So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

戦争は絶対にいやです。 [譲れない想い]

「戦争法案」が衆議院で強行採決されて、暗澹たる想いでいっぱいです。
私が生まれたとき、日本は戦争末期でした。
父親は赤紙招集されて、戦場にいました。
国内は、治安維持法などで、言論の自由はありませんでした。
戦争する国は、国民に対して自由を奪います。
報道機関は、政府・大本営発表の受け売りにやっきでした。
そんな環境で育ったからか、戦争と権力には、敏感になりました。
今、再び、そんな社会になるのではという想いが強くしています。
ですから、このことについては、黙っているわけにはいきません。

そんな気持ちから先日、京都円山音楽堂で開かれた集会に参加してきました。
それは『戦争反対 平和がだいすき とめよう戦争法 声をあげよう7・18大集会』
主催とよびかけは、『戦争立法N0!京都アクション』

参加して最も印象的だったのは、京都弁護士会の姿です。
京都弁護士会の歴代の会長が壇上に集まり、現会長の白浜徹朗さんが
代表して挨拶をしました。
弁護士会は、戦前、戦争に協力したことを深く反省し、立ち上がったという。

IMG_4577.JPG

『戦争アカン!京都おんなのレットアクション』の若い女性達を代表して
田中めぐみさん(29歳)が挨拶に立ちました。
和服姿の方も居ました。

IMG_4579.JPG

また、学生のSELDs KANSAIの代表の挨拶もありました。

IMG_4582.JPG

京都北区で戦争体験記録「ぼうくうずきん」を発行した栗阪啓子さんの報告には
涙が出そうでした。

主催者発表で4,000人を越える方が参加しているということで、会場に入りきれない
状態でした。
募金も70万円をこえたそうです。
もちろん私も応募しました。

IMG_4583.JPG

最後に集会アピールが採択されました。

img155.jpg

アピールには大賛成です。
その後、京都市役所前までの長蛇のパレード。
都合で遅れてきた友人も加わり、炎天下を歩きました。
アピールカードを掲げてのパレードです。

img153.jpg  img154.jpg

民主主義は、国民一人一人が声を上げないと守れないと言うことを身にしみて感じました。
そして、今、日に日に声を上げる人たちが増えていることに、勇気をもらっています。

今の安部政権は、本当にひどいと思います。
原発問題、基地問題、社会保障制度の改悪、労働法の改悪など本当に国民を痛めつける
事ばかりです。
民意無視の独善的国会運営など座視しているわけにはいきません。
自由で平和・人権尊重の豊かな社会を心から望みます。



 


草原の便りは・・・・・ [気配]

故郷へ続く草原の道

sougen.jpg

その瀬の本高原の道沿いに
郵便ポストだけがポツンとたたずんでいた。
見渡せど人家はない。
ただ草原が広がっているだけである。

post1.jpg

post2.jpg

ポストの横に竹筒が設置されていて、花が生けてある。

どんな便りがこのポストに届くのだろうか?
草原の奥の方に人家があるのだろうか?
のんびりと草を食む牛さんに聞いてみるが
応えは「モウ 知らない」というのだ。

bokuzyou.jpg

でも、ポストの近くには、これまたバス停がある。

basutei.jpg

て、ことは、人が乗り降りするはずなのだが・・・・・・・
まさか、牛さんのバス停ではあるまい。

冬に通っても、ポストはちゃんと立っているのだ。

post4.JPG

post3.JPG

不思議なポストだ。
誰のために、どんな便りを待っているのだろう!
直接、聞いてみても、なにも応えてくれない。

IMG_1352.jpg

それで思うのだけど
今度、ここを通るときは、私の便りを入れておこうと思う。
草原からの便りがかえってくるのだろうか?
帰ってくるとすれば、どんな便りなのだろうか。
なにか、うれしい胸騒ぎがする。


脱出 [ぶらり生活]

今日から本格的に自宅の塗装工事が始まった。
窓は全部ビニール養生で封鎖され、温室状態!
洗濯物を干すことさえ出来ないのだ。
おまけに外気温は35度!
こりゃたまらんと町を脱出することにした。

行き先は、友人の別荘
かってながら『kaze2号』と名前をつけることにした。
別荘地に入ると、もうもうたる煙がkaze2号のあたりに立ちこめていた。
何事かとびっくりしたのであるが、近づいてみると野焼きしていた。
この暑い日にご苦労さんである。

