So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

ぶらり生活 ブログトップ
前の10件 | -

紅葉の真如堂 [ぶらり生活]


冷たい北風に手がかじかむのだが、久し振りに真如堂へ出かけた。


IMG_3838-1.jpg


空には、雲が広がり冬の空である。
それでも、紅葉を見ようと多くの観光客が訪れていた。
海外からの観光客も沢山来ている。
寒さのためか「甘酒」が大繁盛である。


IMG_3869-1.jpg


紅葉は、今が盛りだ。


IMG_3848-1.jpg



IMG_3868-1.jpg



IMG_3854-1.jpg



IMG_3861-1.jpg



IMG_3863-1.jpg



IMG_3873-1.jpg


が、この賑わいもあと何日続くのだろう?
紅葉が終われば、境内はひっそりとして、人影さえ途絶えるのだ。
これが観光地の特徴でもある。
が、同じ観光地でも、哲学の道は最近年中賑やかになった。
海外の人たちが、絶え間なく訪れるからだろう。
時には、市バスに乗っていて、外国旅行しているような気分になる。
聞こえてくるのは、外国語のみ。
ここは日本ではないような気分になる。
京都を訪れる海外の方々が急増していることを実感するこのごろです。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山里の秋空の下で [ぶらり生活]

2017年10月11日(水)


妻が通っている生け花教室が、

今日は会場を朽木の山里に移して行われた。
で、私はといえば、単に妻の運び役!


会場は「じゅうべえ」さん。


IMG_3295.JPG


じゅうべえさんは、本来、野菜などを自分で畑から取ってきて
自分たちで料理をして食べるというお店なのだが
依頼すれば、山菜料理のお弁当も出してくれるのだ。


会場に着いたら、早速皆さんは、野辺の花を探して里に散った。
ここで見つけた素材で生け花をするというのだ。


私は一人で、写真撮影しながら、散策。
すごく晴れ渡った良い日和である。


IMG_3246.JPG




IMG_3287.JPG



azisai.JPG

                            アジサイの名残花


hyakunitisou.JPG

                                   百日草



IMG_3248.JPG

                              タンポポ



IMG_3250.JPG

                                 露草


IMG_3263.JPG

                              アカツメグサ


mizosoba.JPG

                             ミゾソバ


akinokirrinsou.JPG

                 アキノキリンソウ




gennnosyouko.JPG

                          ゲンノショウコの実



IMG_3241.JPG



IMG_3239.JPG



IMG_3255.JPG



IMG_3260.JPG



nekozyarasi.JPG

                   猫じゃらし



yamaudo.JPG

                   山ウド



IMG_3275.JPG



IMG_3228.JPG


お昼は、山菜弁当をみんなで味わって、たのしい歓談!


IMG_3278.JPG


午後は早速、生け花教室開催。
私は、野外で一人読書にふける。


帰りは、朽木宿を通り、丸八百貨店にいく。

昭和3年に出来た百貨店だけど、今は道の駅的な雰囲気に!



IMG_3297.JPG



IMG_3302.JPG



IMG_3303.JPG


お茶をいただいて、しばし休憩!


昭和初期の時代を思わせる宿場町

今は高島市だけど、その前は朽木村

村の歌があったらしい!

IMG_3304.JPG


なにか懐かしいものが伝わってきました。




nice!(29)  コメント(4) 

三国の芸術家の交流 [ぶらり生活]

ここ1ヶ月ほどなんか忙しくて、机に向かって落ち着く暇が無かった。
毎日が日曜日のはず(笑)なのに、どうしたことだろう?

その一つといえるかも知れないが「アジア回廊 現代美術展」を見に行った。
会場は二条城と京都芸術センターである。
会場には、日本、中国、韓国の芸術家達の作品が展示されていた。

IMG_2916.JPG



img280.jpg



img279.jpg



IMG_2917.JPG



IMG_2921.JPG



IMG_2923.JPG



IMG_2925.JPG



IMG_2928.JPG

(床が鏡になっていて、怖くて一瞬踏み込むのをためらったよ。スカートの女性は要注意!)


