So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

胸にこみ上げるもの [心の風景]

今日は、梅雨の雨が朝から降りしきり、どんよりと暗い日である。
こんな日は、音楽でもと思い、いろんな曲を聴いてみた。

その中で、懐かしい童謡「月の沙漠」あったが
その曲を聴いていたら、
胸の奥から熱いものがこみ上げてきてきました。
 自分でも予期しなかったことなので、驚いてしまった。

「月の沙漠」は、多くの人が知っている「童謡」であり、
 子供の頃、幾度も聴いてきた曲である。
ところが、こんな激情を感じたのは、はじめであった。
この曲の秘密はなにか?
少し探求してみたくなった。

この歌は 「BS 20世紀日本のうた」ベスト100曲に
1775万票(1人3曲選択)もの空前の投票を集めてランクインしているという。
これは、いかに多くの日本人がこの歌に親しんでいるかということを、
物語っていると思います。

「月の沙漠」作詩は加藤まさを氏で
 1897年(明治30年)静岡県藤枝市生まれの抒情画家。
1923年3月(大正12年)に、(作者26歳)
 当時創刊したばかりであった「少女倶楽部」で、
 歌詞が紹介されたのが最初でした。
この発表の時の挿絵も本人が描いています。

まず「月の沙漠」の歌詞を一度よくみてみましょう。
(曲は最下部にyoutubeで聴けます)


tukinosabaku1.jpg

   月の沙漠

                作詞 加藤まさを
                作曲 佐々木すぐる

   月の沙漠を はるばると
  旅の駱駝が 行きました
  金と銀との 鞍置いて
  二つならんで 行きました

   金の鞍には 銀の甕
  銀の鞍には 金の甕
  二つの甕は それぞれに
  紐で結んで ありました

   先の鞍には 王子さま
   後の鞍には お姫さま
  乗った二人は おそろいの
    白い上着を 着てました

   広い沙漠を ひとすじに
    二人はどこへ 行くのでしょう
  朧にけぶる 月の夜を
    対の駱駝は とぼとぼと
  砂丘を 越えて 行きました
  黙って 越えて 行きました


「月の沙漠」の誕生は

 本多勝一氏の『アラビア遊牧民』(角川文庫)の
 「『月の砂漠』の夢と現実」という項で、
 作詞者・加藤まさを氏のインタビューが紹介されています。
それによると、
 加藤氏は大正12年『少女倶楽部』の依頼に応じて、作詞されたとのこと。
 加藤氏はアラビアに行ったことはなく、全くの空想で詩を書かれたそうです。
そして、病気療養を期に夏よく当地を訪れ、『御宿の砂丘で得た幻想』から
生まれた詩であると本人は語っている。
 (詩を書いた時、思い浮かべたのが、立教大学在学中、毎年、
 夏になると過ごした千葉県の御宿海岸の砂丘だったという。)

 「なぜラクダがいるのですか?」の問いに
『馬では西部劇に、牛だと牧場になってしまいます』
 「どうして一瘤ラクダなんですか?」
 『一瘤でないと東洋の感じが出てしまってダメなんで す』
 「王子さまとお姫様はどこに行ったのですか?」
 『僕も知らないんです…一緒に考えてください。』
と作者は答えている。

 朝日新聞社の本多勝一氏によると、アラビアの砂漠では、
 『月が朧にけぶる夜は』すさまじい砂嵐の時しかなく、
 『金や銀の甕など』は飛んでもない話で、
 中の水は煮立ってしまい使い物にならず、皮袋に入れる。
 当然金や銀の鞍では王子とお姫様のお尻は火傷してしまう。

…故に、これは日本人のロマンだと!


「月の沙漠」に秘められたもの

(イ)まず、作者加藤まさを氏について
彼は、当時、不治の病とされていた肺結核を若くして患っていた。(後に完治)
彼には恋人がいて、すでに子供までいたが、親の反対で結婚できなかった。
その影響もあってか、彼の作品には、愛と死がテーマと思われるものが多い。
 「月の沙漠」も例外ではないと思われる。
 彼の主な作品
 『カナリヤの墓』1920/岩瀬書店(最初の童謡画集)
 『涙壺(小曲集)』1922/内田老鶴圃/
『人形の墓(童謡集)』1923/内田老鶴圃
 『まさを抒情詩集』1926/春陽堂
 『愛の哀しみ』1927/

