、他の山鉾はくじで巡行の順番が決まる。

その先頭の長刀鉾の勇姿


IMG_1992.JPG



IMG_2000.JPG



IMG_2002.JPG



IMG_2004.JPG


IMG_2005.JPG


交差点で辻回し行われ、90度回転させる。

車輪の下に割竹を敷き、水をかけて横に引っ張り、方向転換をする。


IMG_2010.JPG


鉾の横にかけられた絨毯(下方の2枚のもの)に注目
この絨毯は、世界中探しても、ここ(長刀鉾)にしかないそうです。

詳しい科学調査の結果、なんでも13世紀チベット地方で創られたものだという。

鉾自体がまさに動く博物館である。


IMG_2012.JPG


IMG_2014.JPG



IMG_2015.JPG


辻回しが無事完了、御池通りを西へと前進


IMG_2019.JPG



次なるは、占出山(うらでやま)


IMG_2007.JPG


飾られている絵は、天の橋立


IMG_2020.JPG


IMG_2025.JPG


次は孟宗山(もうそうやま)


IMG_2023.JPG






IMG_2027.JPG



IMG_2028.JPG


霰天神山(あられてんじんやま)


IMG_2029.JPG



IMG_2030.JPG



IMG_2031.JPG



函谷鉾(かんこくほこ)


IMG_2032.JPG



IMG_2038.JPG


IMG_2033.JPG


IMG_2034.JPG


辻回し


IMG_2039.JPG



IMG_2041.JPG


伯牙山(はくがやま)


IMG_2043.JPG



IMG_2044.JPG


前を行くのは函谷鉾


IMG_2046.JPG

四条傘鉾


IMG_2047.JPG



IMG_2049.JPG


子供達が囃し手


IMG_2048.JPG


芦刈山(あしかりやま)


IMG_2050.JPG



IMG_2051.JPG


ここで時間となり、後方に 月鉾が来ていたが後ろ髪引かれる思いで引き上げた。

来年が、ちゃんと全部見ようと思った。

良い経験だった。



nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

水彩スケッチ 里の風展に [ぶらり生活]

2017年6月16日(金)


友人の絵画展に行ってきた。
会場のギャラリー唐橋は、唐橋のたもとにあり、
日本の道100選の一つである事を示すプレートがある。


IMG_1955.JPG



IMG_1954.JPG


絵画展は、薮田和義さんの「水彩スケッチ 里の風展」で
6月20日まで行われている。
友達4人で訪問した。


IMG_1956.JPG



IMG_1957.JPG



IMG_1961.JPG


会場は、滋賀県内の風景画、
とりわけ、失われつつある集落などのスケッチ展である。


IMG_1962.JPG



IMG_1953.JPG


さわやかさを感じさせるスケッチ画とともに、
額の下に掲示された氏の文章が大変面白いのである。


たとえば
これ


IMG_1964.JPG



IMG_1963.JPG


彼独特の語り口が笑えてくるのである。




かえりは、琵琶湖畔でティータイム

IMG_1965.JPG


IMG_1966.JPG


IMG_1973.JPG


IMG_1970.JPG



IMG_1969.JPG


湖畔の風に吹かれていると、旅の疲れも忘れてしまう。

しかし、国会中継などをみていると、政府のデタラメさに気分が悪くなる。

精神衛生上も大変悪いのだ。

みなさんなんとかして欲しい!!!!






流鏑馬を見学 [ぶらり生活]

2017年6月4日(日)


友人の誘いで、近江神宮の流鏑馬を見学に出かけた。


IMG_1405.JPG



IMG_1406.JPG



IMG_1408.JPG



IMG_1409.JPG


流鏑馬は、大昔、伏見の藤森神社で見て以来のことである。
友人が予約席を取ってくれていたので、座って見ることが出来た。
「二の的」の奉行さんがいる記録所の近くの席だった。