IMG_2929.JPG


IMG_2931.JPG


IMG_2944.JPG

                         (船の中に木が生えている)


IMG_2945.JPG


IMG_2961.JPG

            (京都芸術センター)


IMG_2953.JPG



IMG_2962.JPG

(京都芸術センターは、元小学校 懐かしい金ちゃんに出会った)

お隣の国の方々と芸術を通じて交流し合うことは、大事なことだと思う。
政治がらみになるとなぜ、いがみ合うのかと不思議に思う。
その原因は、主に日本が作り出したことなので、反省しなければならない。
お互い武器は捨てて、信頼の握手が出来るようになりたいものです!



nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋の気配? [ぶらり生活]

2017年8月15日(火)


今日の京都市内は、例年にない異常な気温で、お昼過ぎでも29度!
あり得ない涼しさである。


ちょうど車検に出してあった車も帰ってきた。
車検のついでに勧められたドライブレコーダーを設置して貰ったのだ。
どうせ設置するならと前と後ろにそれぞれつけて貰ったし、
カーナビも2017年春版に更新して貰った。
で、試してみたくて、「別荘」に出かけた。


お盆だというのに、別荘には人影もなく、静かであった。
気温は、なんと23度、自宅より6度も低い。
自宅から、車でわずか1時間ほどの所にあるのに、この差はなんだろう。
締め切っていた室内に入っても、涼しい。


IMG_2791.JPG



昼食を取り、食後のコーヒーを味わいながら、読書!
ここは、携帯も圏外で、テレビもない。
勿論ネットも出来ないが、唯一ラジオだけは、聞ける。


読書の合間にぶらりとご近所を散歩する。
低いやまなみには、霧が流れていた。


IMG_2789.JPG


名も知らぬ花が咲いていたが、紅葉が紅葉?始めている?


IMG_2786.JPG



IMG_2788.JPG



時折、ひときわ高く蜩の鳴き声が聞こえる。
子供の頃は、ヒグラシの鳴き声を聞くと、もう夏休みも終わりだと
云っているようで、少し落ち着かない気分になったものだ。
もう、ここは、秋の気配さえ感じる。


夕方、てんくう温泉に浸かって帰ろうと思い、寄ってみた。
が、車がてんこ盛りで止まっていた。
で、あきらめて帰宅することにした。


おだやかな時間が流れているような一日だった。


nice!(19)  コメント(2) 

京都の夏は祇園祭と共にやってくる! [ぶらり生活]

2017年7月17日(月)


今日は、祇園祭山鉾巡行の日である。
私は、京都の半世紀以上住みながら、山鉾巡行は観たことがないのだ。
いつでも観れるという思いがずるずると今日まで続いた。
が、今年は、我が家の客人が観たいというので案内した。
しかし、客人も11時には、帰路につかなければならなくて
途中までしは山鉾巡行を観れなかった。
残念であるが、仕方が無い。
私もおかげで、山鉾を初めて見る機会を得たのだ。
河原町御池の交差点に陣取って、目前に山鉾を観ることが出来た。
あの有名な辻回しもしっかり観ることが出来たのだ。

交差点に集まった観客、バックは京都市役所


IMG_1983.JPG


山鉾巡行の先頭の旗手


IMG_1984.JPG


山鉾の先頭の長刀鉾の旗手


IMG_1987.JPG


長刀鉾は、常に先頭を行き、他の山鉾はくじで巡行の順番が決まる。

その先頭の長刀鉾の勇姿


IMG_1992.JPG



IMG_2000.JPG



IMG_2002.JPG



IMG_2004.JPG


IMG_2005.JPG


交差点で辻回し行われ、90度回転させる。

車輪の下に割竹を敷き、水をかけて横に引っ張り、方向転換をする。


IMG_2010.JPG


鉾の横にかけられた絨毯(下方の2枚のもの)に注目
この絨毯は、世界中探しても、ここ(長刀鉾)にしかないそうです。

詳しい科学調査の結果、なんでも13世紀チベット地方で創られたものだという。

鉾自体がまさに動く博物館である。


IMG_2012.JPG


IMG_2014.JPG



IMG_2015.JPG


辻回しが無事完了、御池通りを西へと前進


IMG_2019.JPG



次なるは、占出山(うらでやま)


IMG_2007.JPG


飾られている絵は、天の橋立


IMG_2020.JPG


IMG_2025.JPG


次は孟宗山(もうそうやま)