(ロ)「月の沙漠」の歌詞について
<注目1>
"金銀の鞍、金銀のかめ、おそろいの白い上着"
この歌詞が、日本人的発想で書かれていることからして、
 汚れなき死装束(しにしょうぞく)での旅立ちであると
私は理解します。

 <注目2>
"王子様、お姫様"
これは、童謡ということで、愛し合う若いカップルの
象徴的表現として使わ れたと解釈する。
そして、金銀の鞍やかめと合わせて、崇高な印象を表し
 ていると思う。

 <注目3>
"金のくらには 銀のかめ
銀のくらには 金のかめ
二つのかめには それぞれに
 ひもで結んで ありました"
沙漠を超える為の最も必要なものは水。
その水は、現実には皮袋なのであるが、日本人の発想と
 して「かめ」になっている。
すなわち金と銀のかめは「水かめ」である。
 「水」は沙漠の中では、まさに「命」
だから、ここでは、かめは、まさに「命のかめ」である。
そのかめを、お互いに相手の鞍に付けて、
かつ、ひもで結んであるということは、何を表しているか?
これは自分の命を相手に預け、かつ、自分と相手は一心同
 体であるという深く強い愛の証であると考えます。

 <注目4>
"おぼろにけぶる 月の夜を
対のラクダは とぼとぼと
砂丘を越えて ゆきました"
「おぼろにけぶる 月の夜を」は、
 前述の本多勝一氏の言葉で、明確ですが、
 現実にはありえない日本人の勝手な発想であるが、
ここで注目したいのは、
 太陽の照りつける沙漠でもなければ
明るい満月の光りが降り注ぐ沙漠でもないことである。
 小さな砂嵐が吹いているような、薄暗い夜の沙漠を二頭
のラクダが超えていくのである。
しかも、そのあしどりたるや「とぼとぼと」である。
 「とぼとぼと」歩くのは、どのようなときでしょうか?
それは、
(1)疲れきっている。 
(2)明確に、何時までに、何処に行かなければならないとい
 う目標がない場合だと思います。
 「月の沙漠」では、後者だと思います。
なぜなら、
この句の直前で作者は
「ふたりはどこへ ゆくのでしょう」と
問うていることからしても、
後者の方が正しいと思われる。

 <注目5>
 最後の一行" だまって越えてゆきました"
 愛し合う二人が黙って一緒にいるときとは、どういう時でしょうか?
それは、二人の間に諍いがあり、口も利きたくないと感じている時か、
 口にしなくても十分自分の気持と相手の気持が一致して
 いるときではないでしょうか?
だとすれば、この場合彼らは、後者。
すなわち、
 口にしなくても十分心はひとつになっているからではないでしょうか。
 諍いがあって黙ったいるのなら、条件の厳しい沙漠の、
 しかも夜の旅など一緒にしないと思います。


「広い沙漠をひとすじに、
ふたりはどこへゆくのでしょう?」

この歌詞の中で、ただ一行作者の言葉です。
 「月の沙漠」の作者が、ただ一行だけ問いを入れることは、
すでに言外で、
その行き先を知っているのです。

二人は、王子様、お姫様でありながら、
お供の一人もいないし、
 沙漠を越えるに必要なものを運ぶための
 ラクダさえ同行していない。
いわば、片道切符のお忍びの旅です。

彼らのいる場所が「砂漠」ではなく「沙漠」なので
砂丘を越えた先に海を想定しているのかもしれません。
それならば、二人は、ラクダを下りて、手を携えて
海の中に消えていくことになるのでしょう。
でも、それを言葉にはしません。
それでこそ、詩は、輝くのです。

 以上のことから導き出されるのは
「月の沙漠」の王子とお姫様の行く先は
 まさに「旅路の果ての死」だと思います。

 この歌の「行きました」と繰り返される言葉は
 「逝きました」を伏線で持っているようにさえ思えます。
  彼らは、死の旅路をしているのです。

 二人は固い死の決意を共有しているのです。
 二人は、永遠の愛と死の決意で硬く結ばれた旅路をしている
 と言えるのではないでしょうか?