IMG_1403.JPG



IMG_1453.JPG


そもそも流鏑馬の起源は、欽明天皇が戦乱を治めるため、
九州・豊前の国、宇佐において、馬上より3個の的を射られ、
天下太平、五穀豊穣を祈願されたのが、「矢駄馬」(流鏑馬)の初めとされた。
宇多天皇の勅令により、源能有公が弓馬の礼を制定され、
以来源家を経て、鎌倉時代、武田、小笠原の両家に相伝された。


今日の流鏑馬神事は、その武田流の皆さんである。


行事は、まず近江神宮本殿前に太鼓を合図に射手、諸役一同が集合。


IMG_1410.JPG



IMG_1416.JPG


IMG_1417.JPG


「鏑矢奉献の儀」「天長地久の式」が行われ、馬場本に向かって行進。


IMG_1418.JPG


IMG_1426.JPG


かくして騎射が4頭の馬によって行われるのである。
古式豊かな装束に身を包んだ騎射が、
馬に乗って走り抜ける姿は、なんとも勇壮である。
見ている者の心まで奮い立つ思いがする。


IMG_1446.JPG


IMG_1454.JPG


IMG_1456.JPG


IMG_1468.JPG


しかし、馬も生き物でそれぞれ個性があるようだ。
騎手と息を合わせて走る馬、
めちゃくちゃ元気にすごい勢いで走る馬、
一番先に走るのでなければいやだ(笑)とごねる馬、
舌を出してあかんべえ(笑)をする馬、
それぞれ個性が強いらしい。
そんな中、神事ならぬ珍事が発生!
元気な馬が騎手を落としたか、振り払ったかで、
一人で突っ走ってしまった!
みんなびっくり!

騎手は無事なんだろうかと心配したが大事なかったようである。
だけど、なんか楽しかった!


IMG_1434.JPG


一応無事終了し、「凱陣の式」が行われ、神酒が振る舞われた。


IMG_1492.JPG


IMG_1504.JPG


注目は、女性の騎手が一人いたことだった。
男性の騎射とは違った雰囲気があり、かっこいいなあと思った。


IMG_1491.JPG


見物人の中に双子の赤ちゃんもいた!
仲良く二人用の乳母車で楽しんだようだ。


IMG_1506.JPG


流鏑馬が終わると本殿前広場で「江州音頭」が始まった。
なんかちょっと違和感を感じたが、まあ良いとして引き上げた。


IMG_1509.JPG


友人のお宅で、食事会
夕方まで楽しいひとときを過ごした。
今日もまた良い日でした。
友人に感謝です。



秋のようなさわやかな日に [ぶらり生活]

2017年6月2日(金)

まるで秋を思わせるさわやかな日だった。
こんな日は、家にいるのはもったいなく思えて友人の別荘に出かけた。
別荘地は、平日だからか、人影はなし。
まるでみんな眠りこけたようにシンとしている。
ここでは、梢を渡る風の音だけが、友達である。


IMG_1361.JPG


IMG_1364.JPG


IMG_1365.JPG


IMG_1366.JPG


IMG_1367.JPG


IMG_1374.JPG


IMG_1375.JPG


IMG_1383.JPG


コーヒーを入れて、窓辺で持ってきた本「マチネの終わりに」を読む。


IMG_1392.JPG


この本は、友人から押しつけられた(笑)本で、
「読者を虜にする万感のラスト!切なすぎる大人の恋の物語」だそうだ。
400ページの大作で、おっかなびっくりで読んでいる。


IMG_1384.JPG



IMG_1387.JPG


が、あまりの静かさと読書疲れで眠たくなった(笑)


帰り道、目覚ましを兼ねて、朽木の「てんくう温泉」の露天風呂
リラックスした。


IMG_1395.JPG


客も少なくて、本当に独り占めの感じだった。
すごく気分転換ができた。



植物園を散歩 [ぶらり生活]

陽気に誘われて、今年初めて植物園に出かけてみた。
正門に続く並木にとでは、ケヤキが新緑で身を飾り
吹き抜ける心地良い風にはしゃいでいた。
私もつられて、うきうきした気分になった。