IMG_2023.JPG






IMG_2027.JPG



IMG_2028.JPG


霰天神山(あられてんじんやま)


IMG_2029.JPG



IMG_2030.JPG



IMG_2031.JPG



函谷鉾(かんこくほこ)


IMG_2032.JPG



IMG_2038.JPG


IMG_2033.JPG


IMG_2034.JPG


辻回し


IMG_2039.JPG



IMG_2041.JPG


伯牙山(はくがやま)


IMG_2043.JPG



IMG_2044.JPG


前を行くのは函谷鉾


IMG_2046.JPG

四条傘鉾


IMG_2047.JPG



IMG_2049.JPG


子供達が囃し手


IMG_2048.JPG


芦刈山(あしかりやま)


IMG_2050.JPG



IMG_2051.JPG


ここで時間となり、後方に 月鉾が来ていたが後ろ髪引かれる思いで引き上げた。

来年が、ちゃんと全部見ようと思った。

良い経験だった。



nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

水彩スケッチ 里の風展に [ぶらり生活]

2017年6月16日(金)


友人の絵画展に行ってきた。
会場のギャラリー唐橋は、唐橋のたもとにあり、
日本の道100選の一つである事を示すプレートがある。


IMG_1955.JPG



IMG_1954.JPG


絵画展は、薮田和義さんの「水彩スケッチ 里の風展」で
6月20日まで行われている。
友達4人で訪問した。


IMG_1956.JPG



IMG_1957.JPG



IMG_1961.JPG


会場は、滋賀県内の風景画、
とりわけ、失われつつある集落などのスケッチ展である。


IMG_1962.JPG



IMG_1953.JPG


さわやかさを感じさせるスケッチ画とともに、
額の下に掲示された氏の文章が大変面白いのである。


たとえば
これ


IMG_1964.JPG



IMG_1963.JPG


彼独特の語り口が笑えてくるのである。




かえりは、琵琶湖畔でティータイム

IMG_1965.JPG


IMG_1966.JPG


IMG_1973.JPG


IMG_1970.JPG



IMG_1969.JPG


湖畔の風に吹かれていると、旅の疲れも忘れてしまう。

しかし、国会中継などをみていると、政府のデタラメさに気分が悪くなる。

精神衛生上も大変悪いのだ。

みなさんなんとかして欲しい!!!!






流鏑馬を見学 [ぶらり生活]

2017年6月4日(日)


友人の誘いで、近江神宮の流鏑馬を見学に出かけた。


IMG_1405.JPG



IMG_1406.JPG



IMG_1408.JPG



IMG_1409.JPG


流鏑馬は、大昔、伏見の藤森神社で見て以来のことである。
友人が予約席を取ってくれていたので、座って見ることが出来た。
「二の的」の奉行さんがいる記録所の近くの席だった。


IMG_1403.JPG



IMG_1453.JPG


そもそも流鏑馬の起源は、欽明天皇が戦乱を治めるため、
九州・豊前の国、宇佐において、馬上より3個の的を射られ、
天下太平、五穀豊穣を祈願されたのが、「矢駄馬」(流鏑馬)の初めとされた。
宇多天皇の勅令により、源能有公が弓馬の礼を制定され、
以来源家を経て、鎌倉時代、武田、小笠原の両家に相伝された。


今日の流鏑馬神事は、その武田流の皆さんである。


行事は、まず近江神宮本殿前に太鼓を合図に射手、諸役一同が集合。


IMG_1410.JPG



IMG_1416.JPG


IMG_1417.JPG


「鏑矢奉献の儀」「天長地久の式」が行われ、馬場本に向かって行進。


IMG_1418.JPG


IMG_1426.JPG


かくして騎射が4頭の馬によって行われるのである。
古式豊かな装束に身を包んだ騎射が、
馬に乗って走り抜ける姿は、なんとも勇壮である。
見ている者の心まで奮い立つ思いがする。


IMG_1446.JPG


IMG_1454.JPG


IMG_1456.JPG


IMG_1468.JPG


しかし、馬も生き物でそれぞれ個性があるようだ。
騎手と息を合わせて走る馬、
めちゃくちゃ元気にすごい勢いで走る馬、
一番先に走るのでなければいやだ(笑)とごねる馬、
舌を出してあかんべえ(笑)をする馬、
それぞれ個性が強いらしい。
そんな中、神事ならぬ珍事が発生!
元気な馬が騎手を落としたか、振り払ったかで、
一人で突っ走ってしまった!
みんなびっくり!