しかし、 二人は嘆き悲しんでもいません。
 涙してもいません。
 深く愛し合い、死を共にすることを決然と受け入れ、
 自らの意思として進んでいるからでしょう。

なぜ、彼らは、そうしまければならないのかは
 ここでは、触れられていません。
しかし
 これは、「心中」以外の何ものでもないと思います。
 しかし、それだけでは、とても童謡にはなりません。
 すなわち、この歌の真の魅力は、そこにはないからだと思います。
 
死を決意した二人は今
 最高の「生」の中にいると思うのです。
まさに『死の帰するところが生の依るところ』なのだと思う。

そう考えると、
 汚れなき二人の若者の愛と死に、
 純で凛として、
立ち向かっている姿が浮かんではきませんか?

だからこそ、「月の沙漠」を聴くものにとって、
 心を揺さぶられるのではないでしょうか。

 それは、彼らと心を共にすることによって与えられた至福の
感情ではないかと思います。
この作品は、童謡の域を越えて、多くの日本人の心を揺さぶる
優れた作品だと思いました。

youtube「月の沙漠
https://www.youtube.com/embed/OoCfmEjBO30


山路を登りながら、こう考えた [心の風景]

2016年6月6日

 「山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。
 とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。」

夏目漱石は、彼の作品「草枕」の冒頭でこう述べている。
そして、どこへ越しても住みにくいと悟った時、市民運動が起きる。
のではなかろうかと私は思うのである。
それが国のレベルならば、国民運動として現れる。

今の日本や世界は、そんな大切な時期に来ているように思える。
小林節さんが講演で「幸福の条件は、自由・豊かさ・平和だ。」と
確信に溢れて述べていましたが、なるほどと思った。

ところで、私は”住みにくさが高じ”た訳ではないが
漱石の”山路を登りながら”という言葉にさそわれて
滋賀の仰木の里に出かけた。

IMG_2373.JPG

田舎生まれの私は、時折田舎の風景がすごく恋しくなるのだ。
田園では、今田植えの季節である。
誰かさんのように
「帰りなんいざ
田園まさにあれなんとす 
なんぞ帰らざる」なんて言わないが
田園風景は、心が癒やされるのである。

IMG_2374.JPG

IMG_2377.JPG

IMG_2381.JPG

IMG_2385.JPG

向こうには琵琶湖と島がみえる。

IMG_2389.JPG

野焼きの煙が、一層郷愁をそそる。

IMG_2392.JPG

IMG_2393.JPG

ミカンがたわわに実っていた。

IMG_2394.JPG

このような田舎道がまた好きなのだ。

IMG_2396.JPG

IMG_2397.JPG

IMG_2398.JPG

IMG_2406.JPG

IMG_2411.JPG

IMG_2415.JPG

IMG_2416.JPG

IMG_2420.JPG

田植えの終わった山手には、六地蔵の祠があり、地蔵さんが静かに田園を眺めていた。

IMG_2422.JPG

IMG_2423.JPG

こちらの六地蔵さんは、立派な祠から、棚田と道路を眺めていた。

半日楽しんで我が家に帰ってきた。
さばさばした気分で、晩酌が美味しい!!!!


移ろい行く寂しさを胸に [心の風景]

2016年6月5日

人が生きると言うことは、齢を重ねると言うことだが
沢山重ねると、最初の方が懐かしく思えてくるのではないでしょうか?
そして、賑やかさよりも、おだやかさを求めるような気がするのだが・・・
そして、重ねてきたものが、移ろい行く様を見て
寂しい思いに駆り立てられるのである。

その移ろい行くものをとどめようと取り組んでいる人もいる。
水彩画家の薮田正義氏もその一人である。
彼の水彩スケッチ展が、滋賀の「唐崎ギャラリー」で行われていいたので
友人と出かけた。

IMG_2336.JPG

IMG_2327.JPG

久し振りの再会に彼は、大歓迎してくれた。
彼は、主に滋賀の田園風景などを長年描いてきた。

IMG_2328.JPG

IMG_2334.JPG

今では、描かれた風景が、
まったく変わってしまっている所が増えているという。
失われゆく懐かしい風景をとどめようと彼は描き続けて
今では、数百枚に達している。

彼の水彩画は、下記の電子本で見ることが出来ます。
http://ebook.hikobae.biz/boosan_ebook.html

私も懐かしい思いをもう一度と422号線を信楽の朝宮に向かった。

IMG_2339.JPG

ところが、道を間違えて、家もなければ、人もいない、車さえ
出会わない山道に迷い込んでしまった。

やっと茶畑の谷間に出たところで、ここが522号線だとわかった。
山道を下ると、うっそうとした杉林の路傍に
岩谷山仙禅寺という寺に出くわした。
由緒ある寺らしいが、勿論人気などない。
よく見ると、この寺が朝宮茶発祥の地だという。
なんだか不思議な気がした。

