So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

山里の春 [風景]

2016年4月20日(水)

今日は、朽木の桑原という山村の『じゅうべえ』で
妻の通っている生け花教室をするというので、運び役で出かけた。
じゅうべえさんは、自分で山菜を採り、自分たちで料理して食べるという
農園レストランである。

IMG_1969.JPG

が、今日は山菜ではなく、草花をとって、生け花にしようという企画である。

到着するとみんなで、ハサミをもって、野山に出かけていった。
近くに桃の花が満開だった。

IMG_1944.JPG

IMG_1946.JPG

IMG_1975.JPG

IMG_1943.JPG

桜もまだ残っている。

IMG_1987.JPG

IMG_1981.JPG

12時から一時間は、昼食会。

IMG_1948.JPG

じゅうべえさんが作ってくれた山菜料理を美味しくいただいた。
私は、昼食会だけが一緒で、後は一人で散歩。
生け花の生徒さんの一人が、桜の詩で大好きなのがあると披露。

『貝になりたくて 汀(みぎわ)へ散るさくら』
毎日新聞の投稿欄で読んだという。

私はこの歌からジャン・コクトーの『耳』を連想した。
『私の耳は 貝のから 海の響きをなつかしむ』

で、彼はもう一句
『ちるさくら 海あをければ 海にちる』
こちらは、俳人高尾窓秋の俳句である。
彼は独特の世界を持っていて、彼の代表作は
『頭の中で 白い夏野となっている』
『山鳩よ みればまわりに雪がふる』だそうです。
まあ、ちょっとした文学談義に花が咲いた。

教室の最中は、花の里をのんびりと散策
野に咲く花を愛でて歩いた。

IMG_1949.JPG

IMG_1977.JPG

IMG_1952.JPG

IMG_1954.JPG

IMG_1958.JPG

IMG_1961.JPG

IMG_1967.JPG

空にはトンビ

IMG_1973.JPG

IMG_1976.JPG

IMG_1963.JPG

IMG_1964.JPG

IMG_1978.JPG

IMG_1982.JPG

IMG_1983.JPG

IMG_1985.JPG

IMG_1990.JPG

IMG_1991.JPG

じゅうべえさんの作品

帰り道、廃屋を見つけた。
春なのに、廃屋はひとり、ススキの中!

IMG_1995.JPG

IMG_1996.JPG

京に帰れば、新緑の街路樹が、緑のトンネルを作っていた。

IMG_2003.JPG

時には、山村の中に身を置いてみるのも、心が癒やされます。
車の音、人影もない野原で、暖かな日に照らされて、座っていると
うつらうつらしたくなる。
心身共にリフレッシュの一日でした。


春宵一刻直千金 [ぶらり生活]

2016年4月19日(火)

陽気に誘われて、散歩を楽しむ。
桜も終わり、時は新緑の季節へと歩み始めた。
待ちに待った季節が、やってきた。

IMG_4758.JPG

冬の間中、体調に悩まされた者にとっては、
春は天国のような気がする。
被災地のみなさんの事を思うと、申し訳ないような気分であるが
私にとっては、うれしい季節である。

IMG_4761.JPG

IMG_4762.JPG

IMG_4765.JPG

IMG_4766.JPG

IMG_4767.JPG

IMG_4768.JPG

散歩道には、緑が茂り、花々が咲き乱れ、
気持ちの良い風が吹き抜ける。
命あることの喜びを教えてくれる。

IMG_4769.JPG

IMG_4770.JPG

IMG_4771.JPG

IMG_4772.JPG

IMG_4773.JPG

IMG_4774.JPG

妻が言うには、「春宵一刻直千金」
私もまったく同感である。

IMG_4775.JPG

IMG_4776.JPG

IMG_4777.JPG

これは、北宋の詩人、蘇軾(そしょく)の「春夜」という詩。

春宵一刻値千金 (しゅんしょういっこくあたいせんきん)
花有清香月有陰 (はなにせいこうあり、つきにかげあり)
歌管楼台声細細 (かかんろうだいこえさいさい)
鞦韆院落夜沈沈 (しゅうせんいんらくよるちんちん)

素晴らしい春の詩だと思う。

が、ふと 子供の頃の授業を思い出した。

先生がこの詩を解説した後に、みんなで追唱させられた。
ところが最後の行「夜沈沈」のみを期せずして男子生徒の多くが
よるちんちん」と大声で唱和したのだ。
で「バカモン!」と怒鳴られ、校庭10周全速力で走る罰となった。

今では、笑える昔の思い出となったが、ひどい目に遭った。

罰と言えば、小中学校時代、自分は至極まじめだったつもりなのだが
先生達からみれば、問題児だったらしく、
水の入ったバケツを両手に廊下に立たされたり、
校長室に正座させられたりして、両親を悩ました。
でも罰を受けるときは、一人ではなく、いつも仲間がいた。

