So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

哲学の道で哲学!? [心の風景]

2017年1月10日(火)

今日は、この月にしては、比較的暖かな日である。
天気に誘われて、哲学をしに哲学の道へ出かけた。

IMG_4945.JPG

どういう訳か、道には人気が無い。
別にさみしいわけではなく、これぞ哲学するにふさわしい。

IMG_4937.JPG

季節柄、色気がないのではと思っていたが、とんでもない。
たわわに実った南天の実が出迎えてくれた。

IMG_4939.JPG

山茶花も誇らしく咲き誇っている。

IMG_4940.JPG

雪が降っているかのような低木もあった。

IMG_4941.JPG

さらには、ロウバイも花盛りである。

IMG_4944.JPG

さすが正月で門松も見受けられた。
門松というとこんなのをイメージする人が多いと思うけど

kadomatu.jpg

本来は、こちらなのだ。

IMG_4943.JPG

平安の貴族達が好んだ小松引きと言う行事で持ち帰った
「子の日の松」を長寿祈願のため愛好する習慣から変遷したもので、
現在も関西の旧家などでは、「根引きの松」といって飾られている。

松は、神が宿る縁起の良い木で、古来から愛用された。
思い出して欲しい。
能舞台の背には、必ず大きな松の絵が描かれているし
庭園では、必ずと言って良いほど松が植えられている。

門松の意味は、待つが転じて松となった。
「門で新年の福を待つ」の意味であるというのは、
私の勝手な意味付けですが、
まあ、そういう気持ちで新年を祝いましょう。(笑)

ところで、哲学の道には、お地蔵さんがいらっしゃるのだが
その横に鍵の掛かった賽銭箱がある。
なんと念入りにも、賽銭箱に雨が入らないようにふたがしてある。
そもそも賽銭箱に鍵がかけてあるのには、
私は納得できないのである。

IMG_4938.JPG

こちらのお地蔵さんには、賽銭箱はない。
木彫りの可愛い作品である。

IMG_4942.JPG

もともとは、社寺やお地蔵さんの前に賽銭箱など無かった。
お供えは、五穀だったのだ。
しかも、お供えした物は、寺社などの所有物ではなく、
神や仏様のものであり、そのお下がりを飢えた人がいただいていた。

五穀とは古事記では、稲・麦・粟・大豆・小豆、
日本書紀では、稲・麦・粟・稗・豆となっている。
それがやがて米となり、ご飯となり、貨幣が普及すると
お金になった。

でも、お供えした物を誰がどのようにしようが良かったのだ。
飢えた方々がそれをいただくことで、意味が満たされたのである。
それは、今流にいえば、慈善事業、福祉事業ににたとえられる。

他の例でいえば、水上勉の「はなれ瞽女おりん」ではないが
瞽女だって立派な福祉事業だった。
盲目の少女を預かり、芸を教え、農閑期に村々を回り
門付けをして、彼女らの生計をまかなっていたのである。
そのようなことでもなければ、盲目の少女は生きていくことさえ困難だった。

昔、お地蔵さんに供えられたおにぎりを涙と共にいただいた人がいたはず。
現代の「こども食堂」の役割を果たしていたと思う。
いにしえの庶民は、「お供え」という形式で助け合っていたのだと思う。
日本人の美しい心意気である。
美しい日本というなら、こうありたいものである。

幸い、わが生家の寺院では、賽銭箱に鍵はない。
いまでも、それをたよりに来る人がいる。
日々のお金に困っているという人がいるのだ。
でも、彼らは、全部持って行かないのだ。
なにがしかのお金を残してある。
いただく方にも、美しい心が生きているのだ。

日本国憲法には次のような条項がある。

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の
 向上及び増進に努めなければならない。

賽銭ではなく、国の制度として、貧しき人を救うことは、
国民全体の心を豊かにしてくれるのではないだろうかと思う。


すべて世は・・・・・ [ぶらり生活]

2017年1月6日(金)