IMG_0999.JPG

IMG_1070.JPG

IMG_1000.JPG

園は広くて一度に全部見れないので、今日は・・・と
シャクナゲの園から、のんびりと散策

IMG_1006.JPG

IMG_1008.JPG

aibori.JPG
                    (アイボリースカーレット

シャガやギボウシも。

syaga.JPG

gibousi.JPG

次いで、エビネ展が行われていたので、会場に行く。
沢山の色とりどりのエビネが待っていた。
エビネといっても沢山の種類があるのには驚いた。

IMG_1016.JPG

IMG_1017.JPG

IMG_1018.JPG

IMG_1019.JPG

IMG_1021.JPG

IMG_1023.JPG

バラ園を歩く。バラはまだつぼみが堅い!
が、バラ園の真ん中にある大きな菩提樹の下では、
ベンチで憩う人たちがいた。

IMG_1028.JPG

曇り空が晴れてきて、正面に比叡山が見える。

IMG_1027.JPG

IMG_1029.JPG

ユズリハの木があったが、これ花なの、実なのかわからない。

yuzuriha.JPG

さらに進むと池の中に彫刻が有り、その背後で
モッコウバラが満開である。

IMG_1030.JPG

視線を転じると、藤の花!

IMG_1033.JPG

IMG_1035.JPG

IMG_1036.JPG

その横では、ツツジが赤いきれいな花で私達を誘っている。

IMG_1034.JPG

写生をしたり、撮影をしたりして皆さん楽しんでいた。
のどかな風景である。

IMG_1038.JPG

北朝鮮がどうのなんて、嘘のような気がする。
TVで「すべての政府はウソをつく」という番組があったが
ウソをついたり、隠したりする政府は、やはり一部の人の利益を守り
多くの国民の利益に反することをしてるからではないかと思う。
多くの国民の利益になることをしてたら、ウソをついたり隠したり
する必要などないはず。
てなことを考えながら森に入ると、お化けのような木があった。

IMG_1043.JPG

その近くに、フウという大木があった。
これってメープルのこと?

IMG_1045.JPG

IMG_1046.JPG

やがて竹林の道にでた。
そこでは、山野草展が行われていた。
驚くほど沢山の山野草が並べられている。

IMG_1051.JPG

IMG_1056.JPG
                     (ダイコンソウ)

aoi.JPG
                         (葵)

hannsyouzuru.JPG
                 (ハンショウズル)

kazaguruma.JPG
                        (カザグルマ)

narukoyuri.JPG
                         (ナルコユリ)

再び森に入ると、「バクチノキ」というのがあった。
なんで博打なのかは、謎である。
赤い木肌がむき出しである。
博打で負けて身ぐるみ剥がされたのかな?

IMG_1062.JPG

新緑で囲まれた池を横目に、「森のカフェ」へ行く。

IMG_1061.JPG

botan.JPG


mannsaku.JPG
                           (マンサク

IMG_1066.JPG

カフェの入り口に、大きな花を開いたチューリップがあった。

tyu-rippu.JPG

今日は、ここでお茶して終わりとします。


移ろい行く日々 [ぶらり生活]


IMG_0871.JPG

哲学の道を妻と語らいながら散歩しながら、ふと感じることなのだが、
生き生きとした充実感のある生活を送るには、
どうしたら良いのだろう。
幸せな人生ってどんな事なんだろう。
自分は、そんな生活が出来ているのであろうか?

夫婦で楽しく語らいながら、春の日差しに抱かれて散歩できること自体が
そもそも幸せなことではないだろうかなんて話し合う。
そう思うとなんだか急に「幸せ」を発見したような気分になった。
そんな思いで、見渡すと、
幸せは沢山身近に満ちているような気がしてきた。

でも、なんだか物足りない感も残る。
生き生きとした充実感は、幸せとは、また違ったもののように思えるのだ。
振り返って、考えてみる。

自分が生き生きとした充実感を味わったのは、どんな時だったろうか?
それは、何かに一生懸命になって頑張っているときのようだ。
それも自分のためではなく、家族や友人のため、
社会のために頑張っているときに思える。
それも、やむなくではなく、自分の責務として、自分の責任として
頑張っているときだ。
いわば、自らの意思で責任を取って行動しているときである。

