So-net無料ブログ作成
検索選択


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

まどろみ ブログトップ

郷愁 [まどろみ]

2016年11月4日(金)

久し振りに友人の別荘に出かけた。

IMG_3267.JPG

IMG_3268.JPG

友人は「いつでも好きなときに使っていいよ」と
鍵を渡してくれた。
だから、気が向いたときに行ける場所があるというだけで
なんだか少し豊かな気分になるのである。

別荘地には、人影もなく、車の音さえ聞こえない。
ただ小川の流れと無視の声のみである。
別荘には、テレビもなければ、携帯さえも圏外。
ラジオだけが外界とつながっている感じである。
で、ラジオを聞きながら、コーヒーを入れる。
薪暖炉には、もうすっかり準備が出来ていた。
友人が冬支度をしているのだ。

コーヒーメーカーがポコポコと音を立てながらお湯を注いでいる。
その音を聞きながら、机に座り、窓の外を眺める。
木々が色づき始めている。
こうして日常を離れた所に身を置いてみると
自分を取り戻したような気分になる。

最近、カフェギャラリーkazeの夢をたびたびみる。
それは、郷愁のように私の心を揺さぶる。
フト、買い戻せたらなんて、たわいもないことを考えたりする。
私の心の中では、苦労もあったけど、
花や小鳥たちとともに過ごした日々は、なにものにも代えがたいのだ。
今は、人の手に渡っているが、kazeは、私の第二のふるさとである。

IMG_4272.JPG

IMG_7765.JPG

コーヒーを飲んだ後は、別荘地をのんびりと散策。

IMG_3266.JPG

IMG_3274.JPG

IMG_3270.JPG

IMG_3275.JPG

ここでも鹿がやってくるらしくて、フンがあちこちにある。
それでも、土手には、可憐な花が咲いていた。
きっと鹿が食べられない種類の花なのだろう。

IMG_3272.JPG

小川の流れを聞きながら静かな午後を過ごすことが出来た。
ここは、私の心の洗濯場だ。


静かな想い [まどろみ]

母の初盆で賑わった寺も
盆の送り火も終わると、

IMG_0604.JPG

生家の里は、子供の声も消え静かになる。
わが山寺もまどろみに似た雰囲気になる。

IMG_0631.JPG

IMG_0622.JPG

玄関の上がり框に腰掛けて、のんびりと庭を眺めていると
いろんな想いが通り過ぎていく。

母の時代は終わり、今、その子も老いの世界を迎えている。
以前は、老いることをつまらないもののように思っていたが
老いの世界は、素敵な世界のように思えてきた。

命に限りがあるということは、素晴らしいことなのだと思えてきたのだ。
ふとある哲学者の言葉が脳裏をかすめた。
『死の帰するところ 生の依るところ』
ようやくこの言葉が理解できるようになった気がする。

庭を眺めていると、庭木の姿にもいろんな物に見えてくる。
まるで可愛い動物のような

IMG_0628.JPG

IMG_0637.JPG

ナンテンが竹から生えているような錯覚

IMG_0635.JPG

玄関に涼風が吹き、肌に心地良い!
敷台に置かれた虚子の句のように

IMG_0623.JPG

庭石を見ていると、尖閣諸島のようだ。

IMG_0629.JPG

芙蓉やキキョウ、カンナが咲き誇っている。

IMG_0641.JPG

IMG_0600.JPG

IMG_0654.JPG

吾亦紅が風に揺れているのを眺めていると
手招きしてるように思えてくる。

IMG_0598.JPG

山門の下には、妹が掲げた江戸時代の狂歌がある。
豆腐屋へ二里を四里と変えているが
一里は、4kmなので、酒屋までは12km、豆腐屋へは8kmになる。

IMG_0643.JPG

実際この寺からは、酒屋へ1km、豆腐屋へ6kmであるが、
車で行けば豆腐屋まで15分。
歩いて行けば、棚田の続く道を1時間半。
のどかで、自然に満ちた山寺であり、故郷の寺である。

今自分の体を建物にたとえれば、こんな感じになるかな?

IMG_0650.JPG

多少趣に欠けるけど・・・・・・(笑)


扇風機が・・・・・ [まどろみ]

IMG_1543.jpg

心地良い風が吹くさわやかな日に
そろそろ扇風機君をと納屋から出すつもりが、
そのまま忘れていた。
フト通りかかって、それを思い出したのである。
なんでもないありふれた風景なのだが、
扇風機君の姿を見て立ち止まってしまった。
「居眠りをしてる」って思った。
心地良い午後のことでした。


まどろみ ブログトップ