So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

前の10件 | -

六道の辻 六道珍皇寺 [京都の風物]

六道の辻と呼ばれる位置にある六道珍皇寺にやってきた。

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。

山号は大椿山。本尊は薬師如来。


IMG_5350.JPG


8月7日 - 10日の「六道詣り」、小野篁が冥界に通ったと伝わる井戸で知られる。

通称「六道さん」。この付近が「六道の辻」であるとされる。


IMG_5352.JPG


創建は延暦年間とされ、開基は、奈良の大安寺の住持で弘法大師の師にあたる慶俊とされる。

異説もたくさんあり、何が本当なのかは不明。


紅い門の前には、石碑が有り、なにやら書いてある。

が、私には、よくよく見ないと読めない。

書道の碑ならともかく、書くなら、誰でも読める文字で書いて欲しいものである。


IMG_5357.JPG


謡曲 熊野からの引用らしい。

が、この「熊野」は「ゆや」と読むらしい。

能を代表する曲の一つと言われている。

碑の文を調べてみると

「愛宕の寺もうち過ぎぬ六道の辻とかや
げに恐ろしやこの道はめい土にかふなるものを」

(愛宕の寺も打ち過ぎぬ、六道の辻とかや
げに恐ろしや此道は、冥途に通ふなるものを)

となるようだ。

六道の辻は、げに恐ろしき場所なのだ。

現に今でも、この五条坂の東山には鳥辺野墓地が有り、

西本願寺の大谷墓地が有り、東本願寺の納骨堂があり、

京都市の火葬場までがある。

ここから東は、死者の世界である。

その昔、都人は死者が出ると、ここ六道の辻で葬儀をして鳥辺野に葬った。

現世と死者の国との境目が六道の辻なのだ。


さて、六道珍皇寺に話は、戻りますが


IMG_5359.JPG



IMG_5358.JPG


境内には、薬師堂


IMG_5360.JPG


迎鐘堂


IMG_5368.JPG


この鐘楼は、ちょっと変わっていて、鐘は見えない。

外から鐘突き棒で鐘を突き、音だけを聞くだけである。


閻魔・篁堂


IMG_5361.JPG


IMG_5367.JPG



IMG_5363.JPG


この寺と縁がが深いのが


IMG_5365.JPG


小野篁(たかむら)である。

webの資料によれば

「小野 篁延暦21年(802年) - 仁寿2年12月22日(853年2月3日))は、平安時代前期の公卿・文人。

参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。

異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。

小倉百人一首では参議篁(さんぎたかむら)。

身長六尺二寸(約188cm)の巨漢でもあった。


逸話と伝説
篁は昼間は朝廷で官吏を、夜間は冥府において閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという伝説が

『江談抄』、『今昔物語集』、『元亨釈書』といった平安時代末期から鎌倉時代にかけての書籍に紹介され、

後世の『本朝列仙伝』(田中玄順・編、1867年・刊)など多くの書籍に引用されている。

『江談抄』では三の三十九において、藤原高藤が急死した際、

閻魔庁の篁によって冥土からの生還を果たしたことが記されている。


『今昔物語集』巻第20第45話「小野篁、情に依り西三条の大臣を助くる語(小野篁依情助西三条大臣語)」によると、

病死して閻魔庁に引据えられた藤原良相が篁の執成しによって蘇生したという逸話がある。
『元亨釈書』 では、巻の九にある矢田寺(金剛山寺)の滿米(満米)上人の項において、

篁が閻魔大王に菩薩戒を授ける人物として上人を紹介する。

この物語は「矢田地蔵縁起」として描かれ、京都矢田寺(重要文化財指定、京都国立博物館寄託)、

奈良矢田寺(非公開)、奈良国立博物館、根津美術館などに残されている。

この伝説に基づき、京都矢田寺の梵鐘を「送り鐘」と称して六道珍皇寺の「迎え鐘」と対の存在としている。


冥府との往還には井戸を使い、

その井戸は、京都東山の六道珍皇寺(死の六道、入口)と

京都嵯峨の福正寺(生の六道、出口、明治期に廃寺)にあったとされる。

また近年六道珍皇寺旧境内から井戸が発見され、

六道珍皇寺ではこの井戸を「黄泉がえりの井戸」と呼称している。

六道珍皇寺の閻魔堂には、篁作と言われる閻魔大王と篁の木像が並んで安置されている。


京都市北区にある篁のものと伝えられる墓の隣には、紫式部のものと言われる墓があるが、

これは愛欲を描いた咎で地獄に落とされた式部を、篁が閻魔大王にとりなしたという伝説に基づくものである。


『江談抄』の藤原高藤蘇生譚(上記参照)の前段(三の三十八)において、

篁は悪ふざけで高藤を百鬼夜行と遭遇させた伝説が語られている。


嵯峨天皇が「無悪善」という落書きを読めと篁に命じたが、篁はなかなか応じようとはしない。

さらに天皇が強要したところ、

篁は「悪さが(嵯峨)無くば、善けん」(「嵯峨天皇がいなければ良いのに」の意)と読んだ。

天皇は、これが読めたのは篁自身が書いたからに違いないと非難し、

篁は「どんな文章でも読めます」と弁明したため、

では「子子子子子子子子子子子子」を読めと言ったところ、

篁は「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」と読み解き事なきを得た(『宇治拾遺物語』巻三「小野篁広才事」)。