最近では珍しく雲一つ無い快晴の日だった。
だけど、少し風は冷たい!
こんな日は、河原で散歩に限ると出かけた。
出町柳から鴨川の河川敷にでる。

ここは、手前が高野川と奥くの賀茂川が、合流する地点で
ここから下流域が鴨川となる。
昔は、この川も暴れ川で何度も洪水を起こしている。

平安末期に権勢をふるった白河法皇は、
自らの意に沿わないもの(天下三大不如意)の筆頭に
「賀茂の水」を挙げている。
ちなみに「天下の三大不如意」とは、
1、賀茂川の水 2、双六の賽 3、山法師である。
なかでも、長い歴史の中で人々を悩ましてきたのは
この治水である。

鴨川の流れは、伏見区で桂川と合流し、
さらに南下して宇治川・木津川と合流し、
淀川となって大阪湾に注いでいる一級河川である。
川の講釈は、私の散歩とはなんの関係もないですが(笑)

花のない川の土手には、赤い葉の植物が妙に映えている。

IMG_0601.JPG

子供達は、飛び石ではしゃぎ、二つの川を越えていく。

IMG_0600.JPG

IMG_0599.JPG

柳は、まだ葉をつけて、風に揺らぎ

IMG_0602.JPG

IMG_0604.JPG

アオサギは肩をすくめてたたずみ、シロサギは、抜き足差し足で進む

IMG_0605.JPG

IMG_0608.JPG

カモはむれ、騒ぎ、小鳥たちはさえずる。

IMG_0622.JPG

IMG_0606.JPG

IMG_0607.JPG

IMG_0611.JPG

IMG_0614.JPG

IMG_0621.JPG

センダンは、青空にそびえ、ドウダンツツジは、地に燃えている。

IMG_0620.JPG

IMG_0624.JPG

向かいの土手道では、愛犬を連れた人とマラソン人が行き交う。
「神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し」という
ロバート・ブラウニングの「春の朝」の一節が脳裏をよぎる。

が、本当にそうなんだろうかと思う。
「格差」広がる日本で桜の木に寄生しているような人たちの繁栄は容認しがたい!

IMG_0623.JPG

私は「すべて世は事だらけ」の気がするのだ!


初詣 [ぶらり生活]

2017年1月2日(月)

みなさん、新年おめでとうございます!
知人の中には、なんにもおめでたくないという人もいますが・・・・
政治を見てたら腹の立つことばかりだという。
確かにそうですが、まあ,ここは日本の風習に従いたいと思います。
というか、おめでとうといえる年にしたいものですね。

で、これも風習に従って初詣に行ってきました。
天気は上々、おまけに暖かい、

IMG_4905.JPG

一年ぶりに帰国した娘と3人で出かけてきました。
娘が言うのは、「京都は遠くに出かけなくても近所に一杯あるじゃん」という。

お言葉に従って、まずは真如堂へお参り!

IMG_4906.JPG

IMG_4908.JPG

本堂に掲げられた額の「真如堂」これって、言われてみればそうだろうけど
これだけ見せられたら読めないよ!

IMG_4907.JPG

境内に見かけない物が出来ていたので近づいてみたら
「京都 映画誕生の地」と書いてある。なんでここにあるのか不明。

IMG_4910.JPG

次は竹中稲荷、日のあたった鳥居が輝いていた。

IMG_4911.JPG

IMG_4927.JPG

IMG_4928.JPG

坂道を下って、吉田神社の元宮さんにお参り。
ここにお参りすれば、全国の神社にお参りしたのと同じ御利益があるそうで
ズボラの私にとっては、非常にありがたいお宮さんなのだ。

IMG_4912.JPG

IMG_4913.JPG

IMG_4916.JPG

IMG_4914.JPG

IMG_4915.JPG

またまた、坂道を下り、吉田神社本殿にもお参り。

IMG_4918.JPG

本殿横の社殿に生け花が飾ってあったが、その中のお気に入りはこれ!

IMG_4917.JPG

お参りが済めば、今度は坂道を上り、吉田山山頂へ
うらうらと暖かい日差しに包まれて、暑いくらい。

IMG_4919.JPG

IMG_4920.JPG

IMG_4922.JPG

IMG_4923.JPG

IMG_4925.JPG

この時期に花は、インパクトがある。

IMG_4921.JPG

IMG_4926.JPG

民家の日だまりの南天も目に鮮やかだった。

IMG_4929.JPG

年に一度の3人そろっての散策は、楽しい!ものでした。