「責任を取る」と云うことは、
一般にはなにか良くないことのような印象があるが、
本当にそうだろうかとも思う。

実は「責任を取る」ということは、素晴らしい生き方ではないかと思う。
自分で責任をとることで、結果がどんなに思わしくなかっても
愚痴ったり、誰かや、なにかの性にすることもなく、次へのエネルギーとなると思う。

身近な事で云えば、妻と幸せな家庭を築こうと結婚したことに責任を取る。
子育てに責任を負う。
友人に対して友人としても責任を持つ。
町内の役員に今年はなったけど、役員としての責任を全うする。
大きく云えば、日本国民として、日本の民主主義に責任を負う。
父親たちの時代に行った侵略戦争に子供として責任を引き受ける。

そういう風に責任を積極的に引き受けることによって、
今自分がなすべき事が見えてくるし、
行動する指針が明らかになる。

真摯に真正面から物事に自らの要求として取り組めるのではないだろうか。
その行動こそが、
生き生きとした充実感ある生活を与えてくれるような気がする。
私の考えは、間違っているだろうか?

ところで、夕暮れ時の哲学の道の桜は、きれいである。
昼間の写真は、多くの人が撮影しているけど、夕日の中も桜はあまり無いのでは・・・・

IMG_0874.JPG

IMG_0898.JPG

IMG_0899.JPG

IMG_0940.JPG

IMG_0941.JPG

IMG_0943.JPG

IMG_0944.JPG

IMG_0954.JPG

疎水の水面に映える夕日の残照も趣があります。

IMG_0957.JPG

今日も一日良い日でありました!



早春の鴨川デルタ [ぶらり生活]

好天に恵まれ、散歩を兼ねて鴨川まで何度か出かけた。
道中、二人で語らいながら歩くと、距離も気にならない。
時には、道沿いの花々に見とれ、会話にも花が咲く。

IMG_4998.JPG

IMG_5001.JPG

IMG_4999.JPG

しかし、国会では、「森友疑惑」や「共謀罪」なるとんでもない
悪法が議論され、おだやかでないのだ。
この国の民主主義も立憲主義も危うくなっているように思える。
けれども、街はのどかさにあふれている気がする。
春が近づいているからだろうか?

鴨川の岸辺の柳は青めて、風に揺れている。
石川啄木が歌った望郷の歌が脳裏に浮かぶ。
でも、私の生家の近くにも、川があるが柳はない。

IMG_5053.JPG

川は、故郷と深く結びついているように思う。
望郷や故郷を歌ったものには、
必ずといっていいほど川がある。

私の望郷の風景は、島崎藤村の「千曲川旅情」の方が
ぴったりに思えるが、ここでも古城とともに川がある。

私の故郷には「荒城の月」で有名な岡城がある。
桜の名所でもある、この古城は、
大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、
川岸からそそり立つ天然の要塞である。

しかし、今、私達が立っているのは鴨川デルタ。
ここは賀茂川と高瀬川が合流した小さな舌状台地で、公園になっている。
そこでは、あるときは、グループのパフォーマンス

IMG_5005.JPG

IMG_5006.JPG

IMG_5007.JPG

IMG_5008.JPG

IMG_5009.JPG

IMG_5010.JPG

あるときは、出し物が

IMG_5052.JPG

そして河原の飛び石であそぶ子供達が

IMG_5056.JPG

IMG_5058.JPG

グループの集いが楽しげに行われている。

IMG_5003.JPG

IMG_5002.JPG

川の中では、小鳥たちが

IMG_5054.JPG

IMG_5071.JPG

岸ではボケの花が咲いている。

IMG_5070.JPG

振り向けば比叡の嶺が目に映る。

IMG_5055.JPG

のどかな早春の都の風景である。


ウリボウがやってきた! [ぶらり生活]

2017年3月6日(月)