『江談抄』三の四十二にも類話が見えるが、

こちらでは「一伏三仰不来待書暗降雨恋筒寝」を

「月夜には来ぬ人待たるかき曇り雨も降らなん恋つつも寝ん」と読み解く。


『白氏文集』が御所に秘蔵されていた頃、

嵯峨天皇が戯れに白居易の詩の一文字を変えて篁に示したところ、

篁は改変したその一文字のみを添削して返したという(『江談抄』四の五)。」

とある。


今なお、本堂背後の庭内には、篁が冥土へ通うのに使ったという井戸があり、

近年旧境内地より冥土から帰るのに使った「黄泉がえりの井戸」が発見された。

そばには篁の念持仏を祀った竹林大明神の小祠がある。


IMG_5366.JPG


六道珍皇寺の正面には、碑が建っている。


IMG_5370.JPG


それを回り込むようにして、本堂に至る。


IMG_5371.JPG


その本堂の右手には、


IMG_5372.JPG


こんな扉が有り、扉の桟の間だから「冥土通いの井戸」が見れるようになっている。

中には入れない!


IMG_5375.JPG



IMG_5384.JPG


そんなバカなと思うのであるが、伝説なので角を立ててもしょうがない!

が、小野篁の歌は、素晴らしい。

百人一首にも、取り上げられていて、皆さんもおなじみの歌である。


参議篁(小野篁)(百人一首より)
 小野篁は詩人や歌人などとして有名です。
「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟」


というわけで、この歌をもって、今日のブログは終わりとします。



 


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六波羅蜜寺 [京都の風物]

京に住み始めて半世紀以上になるが、これまで行ったことのない場所に出かけてみた。


場所は、五条坂より北側、鴨川より東側、東大路通りより西側、四条通りより南側の区域。

平安の昔、この地帯は,現世と他界の境目とされたところである。

この地域から東側は、「鳥辺野」と呼ばれて火葬場と墓地の地域で、

平安時代以来の墓所として、北の蓮台野、西の化野とともに京都の三大墳墓地をなしている。

そんな場所の一角に六波羅蜜寺があるのだ。


IMG_5332.JPG


六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。

山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。


踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に

造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。


空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、

この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、

病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。


空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行った。

当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。


空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。


平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。

またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。


IMG_5320.JPG



IMG_5322.JPG



IMG_5323.JPG



IMG_5327.JPG


IMG_5328.JPG



IMG_5329.JPG


これは平清盛公の塚だそうだ!


IMG_5330.JPG


IMG_5331.JPG


本堂


IMG_5334.JPG



IMG_5336.JPG


IMG_5347.JPG



IMG_5340.JPG

「迎鐘」という小さな楼があり、その奥に仏像が並んでいる。


IMG_5343.JPG


IMG_5344.JPG


IMG_5345.JPG


境内には、絵馬じゃなく、願いを書いた小石が・・・・・・・・


IMG_5333.JPG


かと思えば、分けもなく置かれた「なで牛」の像が・・・・・・・


IMG_5339.JPG


なんかとりとめもない寺に思えて仕方がなかった。

歴史のある寺社に感じる荘厳さというものを私は、全く感じなかった。

由緒ある寺院なのに不思議である。

本堂が朱塗りだというのも、あまり見かけない寺院である。

で、さっさと帰ることにした。





nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

知人の作品展を見に出かけた! [京都の風物]