騎手は無事なんだろうかと心配したが大事なかったようである。
だけど、なんか楽しかった!


IMG_1434.JPG


一応無事終了し、「凱陣の式」が行われ、神酒が振る舞われた。


IMG_1492.JPG


IMG_1504.JPG


注目は、女性の騎手が一人いたことだった。
男性の騎射とは違った雰囲気があり、かっこいいなあと思った。


IMG_1491.JPG


見物人の中に双子の赤ちゃんもいた!
仲良く二人用の乳母車で楽しんだようだ。


IMG_1506.JPG


流鏑馬が終わると本殿前広場で「江州音頭」が始まった。
なんかちょっと違和感を感じたが、まあ良いとして引き上げた。


IMG_1509.JPG


友人のお宅で、食事会
夕方まで楽しいひとときを過ごした。
今日もまた良い日でした。
友人に感謝です。



秋のようなさわやかな日に [ぶらり生活]

2017年6月2日(金)

まるで秋を思わせるさわやかな日だった。
こんな日は、家にいるのはもったいなく思えて友人の別荘に出かけた。
別荘地は、平日だからか、人影はなし。
まるでみんな眠りこけたようにシンとしている。
ここでは、梢を渡る風の音だけが、友達である。


IMG_1361.JPG


IMG_1364.JPG


IMG_1365.JPG


IMG_1366.JPG


IMG_1367.JPG


IMG_1374.JPG


IMG_1375.JPG


IMG_1383.JPG


コーヒーを入れて、窓辺で持ってきた本「マチネの終わりに」を読む。


IMG_1392.JPG


この本は、友人から押しつけられた(笑)本で、
「読者を虜にする万感のラスト!切なすぎる大人の恋の物語」だそうだ。
400ページの大作で、おっかなびっくりで読んでいる。


IMG_1384.JPG



IMG_1387.JPG


が、あまりの静かさと読書疲れで眠たくなった(笑)


帰り道、目覚ましを兼ねて、朽木の「てんくう温泉」の露天風呂で
リラックスした。


IMG_1395.JPG


客も少なくて、本当に独り占めの感じだった。
すごく気分転換ができた。



植物園を散歩 [ぶらり生活]

陽気に誘われて、今年初めて植物園に出かけてみた。
正門に続く並木にとでは、ケヤキが新緑で身を飾り
吹き抜ける心地良い風にはしゃいでいた。
私もつられて、うきうきした気分になった。

IMG_0999.JPG

IMG_1070.JPG

IMG_1000.JPG

園は広くて一度に全部見れないので、今日は・・・と
シャクナゲの園から、のんびりと散策

IMG_1006.JPG

IMG_1008.JPG

aibori.JPG
                    (アイボリースカーレット)

シャガやギボウシも。

syaga.JPG

gibousi.JPG

次いで、エビネ展が行われていたので、会場に行く。
沢山の色とりどりのエビネが待っていた。
エビネといっても沢山の種類があるのには驚いた。

IMG_1016.JPG

IMG_1017.JPG

IMG_1018.JPG

IMG_1019.JPG

IMG_1021.JPG

IMG_1023.JPG

バラ園を歩く。バラはまだつぼみが堅い!
が、バラ園の真ん中にある大きな菩提樹の下では、
ベンチで憩う人たちがいた。

IMG_1028.JPG

曇り空が晴れてきて、正面に比叡山が見える。

IMG_1027.JPG

IMG_1029.JPG

ユズリハの木があったが、これ花なの、実なのかわからない。

yuzuriha.JPG

さらに進むと池の中に彫刻が有り、その背後で
モッコウバラが満開である。

IMG_1030.JPG

視線を転じると、藤の花!