ブログを書くのは、実に久し振り!
何かと忙しくて、手がつかなかった。
なんだか遠くに旅していた気分である。
しかし、旅ではないのだが九州の友人からの頼りで
心がブログに向いてきた。
彼女のたよりの内容がおかしくて、その上、ポロを思い出したからである。
で、その便りとは

「夜、仕事から帰ってみると庭に大きな猫のような動物がうろついていた。
 最初は、黒い大きな猫が穴を掘っているのかな?と思っていたのですが...
昼間に見たら、豚さんのような鼻が??
友達に写真を送ったら、皆さん、ウリボウだよ。と。
我が家のにゃんこも距離をとって、騒ぐわけでもなく、
ウリボウも、私を見ても逃げもせず
おっぱらっても、グルンと廻って、すぐ、帰ってくるのです。
「ブーブー」と、一日中言ってます。
にゃんこのご飯になると出てくるのです。
キャットフードをあげてました。
お腹が空いているらしく、バリバリ食べます。
にゃんこのご飯のオコボレが目当てのようです。
夜は小屋で、ビニールを見つけてきて、自分の身体をビニールに巻き付けて、
顔だけ出して寝てるのです。
凄く頭がいいです。
どうしたもんか。と悩んでいたのですが、
近所のおくさんが、私の家の庭にも来たので、
ワナを賃りてきた、仕掛けていいか?と、言ってきた。
捕まえたらワナの持ち主に渡す。と言うので、待ってもらった。
山に返してあげたいので役所に相談しました。
役所の人は、ボランティアの方にお願いいします。と言い、
その日は帰って行かれました。
できれば、山に帰してあげたい。と、伝えておきました。
翌日、仕事で居なかったのですが、連絡があり、ワナは使わなくても、捕まえられました。
ボランティアの方でイノシンを飼っている人をあたってくれるそうです。と言われて、
運良く、生き延びてくれる事を願いました。
お母さんが、捕らわれて、必死に生きていたのでしょう。
ひとまず、安心しました。
一人だし、怖かったので。」

ということだった。

DSC_0007.JPG

親を失ったウリボウが真剣に考えた末の行動だったのだろうし、
家主が優しそうなので、安心してたのではないかと思う。
野生の動物とはいえ、生きるために頼ってきたのだろうと思うと
やはり可愛い感じがする。

ウリボウの結論は、飼ってもらえる方にお預けになったという。
私も一安心である。

私がカフェをやってるときに、カフェにやってきた野良犬君(ポロ)と
イメージが重なり、ウリボウが懐かしくさえ思えた。


映画三昧 [ぶらり生活]

2017年2月4日(土)

なにやら久し振りの好天気のほだされて、散歩がてらに動物園に出かけた。
しばらくブログにもご無沙汰して、映画の方に気を引かれていた。
最近立て続けに映画を見て歩いた。
「校庭に東風吹いて」
「スノーデン」
「この世界の片隅に」
「小さき声のカノン」
「君の名は。」
「弁護人」
「アイヒマンを追え」
いづれも優れた作品である。
簡単に作品の紹介をしておきます。

校庭に東風吹いて
映画「校庭に東風吹いて」は、場面緘黙症の心の悲しみを抱えた少女、
貧困から様々な問題を引き起こす少年の絶望と苦しみなど子ども達の
困難に寄り添い、子どもと共に生き、子どもへの愛情を貫いた教師
感動の物語

koutei.jpg

スノーデン
ハリウッドを代表する社会派監督オリバー・ストーンが、
アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた元CIA職員
エドワード・スノーデンの実話を映画化したもの。
結構緊張感を感じさせる作品。

3201.jpg

この世界の片隅に
第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも
前向きに生きようとするヒロインと、
彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描いた作品。

konosekai.jpg

小さき声のカノン
鎌仲ひとみ監督が、福島とチェルノブイリの原発事故後の生活を、
母親たちの視点から捉えたドキュメンタリー。

kanon.jpg

君の名は。
『星を追う子ども』『言の葉の庭』などの新海誠が監督と脚本を務めたアニメーション。
見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて
導かれていく姿を追う作品。
世界的の大ヒット中です。

kiminonaha.jpg

弁護人
韓国で観客動員1100万人を突破する大ヒットを記録した社会派ヒューマンドラマ。
青年弁護士時代のノ・ムヒョン元大統領が弁護を担当した重大冤罪事件「プリム事件」をモチーフに、
ある事件をきっかけに人権派弁護士へと転身を遂げる男の奮闘を描く。
日本の戦中、治安維持法を思い出させるような作品です。

