So-net無料ブログ作成
検索選択


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

幸せな子 [高齢者天国]


IMG_7523.JPG
                    (玄関・仏間の仏壇


お盆前の故郷の寺は、賑やかである。

お盆休みで帰省した家族を連れて、昨年亡くなった親類の初盆でお寺参りが増えるのである。

今日も車六台で二十人ほどの一族がやってきた。

町から帰ってきた三組の若夫婦には、子供が七人、三ヶ月の赤ん坊もいる。

三人のお婆さんが、孫の取り合いである。

久し振りに見る孫が可愛くてたまらないらしい。

孫達も両親よりお婆様に甘え放題である。

戸を開け放った広い本堂は、風が吹き抜けて、意外と涼しい。

子供達も、開放感を感じるのか広い縁側を走り回って遊ぶのだ。

その様は、寺が急に幼稚園か、保育園になったような趣がある。

読経の間は、子供達を静かにさせるのもおばあさんの役目である。

読経が終わると、渡り廊下をぞろぞろと歩いて庫裏の大広間でお茶会となる。

住職の話が終わると、一族も久し振りの再会で賑やかな会話が始まる。

お爺様達は耳が遠いのか大声で、おばあさま達は早口で話の内容に脈絡などない。

飛び交うのは人の名前と代名詞。

話が通じているのやら案じられる始末だ。

孫達よりもはしゃいでいる。

笑い声、子供達の遊び声、普段はうるさく思える蝉の鳴き声もかき消されて聞こえない。

大事なお勤めを果たしたという開放感と久し振りの一族の集まりに、ハイテンションである。

静かなのは、若夫婦だけである。

ようやく落ち着きを取り戻した頃、本家の爺様が「では、そろそろ」と声をかけると

一瞬静寂が訪れる。

が、帰り支度が始まると、また、大賑わいになる。

賑やかな話し声が山門を下り、バタンバタンと車のドアの音を響かせて帰っていく。

寺の境内は急に静かになり、蝉の鳴き声までがなんだか寂しそうに感じる。

坊守(住職の妻)がお盆を片手に広間のテーブル食器をかたずけはじめた。

広間の隣が玄関で、玄関の間は仏間でもある。

人々が玄関に訪れると、部屋の中の正面に仏壇があり、

いやでも仏様と顔を合わすことにようになっている。

坊守は、その仏間を通って、台所へと食器を運ぶ。

いつも仏間を通るときは、つい仏壇に目が行く。

仏壇の前に大きなお供え物があるような気がして立ち止まり眺めた。

それはお供え物ではなくて、ベビーキャリアの中で静かに眠っている赤ちゃんだった。

まるで仏像に見守られているように思えた。

坊守は、お盆を置くとその赤ちゃんの寝顔をのぞきこみ、ほほえみを浮かべた。

そこへ平服に着替えた住職が来て、「どうした?」と声をかける。

坊守は、振り返り人差し指を口に当てて、静かにという仕草をした。

「あの人達の忘れ物」と小声で言った。

住職は慌てて電話をすると引き返そうとしたが、坊守は住職の袖を引っ張って止めた。

「そのうち帰ってくるから心配しなくていい」と言うのだ。

住職は半信半疑な顔をして、本堂の片付けに行った。

坊守は、片付けがすむと、お茶を入れ、子供のそばでほっこり気分で呑んでいた。

「仏様に子守をしてもらって幸せな子だ」とつぶやいた。


お盆前の炎天下の庭で [高齢者天国]