IMG_2343.JPG

IMG_2341.JPG

IMG_2344.JPG

で、なんとか朝宮にたどり着き、
昔家族でよく来た「スイスアルピナ」で一休みしようと思ったのであるが
今日は、休業日らしく、閉店していた。
川向かいの動物たちの姿もない。

ちょっと寂しい思いで信楽にひき返してティータイム。
朝宮茶をいただいた。

さて今度こそはと、422号線を立木観音に向けて走る。
今は、当時と違って、道が新しく出来ているが、
やはり旧道が懐かしい。

あの頃、旧道を走っていると、テレビで放映されていた
「日本昔ばなし」というアニメに出てくる民家そっくりの家があった。
いつも横目で眺めていたが、
今日はそれを見つけて立ち寄ってみようと探していたら
あった!!!!

IMG_2347.JPG

で早速旧道に入る。
小さな山間の集落である。
まったく人気がないが、人の代わりに人形が迎えてくれた。
寂しいから、せめて人形でもと考えたのであろうか。
それも若者の人形で。
なんとなく、住民の気持ちがわかるような気がする。

IMG_2348.JPG

IMG_2349.JPG

IMG_2351.JPG

橋のたもとには、登山道の案内版があった。

IMG_2370.JPG

例の家は、その集落から川を隔てて、ポツンとある一軒屋だ
今では、瓦葺きとなり、立派な家紋が屋根に掲げられている。

IMG_2359.JPG

その家は、木々に囲まれ、人の住んでる気配はない。
すでに空き家になっているようだ。

IMG_2356.JPG

母屋の横の家屋は、一方は木々に抱かれ
もう一方は、蔓覆われてしまったいる。

IMG_2361.JPG

IMG_2367.JPG

庭には、草が生い茂り、人の足跡もない。
ただ、ツルニチニチソウが、咲き誇るのみである。

IMG_2360.JPG

この花の花言葉は、「優しい思い出・生涯の友情・幼馴染み」だそうだ。
なんだか、この風景にぴったりの花言葉である。
ここも限界集落に近づいてるのではと思う。

最近、新しいものが価値があり、
旧いものはダメなように思う風潮を感じるが
それは、便利さという意味では、確かにそうだと思うが
私は旧いものがダメとは到底思えないのである。

旧いものがダメなら、古都京都もだめな町だろうか?
世界遺産は、ダメ遺産とでもいうのだろうか?
旧いと言うことは、歴史を持っているということではなかろうか。

人類の歴史、日本人の歴史、そして自らの祖先の歴史
もしも、そういうものがない人生を考えることが出来たら
それは、殺伐としたものではなかろうかと思う。

逆に歴史は、私達の人生を豊にしてくれ、
自分たちに誇りを与えてくれるものではなかろうか。
それは、今生きている人たちへの祖先からの贈り物ではないだろうか!

そう考えると、苦い歴史ではなく、後世に誇れる歴史を作るために
今、私達は生きることが求められているように感じる。
そして、そのことが、後に続く人たちへの私達の贈り物であると思うのだ。


万葉の明日香へ [ぶらり生活]

2016年6月2日

良い天気のさそわれて、明日香村に出かけた。
まずは、奈良県立万葉文化館に行った。

IMG_2267.JPG

img186.jpg

IMG_2268.JPG

館内のカフェで昼食を取り、地下の展示室へ。
いにしえの人々の生活などが人形などを使って展示されている。

IMG_2269.JPG

IMG_2276.JPG

IMG_2274.JPG

IMG_2272.JPG

万葉劇場なるものがあり、入ってみた。

IMG_2270.JPG

本日上演は額田王
電動人形が舞台に現れ、音楽と照明を使っての上演である。

額田王と言えば、大海人皇子(天武天皇)に嫁し十市皇女を生み
後に天武天皇の兄である中大兄皇子(天智天皇)に寵愛されたという人である。

なんかこの三人の関係はややこしい。
近江京の近くの蒲生野で天智帝主催の狩が行われたときの有名な彼女の歌
 あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(巻1-20)
これに対して大海人皇子の返歌
 紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾恋ひめやも(巻1-21)
なんて言うもんだから、兄貴は彼を高野山へ幽閉した。
大海人皇子は、自分の妻を兄貴のとられて悔しいので
兄貴の死後、壬申の乱を起こして、天皇になちゃったてな小説が出来そうである。