3202.jpg

アイヒマンを追え
第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を
実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、
バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。

aihiman.jpg

私個人としては、7本の先品を見て、一番心に残った感動的な作品は
「校庭の東風吹いて」だった。主人公の少女の姿に涙した。
この映画だけは、映画館ではなくて,新聞で見た会場に出かけていった。
ところが、会場に行ってみると、なんと地域の母親大会の会場だった。
で、おそるおそる(笑)「映画を見に来たけど、見れますか」と聞いたら
気持ちよくOKしてくれた。
母親ばかりの会場で男一人ポツンと座って観賞した。

話は変わるけど動物園
土曜日と言うこともあってか多くの家族が来ていた。
子供を連れて、動物園に行くには、寒くもなくて最高の天気である。

IMG_0631.JPG

が、ライオンやトラさんもお昼寝

IMG_0632.JPG

IMG_0633.JPG

動物園なのになぜか干し柿が・・・・・

IMG_0634.JPG

植物園ではないが、爽快な大木がなんとも良い気分にしてくれる。

IMG_0635.JPG

高いところ大好きな山羊は、ご多分に漏れず高いところに・・・

IMG_0657.JPG

私は出し好きなレッサーパンダを眺めて楽しんだ。

IMG_0675.JPG

動物園も大人だって結構楽しめる!


nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

すべて世は・・・・・ [ぶらり生活]

2017年1月6日(金)

最近では珍しく雲一つ無い快晴の日だった。
だけど、少し風は冷たい!
こんな日は、河原で散歩に限ると出かけた。
出町柳から鴨川の河川敷にでる。

ここは、手前が高野川と奥くの賀茂川が、合流する地点で
ここから下流域が鴨川となる。
昔は、この川も暴れ川で何度も洪水を起こしている。

平安末期に権勢をふるった白河法皇は、
自らの意に沿わないもの(天下三大不如意)の筆頭に
「賀茂の水」を挙げている。
ちなみに「天下の三大不如意」とは、
1、賀茂川の水 2、双六の賽 3、山法師である。
なかでも、長い歴史の中で人々を悩ましてきたのは
この治水である。

鴨川の流れは、伏見区で桂川と合流し、
さらに南下して宇治川・木津川と合流し、
淀川となって大阪湾に注いでいる一級河川である。
川の講釈は、私の散歩とはなんの関係もないですが(笑)

花のない川の土手には、赤い葉の植物が妙に映えている。

IMG_0601.JPG

子供達は、飛び石ではしゃぎ、二つの川を越えていく。

IMG_0600.JPG

IMG_0599.JPG

柳は、まだ葉をつけて、風に揺らぎ

IMG_0602.JPG

IMG_0604.JPG

アオサギは肩をすくめてたたずみ、シロサギは、抜き足差し足で進む

IMG_0605.JPG

IMG_0608.JPG

カモはむれ、騒ぎ、小鳥たちはさえずる。

IMG_0622.JPG

IMG_0606.JPG

IMG_0607.JPG

IMG_0611.JPG

IMG_0614.JPG

IMG_0621.JPG

センダンは、青空にそびえ、ドウダンツツジは、地に燃えている。

IMG_0620.JPG

IMG_0624.JPG

向かいの土手道では、愛犬を連れた人とマラソン人が行き交う。
「神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し」という
ロバート・ブラウニングの「春の朝」の一節が脳裏をよぎる。

が、本当にそうなんだろうかと思う。
「格差」広がる日本で桜の木に寄生しているような人たちの繁栄は容認しがたい!

IMG_0623.JPG

私は「すべて世は事だらけ」の気がするのだ!


前の10件 | - ぶらり生活 ブログトップ