IMG_0570.JPG

別荘について第一の仕事は、窓を開けること。
二階に上がると、さすがに空気がむんむんしていたが
天窓を開いたら、さわやかな風が一階から吹き込んで
あっという間に涼しくなった。

IMG_0573.JPG

妻はまず洗濯物を庭に干した。

IMG_0566.JPG

IMG_0565.JPG

こんな家の工事の時に、逃げ出すところがあって幸せ!
友人に感謝です。
昼寝もたっぷりしました。

IMG_0575.JPG

IMG_0576.JPG

昨日浦さんからメールがあり、比叡平の別荘もあるよとお誘いを受けた。
明日から東屋の建設に掛かるとか。
僕らのためにハンモックもつれるようにしてくれるとか。
このまだ見ぬ別荘を『kaze3号』って言うことにしようと思った。

とにかく、自宅の工事が終わるまでは、
毎日脱出しないいと息が詰まりそうである。


別天地へ [ぶらり生活]

昨日、自宅の工事で、出かけることにした。
天気も悪いので、別荘でのんびりしようと
親しい人の別荘に二人で出かけた。
前を走っていた車が同じように別荘地に入っていった。
前の車が止まったのは、僕らの目指す別荘の3軒となりだ。
僕らも別荘の前に車を止めて、先行車の方に挨拶した。
彼女は、苗木をたくさん持ってきていて、別荘に植えるという。
庭には、5mほど伸びた白樺の木が一本
まだ増やしたいとのこと。
実に楽しそうである。
今日は、別荘のオーナーさんは、来ていなかった。
で、二人でのんびり。
妻は、読書!
僕は、近所をぶらぶらと散歩して回った。
土曜日だからか、別荘地では、誰も見かけないし
人気もなかった。
家々を眺めながら、歩くのも楽しいものである。

IMG_0532.JPG

IMG_0533.JPG

IMG_0536.JPG

近くに川もあるのがうれしい!

IMG_0537.JPG

IMG_0539.JPG

IMG_0541.JPG

IMG_0542.JPG

IMG_0543.JPG

IMG_0544.JPG

IMG_0547.JPG

IMG_0548.JPG

IMG_0549.JPG

このおうちの庭には、ひときわ目を引く花があった・

IMG_0550.JPG

聞こえてくるのは、小鳥のさえずりだけである。

こんな楽しみを提供してくださったオーナーさんには、
本当にありがとう!です。

しっかり楽しんで帰宅したら、今日の工事は終わっていた。



 


故郷の道 [道]

#MG_8074.JPG

天上に続くようなあの道を登り詰めれば

眼下に懐かしい故郷が広がる!

天上に続くようなあの道を登り詰めれば

阿蘇五岳、久住連山の峰が一望できる 

祖母山、傾山が南に横たわって見える 

天上に続くようなあの道を登り詰めれば

まるで銀河の中にいるように満天の星に包まれる

春には

春高楼の花の宴の岡城跡が眼下に見える

夏なれば

谷底まで続く棚田が稲穂をなびかせる

秋になれば

色とりどりの紅葉に目を奪われる

冬ともなれば

そこは冷たい北風の遊園地

誰でも快く迎えてくれる故郷の道


その思いやりに感動! [絆]

IMG_8314_1.JPG 

kazeを売却し、セカンドハウスのなくなった僕らに
kazeが取り結んでくれた方が、自分の別荘を解放してくれた。
kazeがなくなって寂しいだろうからと。
で、先日彼女の別荘を訪問した。
部屋の真ん中で、kazeのテーブルと椅子が僕らを迎えてくれた。
「自由に使ってください」と鍵までいただいた。
ぼくらは、感激で胸がいっぱいになる。
「自宅ではなく、環境が異なった方が執筆が進むのでは」という。
しっかり書く仕事をしてくれという励ましもいただいた。
こんな親切に甘えていいのだろうかと思う。
でもうれしい!
ここは、kazeと違い、車の音さえ聞こえない。
聞こえてくるのは、鳥のさえずりだけ。
静かで、のんびり出来るところである。
これから、ちょくちょくここに来て、
執筆や読書、散歩に精出したいと思った。