先生が困ることをしたので、当然のこととして罰を受け入れていたのだ。
今なら、社会問題になりそうな罰も受けたが、
当人は、大して気にもしなかったような気がする。
おおらかといえば、おおらかな時代だった。

 


懐かしい桜の見納め! [ぶらり生活]

2016年4月12日(火)

知人の方々から、旧カフェkazeの桜が満開だよと連絡があった。
今では、旧kazeは、売却されて私達のものではないのだが、
やはり、旧知の方々は気になるらしく、私も実は気になるのだ。
で、桜を見てやろうと出かけた。

懐かしい桜の並木は、確かに満開だった。

IMG_1899.JPG

IMG_1900.JPG

川を挟んで対岸では、偶然にも上野さん宅に人影が有り。
上野さん一家の方々が、帰省していた。
久し振りの再会に懐かしさがいっぱい。

IMG_1903.JPG

お茶をいただきながら、楽しい時間を得ることが出来た。
95歳になる上野さんは、元気でちゃんと話も出来た。
気がつけば、お家もリホーム済みで驚いた。

IMG_1905.JPG
                     (上野さん宅の庭木)

IMG_1906.JPG

IMG_1908.JPG

帰りは、てんくう温泉でリフレッシュして、

IMG_1910.JPG

IMG_1913.JPG

IMG_1917.JPG

くつき村Wingさんで、コーヒータイムを取った。

IMG_1923.JPG

IMG_1922.JPG

ここでも桜は、満開、

IMG_1920.JPG

IMG_1921.JPG

IMG_1927.JPG

庭にはお花も満開!

IMG_1924.JPG
                       (スノードロップ)

IMG_1925.JPG
                        (クリスマスローズ)

IMG_1926.JPG

IMG_1928.JPG
                      (お向かいの民家)

テラスの小鳥のお家には、小鳥ちゃんがやってきて、餌を食べていた。

IMG_1932.JPG

IMG_1934.JPG

窓から眺めていると、心が癒やされる思いがする。
wingさんとは、カフェ&ギャラリーkazeの時代からのお付き合いで
僕らがカフェを止めてからは、朽木に来たときは、もっぱらwingさんに立ち寄りしている。
私達のお気に入りの素敵なカフェ・レストランである。



 


清水寺へ [ぶらり生活]

2016年4月9日(土)

友人から清水寺の夜間特別公開の招待券をいただいたので
早速、友人と出かけた。
が、バスは超満員で、素通りする停留所もあった。
小さな子供さんを連れたお母さんも乗り合わせていた。
勿論、外国の観光客も沢山で、いろんな言語が入り乱れて聞こえる。

で、切実に思うのは、こんな桜の季節は、臨時便を出して対応が
必要ではないかと思う。
観光客も地元の私達も、ゆったりと乗れるようにして欲しいものだ。
おもてなしをいうなら、そうゆう行き届いた市の対応が必要だと思うが
市政に携わる議員さんや職員の方は、配慮を考えて欲しいと願う。

IMG_1821.JPG

IMG_1825.JPG

とにかく、清水道は、すごい人で埋め尽くされていた。

IMG_1828.JPG

IMG_1835.JPG

私は、呼吸器障害があるので、この坂道は、堪える。
それでも、なんとか山門までたどり着いた。

石段を上がり、境内へ

IMG_1839.JPG

IMG_1840.JPG

IMG_1843.JPG

IMG_1852.JPG

IMG_1853.JPG

清水の舞台へ到着
舞台からの眺めを楽しむ

IMG_1857.JPG

IMG_1858.JPG

IMG_1861.JPG

IMG_1865.JPG

IMG_1866.JPG

IMG_1869.JPG

石段を降りて、舞台の下へ

IMG_1873.JPG

IMG_1878.JPG

IMG_1880.JPG

IMG_1881.JPG

この特別公開は、明日までとのことであるが、
桜の花は、すでに終わりに近づいていた。

IMG_1882.JPG

IMG_1883.JPG

IMG_1885.JPG

IMG_1887.JPG

IMG_1890.JPG

IMG_1894.JPG

IMG_1837.JPG

IMG_1896.JPG

清水の夜景を堪能できました!
京の桜の季節も早、終わりに近づいてきた感がある。
ソフトクリームを食べて、行く春を惜しみながら清水の坂を下る。


嫁に出した桜が咲いた! [ぶらり生活]

2016年4月8日(金)

IMG_0751.JPG

昨日の大雨も嘘のようないい天気になった。
友人にあげたしだれ桜が花を咲かせたというので
比叡の山小屋に連れて行ってもらった。

IMG_1820.JPG

IMG_1819.JPG

IMG_1820-2.JPG

きちんと手を加えてくれたおかげか、
立派に花を咲かせていた。
嫁入り先でかわいがってもらってるような気分!