知人の作品展が行われているというので友人と出かけた。

五条大和大路を下ったところにある「あまた」というギャラリーだ。

途中、京都にはあちこちにある路地を発見した。

奥に白雲大明神があるというので、覗いてみる。

路地の突き当たりに祠があった。


IMG_5312.JPG



IMG_5314.JPG


入り口の上には、この路地の中にある家の表札が上がっている。

なるほど、こうしておけば、表通りから知ることが出来た便利だ。


IMG_5315.JPG


目的のギャラリーは、というと、これ


IMG_5290.JPG


ちょっと意外な感じがした。

入り口には、


IMG_5293.JPG


これって本当にギャラリーなの?って感じなのだ。

でも、ポスターは知人の作品である。


IMG_5291.JPG


IMG_5289.JPG


3種の作品を展示しているらしい。

とにかく中に入ってみると、知人の作品も並んでいた。


IMG_5294.JPG



IMG_5295.JPG


IMG_5296.JPG



IMG_5297.JPG



IMG_5299.JPG


IMG_5300.JPG



IMG_5302.JPG



IMG_5306.JPG


IMG_5308.JPG


IMG_5311.JPG



IMG_5305.JPG


作品の素材は、チーク、ケヤキ、シタン、ナラ、アオコクタンだという。

固い木材の色合いを考慮し貼り合わせて作成した作品である。

素材の色をそのまま使ったもので着色はしていないというのは驚きである。


さらに彼は木工作品だけでなく、執筆活動もされている。


IMG_5304.JPG


「原風景を歩く」は333ページのハードカバー本である。

北海道以外の全国を日本の原風景をを求めて行脚した記録で、カラー写真入りの作品である。

出版社は、冬至舎。

私もこれを買っています。

さらにホルダーも2個買いました。


IMG_5301.JPG


私の思い浮かべるギャラリーとは、はなはだ異なるギャラリーだけど

川上氏の作品は、お気に入りです。


店内は、こんな感じ!


IMG_5310.JPG


なんの変哲もない住宅街にこのお店だけが、周囲とは異なる雰囲気を持っていて

時折、ヨーロッパや中近東から来たらしい観光客が入って来ました。





nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

さよなら三江線 シリーズ20 粉渕駅(こなぶちえき) [三江線]

さよなら三江線シリーズも今回で最終となります。

三江線は、さらに終点の江津駅まで、あと14駅ありますが

そちらは、他の人にお任せして終わりにします。


ところで、この間私のPCのディスプレイのスイッチが故障し

1週間ほどパソコンなしの生活を強いられました。

故障したのは、2012年1月に買った三菱のディスプレイなのですが

6年ちょっとで使えなくなり、

欠陥商品ではないかとさえ思えて仕方がありません。

で、今度はI-O DATAのディスプレイにしました。

私のパソコンは、デスクトップ型でかつセパレーツなので

本体にはなんら関係なかったので、問題は全くなかったのが幸いでした。

パソコンが使えない間は、専らスマホが助けてくれました。


話は、元に戻りますが、三江線粉渕駅

駅舎は、美郷町商工会と同じ建物になっていて

どちらが貸し借りしてるのかは不明ですが、立派なものです。

これまで見てきた駅舎の内で最もちゃんとしたものでした。



IMG_4939.jpg



IMG_4942.jpg



IMG_4943.jpg



IMG_4945.jpg



IMG_4944-1.jpg


IMG_4947.jpg



IMG_4948.jpg


利用者も、この駅がこれまでの内で最も多いようです。


konabuti.jpg


駅を見た後は、近くの散策

西原山(さいげんざん) 浄土寺という寺がありました。

なんでも山陰地方における浄土真宗発祥の寺院という。

ここも人影はない落ち着いた雰囲気でした。




IMG_4954.jpg



IMG_4953.jpg



IMG_4952.jpg



IMG_4960.jpg



IMG_4958.jpg


山門の横には、歴史のありそうな建物がありましたが、

今は使われていない雰囲気です。

もしかすると昔の庁舎ではないかと勝手に想像!


IMG_4955.jpg


今回の旅は、これで終了し、日も傾き始めた道を帰路につきました。

江の川を隔てた向こうの山には山桜が咲き誇り、


IMG_4963.jpg


川沿いの道には、いまが盛りのハナモモの木が、風に揺れて

私にさよならしているように思えた。


IMG_4968.jpg


良い思い出作りの旅になったと思った。


                                       -さよなら三江線シリーズ 完-


nice!(30)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

バラに酔う!-3 [ぶらり生活]

文字通り火焔のようなバラ


IMG_5244.jpg

                              (焔の波)


空をバックにしたバラも気分爽快になります。


IMG_5246.jpg



IMG_5248.jpg

                             (ロブロイ)


IMG_5250.jpg

                          (ゴールド バニー)


IMG_5252.jpg

                                (絵日傘)

この絵日傘が私の一番のお気に入りです。


IMG_5254.jpg



IMG_5255.jpg


IMG_5258.jpg

                   (ジュビレ デュ プリンセス ドユ モナコ)


なんだか舌をかみそうな花の名前だ!


IMG_5260.jpg

                       (ウルマー ミュンスター)


IMG_5262.jpg


IMG_5263.jpg


IMG_5264.jpg

                             (アホイ)


バラ園を堪能した後はクスノキの並木を散策


IMG_5268.jpg


蔓がまかりついて上まで伸びている高木を見上げると夏の青空が目に染みる。


IMG_5282.jpg


森のカフェで一休み。

カフェの前に広がる芝の広場で、仲の良い姉弟が父親のサックを二人で背負って

実に楽しそうに走り回っていた。

なんともほほえましい風景である。


IMG_5284.jpg


心が晴れ晴れとしたところで、植物園を後にした!