まあそれはともかく
万葉文化館には「万葉こども賞コンクール作品集」という冊子が無料で配布されていた。
これは、朝日新聞と当館が共催で行っているものだとか。

img183.jpg

これを読んでいた妻がすごいのがあるというので私も読んでみた。

萬葉集の防人(さきもり)の歌の感想文である。
防人は、663年に朝鮮半島の百済救済のために出兵した倭軍が白村江の戦いで
唐・新羅の連合軍に大敗したことを契機に、唐が攻めてくるのではないかとの憂慮から
九州沿岸の防衛のため設置された辺境防備の兵である。

 韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして(巻20-4401)
「韓衣(からころも)の裾に取りすがり泣く子供を残してきてしまった、
母親も(しんでしまって)いないのに」
現在流にいえば、防人として徴兵された兵士が、行かないでと泣きすがる
母親も死んでいない子供だけを残して任地に行かざるを得なかった悲しみの歌でる。

この歌についても中学三年生の感想文がある。
原文を次に掲載したので読んでみてください。

img184.jpg

今の日本の状況と重ねて考えると彼の思いは、今も大事なことだと思う。
戦争法といわれる法律ができ、日本人が戦争に荷担する事になりそうな時
この感想文は、戦争法に反対し闘う市民の姿を後押していると思うのである。
私としては、若者の純な心に触れた思いがする。

万葉文化館を後にして、石舞台古墳へ出かけた。
東京から来たという修学旅行生に出会った。

IMG_2283.JPG

img187.jpg

IMG_2285.JPG

IMG_2287.JPG

IMG_2288.JPG

IMG_2289.JPG

こんな巨大な石をどこからどうやって運んできたのだろうか?
重機もない時代なので、みんな人力で作ったのであろうが
大変な重労働ではなかったかと思う。

駐車場に帰ると面白い車が入ってきた。
一人乗りの電動自動車である。
で、運転してきた彼に尋ねると、なんとレンタカーだという。
駅前で借りてきたと言うことで、ちょこっと運転もして見せてくれた。
彼は一人で観光してるのだろうか、石舞台古墳の方に出かけていった。

IMG_2296.JPG

私は、棚田の風景を眺めながら、高松塚壁画館を探して回った。

IMG_2298.JPG

IMG_2303.JPG

IMG_2306.JPG

IMG_2309.JPG

ところが、私のカーナビは、寝ぼけているのかとんでもない所に案内してくれた。
なんと、山道に入り、だんだん道が狭くなり、不安になった。
たまたま農作業をしている人に出会い尋ねたら、この道は行き止まりで、
Uターンも出来ないというのだ。
で、近くの民家の庭でUターンをさせてもらって、やっと抜け出した。
トホホ・・・・・

同じような所をぐるぐる回りながらも、やっと発見でした。
駐車場からテクテク歩いていると、ユリとヤマボウシ花に出会った。

IMG_2314.JPG

IMG_2320.JPG

IMG_2322.JPG

そこから、岡を上り、降った所に高松塚壁画館があった。

IMG_2321.JPG

img189.jpg

壁画と遺留品、それから盗掘の様を再現したレプリカを観ることが出来た。

次は亀石を探して、またまた、放浪。

IMG_2312.JPG

やっと民家のそばにある亀石発見。
これって、亀じゃなくて、カエルじゃないっと思うのだが・・・・・

IMG_2311.JPG

言い伝えによれば、奈良盆地一帯が湖であった頃、
対岸の当麻のヘビと川原のナマズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、
川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみんな死んでしまった。
亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。
さらにもう一つ、亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。
そして、今は南西を向いているが、西に向き、当麻のほうを睨みつけると、
奈良盆地は一円泥の海となると伝えがあるという。
それが本当なら、まもなく西に向いてしまうのではと
余計な心配をしながら帰路についた。

 


遠い記憶 [心の風景]

2016年6月1日(水)

人の記憶というものは、場所と時間と深く関係しているように思う。
場所では、そこにあるたたずまいや人、音や生き物などを含むその場の状況
時間は、季節や天気、昼なのか夜なのかを含んでいる。
そうゆう状況が再現されると、それに結びついた遠い記憶さえも蘇ってくるのだ。
人の記憶は、誠に場所と時間なしには、存在しないのではと思う。