友人とは久し振りなので、積もる話にこちらも花が咲いた。
薪ストーブを少し焚いたら、すぐに暑いくらいになったよ。

IMG_0750.JPG

彼が作った椎茸狩りをして、立派な物をいただいた。
夕食が楽しみである。
おかげで、楽しい午後の時間を持つことが出来た。

聚光院特別公開へ [ぶらり生活]


大徳寺 聚光院では、この三月から一年間、特別公開として国宝などが
見れるというので出かけた。

この特別公開のスタッフをしている友人からのお誘いで、
もちろん友人にも会いたくて出かけたというわけである。

大徳寺に着くとまずは目に入るのが三門
赤塗りの三門で『金毛閣』が目に入る。
けったいな名前であるが、千利休が名付けたとか。
三門は山門書くが、とにかく重要文化財だ。

IMG_1810.JPG

二層の建物で、一層は連歌師・宗長の寄進で享禄2年(1529年)にまず竣工し
二層目は、天正17年(1589年)、千利休が完成させて
「金毛閣」と名づけられた。
利休の恩に報いるために寺は上層に雪駄を履いた利休の木像を安置したが、
このため門を通る者は利休の足下をくぐることになり、
これが豊臣秀吉の怒りを買って、利休切腹の一因となったという。

IMG_1811.JPG

その利休の墓があるのが聚光院である。

IMG_1809.JPG

IMG_1814.JPG

IMG_1813.JPG

院の中では、案内の方がそれぞれの説明を細かにしてくれるのだ。
国宝の障壁画も里帰りして、元の位置でしっかり眺められる。
なにしろ、ほおずり出来る近さで見ることが出来るのだ。
だからといって、頬ずりなんどしたものなら、えらいことになるよ!

最後に案内された千住博画伯の書院障壁画『滝』には、ビックリポンです。

見学の後、友人ともお話が出来て、ラッキーでした。
彼女の歯に衣を着せない話しぶりが、なんともさわやかで
こちらまで心が浮き立つ思いがするのだ。

院内の写真が撮れないので、以下パンフレットから掲載

img182-2.jpg

img183-2.jpg

img192.jpg

img185-3.jpg

img185-4.jpg




img194-2.jpg

img197-3.jpg

img194-3.jpg

img200-2.jpg

img199-2.jpg

img190-2.jpg

img191-2.jpg

帰り道、大徳寺境内に巨大な木がそびえているので行ってみた。
説明からすれば約350年ほどの木である。

IMG_1815.JPG

IMG_1816.JPG

帰りのバスは銀閣寺行きで、もみくちゃにされたが、
スパニッシュ系と思われる若い女性に席をいただいた。
本当に感謝です。

京都市も、観光シーズンには、バスを増便してほしいものである。
席を譲ってもらったから言うわけではないが
観光客の皆さんを大事にしましょう!


のどかな春日和 [風景]

2016年4月6日(水)

今日は、観光客でごった返す哲学の道に背を向けて
疎水沿いの散歩に出かけた。
すでに桜は満開!!!
こちらは、桜並木の穴場!
観光客は、ほとんどいないのでのんびりと散策が出来る。
あちこちにベンチも有り、疲れたら一休みできるのだ。
ベンチでお弁当を食べてる人もいる。
のどかな風景である。

IMG_1762.JPG

IMG_1763.JPG

IMG_1766.JPG

IMG_1769.JPG

桜もいいけど、やわらかに柳も青めている。
こんな風景を見ると啄木の歌を思い出す。
啄木の望郷のバラードだ。

IMG_1771.JPG

クスノキの大木もある。
クスノキを渡る風の音も大好きである。
西行は、桜の下で死にたいと言ってたけど
私はクスノキを渡る風の詩を聞きながら、今際の際を迎えたいとさえ思う。

IMG_1773.JPG

楓が紅い花(?)をつけていた。

IMG_1775.JPG

途中、幼稚園児達に出くわした。
ところが、彼らは柵に食らいついて騒ぎ出したのだ。

IMG_1784.JPG

何事かと疎水の中を見ると
あじゃー!!!
御愁傷様です。
桜の写真でも撮ろうとして落としてしまったのだろうか?

