So-net無料ブログ作成
検索選択


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

赤いのが好き! [花]

雲一つ無い快晴に誘われて、府立植物園に出かけた。
園内に入ると良いにおいがする。
どこから? と探していたら、デカいキンモクセイからだった。

IMG_3206.JPG

でかい!
といえば、菩提樹も大きい!
木の下にはベンチが有り、入園者が憩っていた。

IMG_3207.JPG

今日のお目当てはバラ園
赤いバラが大好きなのだ。
とりわけ、この花

teki-ra.JPG

理由は、名前が良い「テキーラ」というのだ。
私の出し好きな洋酒の名前と同じなのだ。
この花を愛でながら、テキーラが飲めたら、私も赤くなるかな?

次はプスタ

pusuta.JPG

それからロブロイ

roburoi.JPG

ユーロピアーナ

yu-ropia-na.JPG

ジーンバーナー

zi-nba-na-.JPG

最後にマイナーフェアー

maina-fea.JPG

それからケイトウ

IMG_3239.JPG

赤に近いところで ケアフリーワンダー

IMG_3226.JPG

keahuri-wannda-.JPG

ちょっと変わった花で ブルグマンシア

IMG_3242.JPG

この季節、これは外せない コスモス

IMG_3247.JPG

休憩は、森のカフェ

IMG_3246.JPG

ここのコーヒー意外と美味しかった!!!

最後にお口直しに ゴールドバニー

gourudobani-.JPG 

ニンジンボク

ninzonboku.JPG

おかげでいい散歩が出来ました!!
感謝です。


信州の旅 その2 美ヶ原 [ぶらり生活]

信州の旅も2日目
美ヶ原を目指して

IMG_2922.JPG

詳しくは『風の詩』でご覧ください。
http://ikirutamenokate.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23


タグ:信州 美ヶ原

信州への旅をした その1 [ぶらり生活]


秋風に誘われて、旅に出た。

行き先は、下栗に里としらびそ高原


IMG_2822.JPG

詳しくは、ブログ「風の詩」をご覧ください。
http://ikirutamenokate.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23


懐かしい湖北の湖愁 [風景]

2016年10月13日(木)

十数年ぶりに余呉湖を訪ねた。
途中に伝説の「天女の衣掛柳」が大きな幹をうならせていた。
が、これが柳の木?
私達が知っている柳とずいぶん違うように思うのであるが・・・・
深い詮索は、やめて、まあ楽しみましょうと歩く。

IMG_2747.JPG

IMG_2746-1.JPG

レストラン余呉湖で昼食。
庭ではバラが咲き誇り、この地方には珍しく白樺の木が青空に揺れて、
秋の到来を告げていた。

IMG_2757.JPG

IMG_2754.JPG

IMG_2760.JPG

IMG_2761.JPG

ここ、余呉湖は30年ほど前に、余呉湖の一番南側の湖畔にあるホテル
義理の父母と家族で宿泊したこともある懐かしい場所である。
湖畔にある集落では、コスモスが咲き乱れていた。

IMG_2763.JPG

柿の実る集落を抜けて、奥に進むと「夜泣石」の碑があった。

IMG_2771.JPG

IMG_2765.JPG

奇想天外な伝説ではあるが、これも深く考えにで、景色を楽しむ。

例のホテルにたどり着くと、そこは雑草に囲まれて、廃墟となっていた。
かっての賑わいは嘘のようである。
登山者の一団が道に下りてきた。
みんな中高年!
老人パワーがあふれていた。

人気もまばらな余呉湖観光館を横目に木の本に引き返し、
塩津街道を走る。

こちらは琵琶湖
塩津バイパスの入り口交差点にあった大きなレストランも廃墟となっている。
かって、沢山の車が止まり、盛況を極めていたのに、どうしたことだろう?
雑草のみが盛況を極めている。

湖畔沿いの道を走っていると、竹生島が見えてくる。

IMG_2773.JPG

IMG_2775.JPG

少し肌寒いのに湖上では、ヨットが走っていた。
しばらくしたら、沈没!
一瞬船の人も見えなくなった!
が、なんと、すぐ体制を取り戻し走り出した。

IMG_2776.JPG

IMG_2777.JPG

IMG_2780.JPG

IMG_2783.JPG

沢山の赤とんぼが桜の枝先に一匹ずつ止まって、僕らを眺めている。

IMG_2785.JPG


IMG_2790.JPG

塩津から、今度は海津大崎へ向かう。
ここでも車との出会いは、ほとんど無い!
春には、桜並木に桜が咲き誇り、多くの観光客がやってくる。
が、今は人気も無い。
雑草に囲まれて、鉄扉は傾き、きれいだったガーデンも荒れ果て
地中海のホテルのようなしゃれた建物は、眠りこけていた。
観光船乗り場には、船さえない

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルでティタイムにした。
窓から琵琶湖が一望できる。
が、ここでも来客は、僕らとお一人様だけ!

IMG_2795.JPG

懐かしさと共に寂しさを感じるドライブだった。
昔のあの賑わいは、どこへ行ってしまったのだろうか?
なんだか浦島太郎の気分になった。
しかし、僕らには楽しいドライブになったことは間違いないのだ。