私は、夕暮れ時の町にいた。
さわやかな風に吹かれて、灯りゆく町の灯を眺めていたら、
堀口大学の『夕ぐれの時はよい時』という詩を思い出した。
若いとき、この詩が好きで、暗唱したものだった。
 「夕ぐれの時はよい時 
 かぎりなくやさしいひと時」
というフレーズが頭を駆け巡る。
今眺めている町も、その詩の雰囲気である。

IMG_2026.JPG

IMG_2027.JPG

IMG_2028.JPG

IMG_2031.JPG

IMG_2032.JPG

IMG_2035.JPG

IMG_2042.JPG

IMG_2045.JPG

IMG_2046.JPG

IMG_2047.JPG

IMG_2048.JPG

IMG_2049.JPG

大方の人も、そう感じるのではと思うが、
世の中には、別の人もいるのを聞いてびっくりしたことがある。
それは、中島みゆきのヒットソング『わかれうた』だ。
 「途に倒れて だれかの名を
 呼び続けたことが ありますか
 人ごとに言うほど、たそがれは
 優しい人好しじゃありません」
この歌の「人ごと」とは、堀口大学の詩だと思います。
彼女の大学の専攻は国文学でしたから、間違いないと思います。

話は、横道にそれるけど
私が中島みゆきを知ったのは、『化粧』という歌を聴いたのが最初だった。
すごい衝撃を受けたのだ。
 「流れるな 涙 心でとまれ
  流れるな 涙 バスが出るまで」
というフレーズが頭の中で鳴り止まなかった。

後で知った事だけど、脚本家の倉本聰氏もみゆきの大ファンで
「北の国から」でも彼女の歌を使っている。
彼に言わせれば「みゆきにはきっと、神さまがいるんだ。」
といわせるくらいなのだ。
だが、私は、彼女には神様なんぞはいないと思うのだ。
いるとすれば、表現の神様かな?

彼女にあるのは、とてつもなく深く大きな喪失感のように思う。
その頂点が『異国』だと思う。
あの呪文のように繰り返されるフレーズ
 「百年してもあたしは死ねない
  あたしを埋める場所などないから
  百億粒の灰になってもあたし
  帰り支度をしつづける。」
そして『砂の船』
これは自殺の歌以外の何物でもないと思う。
どんな場所と時が彼女をそうさせたのかは、私は知らない。
が、彼女は、その危機をついに乗り越えた。

それが、私に大好きな歌でもある『狼になりたい』であると思う。
ここで彼女は、繰り返し叫ぶように歌う。
「狼になりたい 狼になりたい ただ一度」
それは生きようとする決意にさえ、私には聞こえる。

本題に戻るけど、
『夕ぐれの時はよい時』という詩と結びついた
いわば、悲しい思い出が二つある。

一つは、私が学生時代のことで
夏の夕暮れ、下宿の近くの大通りを歩いていた時のことだ。
人影もまばらな通りを、私の方に歩いてきた同じ年頃の女性がいた。
近づいてきた彼女が、突然大声で泣き出し、なにか叫びだした。
私はびっくりして立ち止まったが、彼女はそんな私が目に入らぬようで
泣き叫びながら、通り過ぎていった。
きっと失恋したんだろうと私は思った。
でもただそれだけの事である。
しかし、そのことは、私の心に焼き付き、何十年経った今でも
詩と共に思い出す。

二つ目は、社会人になって久しい時であるが
冬の冷たい雨の夕暮れ時、私は車で三条通九条山から市内に向かっていた。
夕暮れ時で仕事帰りの車で渋滞していた。
ふと、反対車線の向こうの歩道を九条山の方へただ一人
その雨にぬれて、傘も差さずに泣きながら歩いている女性がいた。
車で送ってあげようにも、そちらには行けないのだ。
山科まで帰るのであろうか?
この途は、しばらく家もない途なのである。
やむなく私は、天王町の交差点まできた。
が、このままではと思い直し、引き返した。
九条山をこえて日ノ岡まで走ったが、彼女の姿はなかった。
きっと誰かが来るまで拾ってあげたのだろうと思い、
家路に向かった。
このケースも私は特に何かをしたわけではないのであるが
強く心に残ってしまったのだ。

夕暮れの町とこの詩が思い浮かぶとき
なぜか、この二つのことが連動して私の記憶に蘇るのである。