IMG_1033.JPG

IMG_1035.JPG

IMG_1036.JPG

その横では、ツツジが赤いきれいな花で私達を誘っている。

IMG_1034.JPG

写生をしたり、撮影をしたりして皆さん楽しんでいた。
のどかな風景である。

IMG_1038.JPG

北朝鮮がどうのなんて、嘘のような気がする。
TVで「すべての政府はウソをつく」という番組があったが
ウソをついたり、隠したりする政府は、やはり一部の人の利益を守り
多くの国民の利益に反することをしてるからではないかと思う。
多くの国民の利益になることをしてたら、ウソをついたり隠したり
する必要などないはず。
てなことを考えながら森に入ると、お化けのような木があった。

IMG_1043.JPG

その近くに、フウという大木があった。
これってメープルのこと?

IMG_1045.JPG

IMG_1046.JPG

やがて竹林の道にでた。
そこでは、山野草展が行われていた。
驚くほど沢山の山野草が並べられている。

IMG_1051.JPG

IMG_1056.JPG
                     (ダイコンソウ)

aoi.JPG
                         (葵)

hannsyouzuru.JPG
                 (ハンショウズル)

kazaguruma.JPG
                        (カザグルマ)

narukoyuri.JPG
                         (ナルコユリ)

再び森に入ると、「バクチノキ」というのがあった。
なんで博打なのかは、謎である。
赤い木肌がむき出しである。
博打で負けて身ぐるみ剥がされたのかな?

IMG_1062.JPG

新緑で囲まれた池を横目に、「森のカフェ」へ行く。

IMG_1061.JPG

botan.JPG


mannsaku.JPG
                           (マンサク)

IMG_1066.JPG

カフェの入り口に、大きな花を開いたチューリップがあった。

tyu-rippu.JPG

今日は、ここでお茶して終わりとします。


移ろい行く日々 [ぶらり生活]


IMG_0871.JPG

哲学の道を妻と語らいながら散歩しながら、ふと感じることなのだが、
生き生きとした充実感のある生活を送るには、
どうしたら良いのだろう。
幸せな人生ってどんな事なんだろう。
自分は、そんな生活が出来ているのであろうか?

夫婦で楽しく語らいながら、春の日差しに抱かれて散歩できること自体が
そもそも幸せなことではないだろうかなんて話し合う。
そう思うとなんだか急に「幸せ」を発見したような気分になった。
そんな思いで、見渡すと、
幸せは沢山身近に満ちているような気がしてきた。

でも、なんだか物足りない感も残る。
生き生きとした充実感は、幸せとは、また違ったもののように思えるのだ。
振り返って、考えてみる。

自分が生き生きとした充実感を味わったのは、どんな時だったろうか?
それは、何かに一生懸命になって頑張っているときのようだ。
それも自分のためではなく、家族や友人のため、
社会のために頑張っているときに思える。
それも、やむなくではなく、自分の責務として、自分の責任として
頑張っているときだ。
いわば、自らの意思で責任を取って行動しているときである。

「責任を取る」と云うことは、
一般にはなにか良くないことのような印象があるが、
本当にそうだろうかとも思う。

実は「責任を取る」ということは、素晴らしい生き方ではないかと思う。
自分で責任をとることで、結果がどんなに思わしくなかっても
愚痴ったり、誰かや、なにかの性にすることもなく、次へのエネルギーとなると思う。

身近な事で云えば、妻と幸せな家庭を築こうと結婚したことに責任を取る。
子育てに責任を負う。
友人に対して友人としても責任を持つ。
町内の役員に今年はなったけど、役員としての責任を全うする。
大きく云えば、日本国民として、日本の民主主義に責任を負う。
父親たちの時代に行った侵略戦争に子供として責任を引き受ける。

そういう風に責任を積極的に引き受けることによって、
今自分がなすべき事が見えてくるし、
行動する指針が明らかになる。

真摯に真正面から物事に自らの要求として取り組めるのではないだろうか。
その行動こそが、
生き生きとした充実感ある生活を与えてくれるような気がする。
私の考えは、間違っているだろうか?

ところで、夕暮れ時の哲学の道の桜は、きれいである。
昼間の写真は、多くの人が撮影しているけど、夕日の中も桜はあまり無いのでは・・・・

IMG_0874.JPG

IMG_0898.JPG

IMG_0899.JPG

IMG_0940.JPG

IMG_0941.JPG

IMG_0943.JPG

IMG_0944.JPG

IMG_0954.JPG

疎水の水面に映える夕日の残照も趣があります。

IMG_0957.JPG

今日も一日良い日でありました!



前の10件 | - ぶらり生活 ブログトップ