So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

想像力は、楽しみの源泉(道シリーズ) [道]


道といえば、高村光太郎が『道程』で歌ったような道もあるが、
私の興味は現実の道にある。

道には、他に獣道もあるが、
それ以外は、すべて人間が作った物である。
人の移動、物流にとって、道は欠くことの出来ない重要な物である。

で、道は、至る所に有り、珍しい物ではないが、
想像力を働かせると、なぜかそれが生き物のように見えてくるのだ。
この道の向こうにどんな世界が広がっているのだろうと思うと、
なぜかわくわくした気分に満たされる。
初めて通る道では、その気分が特に高揚するのだ。

自分の知らない素敵な世界に導いてくれるような思いで満たされる。
たとえその道が、雪に閉ざされた道であっても、
炎天下のうだるような暑さの道であっても、
若い頃は、道は目的地へ行く単なる手段でしかなかったが・・・・・・
今の私には、その道中も楽しみである。

道ですれ違った人たちは、どんな人生を送ってきたのだろうと想像する。
立ち並ぶ家々を眺めながら、そこで生活している人たちの思いを想像する。

想像を膨らませると、目に映るすべての物に興味がわくのである。
そして、心が満たされていくような思いがする。

熊本・瀬の本高原(やまなみハイウェイ)
草原を突っ切る一本道
この先に、阿蘇外輪山の大観峰があり、
旧火口の町が眼下に広がり、阿蘇全山が見渡せる。

IMG_8301.JPG

牧ノ戸峠 標高1330m(やまなみハイウェイ) 

IMG_8258.JPG

IMG_8281.JPG

木々は、雪に覆われて、雪道が続く。
ここを南に下ると大分県側に久住高原、
熊本県側に瀬の本高原が広がる。
いずれも壮大な眺めで有り、心が浮き立つような気分にさせられる。



 


仮面さん こんにちは! [ぶらり生活]

久し振りの書き込みである。

が、相変わらず吉田山の散策は、一応続いている。

いつも通る登山口にあるお地蔵さんは、なぜか化粧をしている。
しかもこれって母子?姉妹?・・・????
「お地蔵さんが、化粧ってどういうこと?」と思うので
未だに拝んだことがない。

IMG_4735.JPG

リハビリを兼ねて、展望台への道で一番急登の道を登っている。
妻は、それを10分ほどで登り切るが、私は20分の壁がなかなか越えられない。
それでも、始めた頃からすれば4分ほど縮まった。

IMG_4738.JPG

このところ、妻はぎっくり腰で動けない時があり、その間は
一人で吉田山に出かけた。
そんな時、展望台で両手に杖の高齢者にあった。
杖を突いてまで登ってくるって頑張ってるなあと思って話をした。
ところが、今日は吉田山にしたけど、
いつもは大文字山に登ってるというのだ。
僕はずっこけそうになったよ!
僕は、まだ大文字山に登る自信がない。
いつかは挑戦してみようと思っている。

IMG_1435.JPG

彼は、僕より先に杖を突きながら山を下りていった。
彼は単に足が悪いだけで、僕は足が大丈夫だけど肺が悪いだけで・・・
山登りでは、肺が悪い方がやはり負けてしまうのだ。
でも山下りでは、彼に負けない(笑)

IMG_4745.JPG

茂庵の裏庭の木漏れ日がノスタルジーを感じさせてくれる。

IMG_4748.JPG

IMG_4749.JPG

IMG_4750.JPG

山を下る途中にある民家にお面が飾ってあった。
白い大きな仮面が印象的である。

IMG_4753.JPG

IMG_4752.JPG

仮面ってよく見るとなんか不思議な魅力があるように思える。
人も歩けば、発見がある!ってことかな。