So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

早春の鴨川デルタ [ぶらり生活]

好天に恵まれ、散歩を兼ねて鴨川まで何度か出かけた。
道中、二人で語らいながら歩くと、距離も気にならない。
時には、道沿いの花々に見とれ、会話にも花が咲く。

IMG_4998.JPG

IMG_5001.JPG

IMG_4999.JPG

しかし、国会では、「森友疑惑」や「共謀罪」なるとんでもない
悪法が議論され、おだやかでないのだ。
この国の民主主義も立憲主義も危うくなっているように思える。
けれども、街はのどかさにあふれている気がする。
春が近づいているからだろうか?

鴨川の岸辺の柳は青めて、風に揺れている。
石川啄木が歌った望郷の歌が脳裏に浮かぶ。
でも、私の生家の近くにも、川があるが柳はない。

IMG_5053.JPG

川は、故郷と深く結びついているように思う。
望郷や故郷を歌ったものには、
必ずといっていいほど川がある。

私の望郷の風景は、島崎藤村の「千曲川旅情」の方が
ぴったりに思えるが、ここでも古城とともに川がある。

私の故郷には「荒城の月」で有名な岡城がある。
桜の名所でもある、この古城は、
大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、
川岸からそそり立つ天然の要塞である。

しかし、今、私達が立っているのは鴨川デルタ。
ここは賀茂川と高瀬川が合流した小さな舌状台地で、公園になっている。
そこでは、あるときは、グループのパフォーマンスが

IMG_5005.JPG

IMG_5006.JPG

IMG_5007.JPG

IMG_5008.JPG

IMG_5009.JPG

IMG_5010.JPG

あるときは、出し物が

IMG_5052.JPG

そして河原の飛び石であそぶ子供達が

IMG_5056.JPG

IMG_5058.JPG

グループの集いが楽しげに行われている。

IMG_5003.JPG

IMG_5002.JPG

川の中では、小鳥たちが

IMG_5054.JPG

IMG_5071.JPG

岸ではボケの花が咲いている。

IMG_5070.JPG

振り向けば比叡の嶺が目に映る。

IMG_5055.JPG

のどかな早春の都の風景である。


ウリボウがやってきた! [ぶらり生活]

2017年3月6日(月)

ブログを書くのは、実に久し振り!
何かと忙しくて、手がつかなかった。
なんだか遠くに旅していた気分である。
しかし、旅ではないのだが九州の友人からの頼りで
心がブログに向いてきた。
彼女のたよりの内容がおかしくて、その上、ポロを思い出したからである。
で、その便りとは

「夜、仕事から帰ってみると庭に大きな猫のような動物がうろついていた。
 最初は、黒い大きな猫が穴を掘っているのかな?と思っていたのですが...
昼間に見たら、豚さんのような鼻が??
友達に写真を送ったら、皆さん、ウリボウだよ。と。
我が家のにゃんこも距離をとって、騒ぐわけでもなく、
ウリボウも、私を見ても逃げもせず
おっぱらっても、グルンと廻って、すぐ、帰ってくるのです。
「ブーブー」と、一日中言ってます。
にゃんこのご飯になると出てくるのです。
キャットフードをあげてました。
お腹が空いているらしく、バリバリ食べます。
にゃんこのご飯のオコボレが目当てのようです。
夜は小屋で、ビニールを見つけてきて、自分の身体をビニールに巻き付けて、
顔だけ出して寝てるのです。
凄く頭がいいです。
どうしたもんか。と悩んでいたのですが、
近所のおくさんが、私の家の庭にも来たので、
ワナを賃りてきた、仕掛けていいか?と、言ってきた。
捕まえたらワナの持ち主に渡す。と言うので、待ってもらった。
山に返してあげたいので役所に相談しました。
役所の人は、ボランティアの方にお願いいします。と言い、
その日は帰って行かれました。
できれば、山に帰してあげたい。と、伝えておきました。
翌日、仕事で居なかったのですが、連絡があり、ワナは使わなくても、捕まえられました。
ボランティアの方でイノシンを飼っている人をあたってくれるそうです。と言われて、
運良く、生き延びてくれる事を願いました。
お母さんが、捕らわれて、必死に生きていたのでしょう。
ひとまず、安心しました。
一人だし、怖かったので。」

ということだった。

DSC_0007.JPG

親を失ったウリボウが真剣に考えた末の行動だったのだろうし、
家主が優しそうなので、安心してたのではないかと思う。
野生の動物とはいえ、生きるために頼ってきたのだろうと思うと
やはり可愛い感じがする。

ウリボウの結論は、飼ってもらえる方にお預けになったという。
私も一安心である。

私がカフェをやってるときに、カフェにやってきた野良犬君(ポロ)と
イメージが重なり、ウリボウが懐かしくさえ思えた。