高齢者天国』は、高齢者達の事をシリーズとして、書いていきたいと思います。

IMG_0598.JPG

お盆前の炎天下の庭で

荒井さんの自動車工場は、県道沿いにあるのだが、なぜか表札は『福沢諭吉』となっている。

県道沿いと言っても、田舎の県道で人家も点々と見えるだけの、のどかな田園風景の広がる地域なのだ。

荒井さんは今年で六十五歳になる。自宅は工場から少し離れて県道から入ったところにある。

自宅の表札は『坂本龍馬』であり、荒井の表札はないのだ。

誰が聞いても彼は、笑っているだけでその理由を口にしない。

が、荒井さん宛の郵便物は、ちゃんと配達されるし、生活になんの障害もないのである。

つまり、誰も表札を信じる人などいないのである。もちろんお寺さんも法事には、ちゃんとやってくる。

そして、今日がその日である。お盆前の炎天下の日である。

坊さんも見えて、法事が終わったばかりの頃、「こんにちは!」と元気な声がして、

玄関に頭髪がすっかり後退した赤ら顔の老人が立っていた。

隣の集落に住んでいる岡田さんである。岡田さんも今年で七十六歳である。

「軽トラの調子が悪いので修理してもらいたいのだが」という。

「車は動くのかい?」

「まあ、なんとか。」

「じゃあ、昼から持ってきたら見てあげる」と荒井さんが二つ返事で引き受けると、

岡田さんは、よろしく頼みますといって、帰って行った。

暫くして、坊さんが帰るのを見送りに庭に出ていると、岡田さんがまた、汗を拭きながらやって来た。

「どうしたん?」

岡田さんは、バイクを忘れたというのだ。

よく見ると坊さんの車の横に確かにバイクがある。

さっき来た時は、バイクに乗って来たのに、帰るときは、そのことを忘れてしまったいう。

途中で思い出して、引き返してきたのである。荒井さんも坊さんも唖然。

岡田さんは、晴々とした顔でバイクに乗って帰って行った。

それを見送っていた荒井さんが「午後の約束忘れてないだろうなあ?」とつぶやいた。

「自分の家をわすれてないっでしょうね。」と荒井さんの奥様も心配が顔。

坊さんも帰って行った。

庭では、吾亦紅が風に揺らいでいた。

が、蝉の声は賑やかだった。


不思議な猫! [ぶらり生活]

2015年11月
16日から故郷の生家で過ごしている。
が、生家には、シャム猫がいる。
めちゃくちゃ人懐っこくて、おとなしい猫である。
おまけに賢い!
障子や襖を自分で開けて出はいりをするのだ。

IMG_0715.jpg

IMG_0716.jpg

IMG_0717.jpg

この猫がなぜ不思議化というと、
9月15日に突然生家の庭に現れて、
まるで自分の家のようにふるまっているのだ。
現れた時は、まだ子供で今より小さかったが
すくすくと成長した。
近所にシャム猫を飼っているところはないし、
我が家に紛れ込んだのなら、こんな田舎のこと
すぐ連絡があるはずであるが、それもないのだ。
シャム猫をwebで検索してみたら、
ペットショップで188,000円で売りに出ていた。
シャム猫って高価なペットなんだ!
そんなシャム猫が、わが生家に突然やってきて
住み着いてしまったのだ。
私は母の1周忌で帰省したのであるが
妹は、母が送ってくれたのではという。
ともあれ、すっかり大事な家族の一員になっているのだ。
朝晩、私たちの寝室に戸を開けて入ってくる。
トイレまでついてくるのだ。
まるで子犬みたいである。
けど、じゃれて手をかむのだが、さすがに痛い!
自分のトイレは、ちゃんと外で自分でするから安心なのだ。
いったい、どうゆうことで、生家のやってきたのだろう?

 


nice!(17)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再び奈良へ [ぶらり生活]

2015年10月29日
客人の希望で正倉院展が行われている奈良国立博物館へ出かけた。

IMG_0347.JPG

駅構内でチケットの販売がされていた。
障害者割引ができるかと聞いてみると、ここは一般のチケットだけなので
博物館で購入して欲しいと言われた。
入館までの待ち時間が現在45分と聞き、客人達はチケットを買って
先に行って並ぶことになった。
私と妻は、後からゆっくり長い坂道を登っていった。
博物館では障害者は無料だというので、客人達の列に入った。
ところが、後から博物館の方が駆けつけてきて
入り口で順番がくるまで待てますと案内してくれた。
入り口で椅子まで出してくれて、待つことが出来たので
本当に助かった。
こんな親切にされたのは、初めてである。
感謝です。
で、みんなで一緒に入館できた!
会場は2階なので、ここでも係の人がエレベーターに案内してくださり
会場に行けた。
会場は、満員の人だったが、じっくり観賞できた。
たくさんの宝物が展示されていたが、私はその中でも
「七条」には、本当にびっくりした。
韓国中国旅行者もいたが、どこまで理解できるのか少し心配だった。