IMG_1785.JPG

日はさんさんと差し、
歩いていると少し汗ばむくらいである。

IMG_1780.JPG

IMG_1788.JPG

IMG_1790.JPG

IMG_1796.JPG

IMG_1798.JPG

IMG_1799.JPG

IMG_1800.JPG

橋のたもとでは、蔓状の名もしらぬ花が小さな花を咲かせているのが
印象的だった。

IMG_1802.JPG

妻が海苔巻きおにぎりを持ってやってきたので
二人でベンチで食事をしながら花見をした。
のどかな春日和の昼下がりでした。

IMG_1807.JPG


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

桜見物は良かったけど・・・・・・・ [ぶらり生活]

2016年4月3日(日)

昼から雨の予報なので、午前中にと
京都御苑、近衛邸跡の糸桜を見に友人と三人ででかけた。
こちらは、哲学の道ほどの人出は、なかったが
桜の下では、あちこちで宴会が行われていた。

IMG_1748.JPG

和服の女性もやってきた。

IMG_1755.JPG

幼児もやってきた

IMG_1744.JPG

能舞台の背景のような松の木が目に入った。

IMG_1749.JPG

で、これなあに?

IMG_1712.JPG

そんなの誰でもわかるよね。
これです。

IMG_1714.JPG

余談はさておき、桜!

IMG_1699.JPG

IMG_1702.JPG

IMG_1706.JPG

IMG_1707.JPG

IMG_1710.JPG

IMG_1715.JPG

IMG_1719.JPG

IMG_1720.JPG

IMG_1724.JPG

IMG_1746.JPG

IMG_1734.JPG

IMG_1738.JPG

IMG_1728.JPG

桜を堪能してご機嫌で3人で帰りのバスに乗った。
が、バスを降りたら、友人しかいない。
妻は?というと
友人が
「急に体調が悪くなったと言って2つ前の停留所で降りたよ」と言う。
どうゆうこと!?
そんなのありかと思うけど、とりあえず家に帰る。
なにしろ,家の鍵は妻しか持ってないし、友人は自転車を我が家に止めてあるのだ。
で、友人が自転車で妻を迎えに出かけた。
携帯で妻に電話したら妻がすぐ応答したので一安心。
家の前で待つこと数十分、友人と妻が帰ってきた。
やれやれである。
時々妻は、突然吐き気がして具合が悪くなることがある。
なにか隠された病気があるのではと心配だ。


生還? [ぶらり生活]

2016年4月2日(土)

久し振りの書き込みである。
3月1日の夜から体調を壊してしまい、
ついでに気力まで衰えてしまった。
こんな時は、焦らずのんびりと成り行きに任せるほかはないのだ。
寒さが体調に大いに影響しているので、暖かいところに引っ越したくなる。
が、それもままならず、辛い日々を送るしかなかった。

が、昨日、窓の外の雨の音を聞いていて、気力が蘇った!
気温も少し上がり、暖かくなった事もあり、
一ヶ月ぶりに息を吹き返したような気分である。
おかげで、お気に入りのブログにも少しずつではあるが、
訪問出来るようになった。
やれやれって感じである。

次の冬の間は、暖かいところに引っ越そうかと妻と話し合っている。
何しろ寒さが私の大敵の一つなのだ。
とりあえず、この冬は、命拾いしたようである。

で、曇ってはいるが、近くの哲学の道まで散歩に出かけた。

IMG_1686.JPG

哲学の道は、桜がほぼ満開で、多くの観光客で賑わっていた。
バス停や蒼フトクリーム屋さんの前は、長蛇の列が出来ている。
やっと春が来たのだと実感する。
これで天気が良ければ、桜ももっと映えて見れるのにと思う。

IMG_1606.JPG

IMG_1608.JPG

IMG_1609.JPG

IMG_1611.JPG

IMG_1612.JPG

IMG_1613.JPG

IMG_1614.JPG

IMG_1615.JPG

IMG_1620.JPG

IMG_1621.JPG

IMG_1623.JPG

IMG_1624.JPG

IMG_1630.JPG

IMG_1633.JPG

IMG_1636.JPG

IMG_1638.JPG

IMG_1643.JPG

IMG_1645.JPG

IMG_1651.JPG

IMG_1647.JPG

IMG_1652.JPG

IMG_1653.JPG

IMG_1656.JPG

IMG_1659.JPG

IMG_1661.JPG

IMG_1664.JPG

IMG_1666.JPG

IMG_1675.JPG

IMG_1677.JPG

IMG_1681.JPG

IMG_1684.JPG

IMG_1687.JPG

IMG_1691.JPG

IMG_1692.JPG

IMG_1693.JPG

IMG_1694.JPG

ところで、政治の世界では、
「核の使用を憲法は禁じてない」という政府の公式見解が出たそうであるが、
これにはもうビックリポンだ。
おそろしい内閣ですね。
春だと行って浮かれている場合じゃないような気がしてます。

我が家のボケの花も満開!

IMG_1583.JPG


nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域