昼食を済ませてからは、東大寺に行った。

IMG_0349.JPG

IMG_0355.JPG

大仏殿の前は、ぎょっとするほどの観光客で埋まっていた。

IMG_0358.JPG

大仏殿の屋根では、二羽のカラスがいつまでもじゃれ合って遊んでいる。
彼らもこの天気に木をよくしてるらしい。

IMG_0360.JPG

で、大仏様にご挨拶

IMG_0367.JPG

大仏様が「ふむ、よくぞきた」と言ってるような気がした。

IMG_0369.JPG

IMG_0374.JPG

そばにひかえる虚空蔵菩薩さんも如意輪観音さんも
ご機嫌のようである。

庭では、紅葉が進んでいた。

IMG_0377.JPG

私の大嫌いな鹿達をよそ目に帰路についたよ。
今日もなにかいいことをした気分になった。


nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花の園へ [花]

2015年10月28日
今日もいい天気になった。
夜中にすごい雨が降ったけど・・・・・・Z
客人は、午前中は、町ブラと映画の二組に分かれて行動。
午後は、植物園に案内

IMG_0208.JPG

IMG_0209.JPG

今日は、庭園コンクールの発表が行われていた。
下記は、最優秀賞 京都府知事賞に輝いた箱庭

IMG_0210.JPG

他にも数点が展示されていた。

IMG_0211.JPG

IMG_0212.JPG

IMG_0213.JPG

これらを眺めていて、感じたのは、狭い我が家の庭でも工夫次第で素敵な
庭が造れるという見本みたいなものだということだった。

まずは観覧温室に入る。
南方の植物がたくさん!
色鮮やかできれいな花もあるが、

IMG_0234.JPG

IMG_0282.JPG

中にはおどろおどろしい花もある。

IMG_0244.JPG

IMG_0243.JPG

やっぱり日本の草花の方が私は癒やされる。

IMG_0293.JPG

IMG_0305.JPG

IMG_0297.JPG

IMG_0299.JPG

IMG_0302.JPG

IMG_0306.JPG

IMG_0313.JPG

バラ園を覗くと色とりどりのバラが満開だった。

IMG_0316.JPG

IMG_0319.JPG

IMG_0324.JPG

IMG_0334.JPG

バラ園のそばのベンチでは、憩う人たちが楽しそうにしていた。

が、この後とんでもないことがおきて、その人達も僕も大慌てした。

秋の風がひときわ強く吹いてきたのである。
すると、そばのもみの木か何かの大木から、凄まじい黄色の粉が舞い上がり
降り注いできたのだ。
上着が黄色くなるほどの、びっくりぽんである。
で、みんな仰天して逃げ出した(笑)

私も逃げ出して菊花展会場に行った。
素晴らしい菊がたくさん展示されていたが・・・・・

IMG_0337.JPG

観賞もそこそこで、待ち合わせカフェへ、ぴったり約束の時間に行った。
で、みんなで賑やかな歓談!
早、夕食の話?
ちょっとついて行けない(笑)

植物園のアプローチに沿道では、紅葉が進み、夕日を受けて輝いていた。

IMG_0341.JPG

IMG_0343.JPG

まあ、楽しい一日でした。
客人も喜んでくれて、安心しました。
今夜は、ブランデーでいっぱいやるぞ!




 


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1400年の夢 [ぶらり生活]

2015年10月27日
今日も快晴!
客人の計画で法隆寺の見学に車で出かけた。
快適なドライブが出来た。
が、法隆寺は、団体旅行や修学旅行の皆さんでごった返していた。

IMG_0151.JPG

とりあえず、お目当ての夢殿に向かった。

IMG_0153.JPG

IMG_0156.JPG

IMG_0162.JPG

こちらは、なぜか見学者は比較的少なく、のんびりと見学できた。
ここには、聖徳太子等身大の秘仏、救世観音像が1400年の時を経て
静かに夢見ておられる。
聖徳太子は、この観音様の化身だったと言われているそうな。
いにしえに思いをはぜながら、お隣の中宮寺へと足を運ぶ。
こちらは、ますます参拝者は、すくなくて静かである。

IMG_0170.JPG

IMG_0173.JPG

私は、この寺の如意輪観世音菩薩(国宝)があまたの仏像の中で一番好きだ!
京都の広隆寺の弥勒菩薩なんてひじゃない。

で、引き返して法隆寺境内の見学となった。

IMG_0177.JPG

IMG_0187.JPG

意外とみるところが多くて、疲れてしまった!

ところで、法隆寺に来て、駐車場を探してたら
「当店のお客さんは無料」というお店が有り駐車した。
お土産やカフェがあるので、「帰りによりましからよろしく」と店の方に声をかけると
愛想のいい返事が返ってきたのだ。
そんなわけで、お昼でもあるし、そのお店で一休みと思って行ってみると
6台ほど止まっていた車は、僕らの車1台しかない。
でお店に入ろうとしたら、なんと、鍵が掛かった居るではないか!
中をガラス越しに覗いてみるが、人影なし!
まか不思議な事態に唖然!
本当なら来客で大忙しの時間帯なのにと頭をかしげるが・・・・・
なにか大変なことでもあったのだろうかと人ごとながら心配である。
そんなわけで、駐車料はなしで、唐招提寺に向かわせてもらった。

IMG_0191.JPG

正面が国宝の金堂である。
僕にとっては唐招提寺といえば堀辰雄である。
彼の『大和路 信濃路』の10月の抄の文章を思い出す。
確か中学生の国語だったと思うが、そこに掲載された一文が
なぜか僕の心にず~~~っと残って居るのだ。

『僕はきょうはもうこの位にして、此処を立ち去ろうと思いながら、
最後にちょっとだけ人間の気まぐれを許して貰うように、
円柱の一つに近づいて手で撫でながら、
その太い柱の真んなかのエンタシスの工合を自分の手のうちにしみじみと味わおうとした。
僕はそのときふとその手を休めて、じっと一つところにそれを押しつけた。
僕は異様に心が躍った。そうやってみていると、夕冷えのなかに、その柱だけがまだ温かい。
ほんのりと温かい。
その太い柱の深部に滲しみ込こんだ日の光の温かみがまだ消えやらずに残っているらしい。
 僕はそれから顔をその柱にすれすれにして、それを嗅かいでみた。
日なたの匂いまでもそこには幽かすかに残っていた。……
 僕はそうやって何んだか気の遠くなるような数分を過ごしていたが、
もうすっかり日が暮れてしまったのに気がつくと、ようやっと金堂から下りた。
そうして僕はその儘まま、自分の何処かにまだ感ぜられている異様な温かみと匂いを
何か貴重なもののようにかかえながら、
既に真っ暗になりだしている唐招提寺の門を、いかにもさりげない様子をして立ち出でた。』

IMG_0193.JPG

IMG_0198.JPG

IMG_0204.JPG

いにしえの空気を吸い、堀辰雄の作品を追体験した一日でした。

でもほとほと疲れ果てて、秋篠寺行きはあきらめて、家路についた。


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ガラスの茶室 [ぶらり生活]

2015年10月26日(月) 
九州から妻の妹達3人が我が家に旅行でやってきた。
で、京都駅にお出迎え!
その足で、東山の将軍塚に一直線!
駐車場では、猫どもがのんびりと秋の日差しを浴びて昼寝の最中!
いい気なものだ!

IMG_0126.JPG

展望台から京都市南部を眺めると、ひときわ京都タワーがはっきりと望めた。

IMG_0128.JPG

さて、将軍塚のある青蓮院門跡の別院へ向かう。

IMG_0130.JPG

IMG_0135.JPG

紅葉はこれからというところである。
さわやかな風が肌に気持ちよい!

お目当てのガラスの茶室へ

IMG_0138.JPG

ココカラは、京都市の北部が一望できる。
客人を楽しませるには、もってこいの場所でもある。
枯山水だってあるのだ(笑)

IMG_0145.JPG

京都案内の第一歩は、ここから始めるのが一番だと思う。
大いに喜んでもらえたよ。
今日から、1週間お付き合いです。
我が家は、急に賑やかになった!
で、夕食は、ビールの乾杯から始まった!



nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域