これで、このシリーズは終了です。






nice!(42)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラに酔う-2 [ぶらり生活]

すごくきれいなんだけど、名前が多少はばかるような名前で・・・・・

フランス産だというけど、フランス人は、この名前をどんな風に感じるのだろうか?


IMG_5215.jpg

                            (チンチン)


IMG_5218.jpg

                      (プリンセス オブ ウェールズ)


IMG_5220.jpg

                      (ゴールド マリー ’84)


IMG_5222.jpg


この花の説明は下記参照


IMG_5225.jpg



IMG_5226.jpg

                         (フレンチ パヒューム)


IMG_5228.jpg

                                (オクラホマ)


IMG_5230.jpg



IMG_5231.jpg

                              (聖火)


IMG_5233.jpg

                         (つるサラバンドウ)


IMG_5235.jpg

                         (ケアフリーワンダー)


IMG_5237.jpg


IMG_5238.jpg


バラ園を歩いていたら、なんとバラの木の間にシートを敷いて寝てる人がいる。

サングラスをかけた男性外人!

なんでこんな所で寝るんだとちょっと不愉快!

昼寝するんだったら、近くに芝生があるし、そこでやって欲しいものである。

バラを楽しんでるときに、突然寝転がった人間がいるなんて、げんなりである。


IMG_5239.jpg


IMG_5240.jpg

                (ルーピング)


IMG_5242.jpg

                          (アンティツシモ)


次回につづく




nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラに酔う!-1 [ぶらり生活]

寒い日が2~3日続いて、今日は暖かな好天に恵まれた。

季節のバラの季節になった。

さっそく、植物園のバラ園を訪ねてみた。


日本はバラの自生地として世界的に知られており、

品種改良に使用された原種のうち、
3種類(ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナシ)は日本原産である。


古代、バラは「うまら」「うばら」と呼ばれ、『万葉集』にも
「みちのへの茨(うまら)の末(うれ)に延(ほ)ほ豆のからまる君をはかれか行かむ」

という歌がある。


バラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』である。
古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテやウェヌス(ヴィーナス)と関係づけられた。

また香りが愛好され、香油も作られた。

クレオパトラはバラを愛好したという。


とにかくバラの歴史は長く、品種改良されて、実に多種になっている。

人間の飽くなき欲求のたまものでもある。


バラ園への道でまず出会うのは、ここ、きれいな花壇が迎えてくれる。


IMG_5181.jpg



IMG_5184.jpg



IMG_5185.jpg


さっそくバラ園へ


IMG_5188.jpg



IMG_5191.jpg


バラが花盛りである。


IMG_5192.jpg

                              (マリーローズ)


IMG_5194.jpg



IMG_5196.jpg

                               (モンタナ)


IMG_5199.jpg

                                (栄光)


IMG_5202.jpg

                (つるサマースノー)


IMG_5204.jpg

                               (シンパシー)

菩提樹の下でちょっと一休み!


IMG_5206.jpg


すごい巨木である。


IMG_5207.jpg


このバラの名前がふるってる!


IMG_5208.jpg

                           (ヘンリーフォンダ)


IMG_5210.jpg


IMG_5211.jpg



IMG_5212.jpg

                         (コンチェルチィーノ)


今日はここまでです。あと2回シリーズで掲載予定です。

バラ園は、京都府立植物園です。




nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

さよなら三江線 シリーズ19 浜原駅 [三江線]

再び江の川沿いに戻り江の川と三江線に挟まれた道を走る。

山手には、民家がポツントあった。


IMG_4921.jpg


やがて、家並みが現れる。

ここは集落と言うより、小さな田舎町の風情がある。

その町の道沿いに浜原駅はある。



IMG_4923.jpg



駅の向かいには、りっぱなお家もでんと構えている。


IMG_4925.jpg



IMG4925-1.jpg


逆にツタの絡まる空き家もある。

昔は、店舗だったような建物だ。


駅舎は、「浜原地域おこし協力隊事務所」の看板が掛かっていた。

ここも無人駅で、事務室が協力隊の事務所になっている。

浜原地区は、島根県の中で最も茶農家が多美郷町の茶生産の中心地だそうだ。

協力隊は、この茶業の生産と加工の活動をしているという。

茶農家も高齢化などで人不足らしい。


駅舎の待合室は一番きれい!


IMG_4933.jpg


ホームは高架で結ばれて2本ある。

長さも結構ある。

駅舎やホームは桜に彩られていた。


IMG_4930.jpg



IMG_4927.jpg


駅舎の右奥が広場になっていて、お祭りなどで使われるらしい。



IMG_4926.jpg


ホームの上の山の上には神社があった。

銀杏の2本の大木が、まるで神社の門のようにそびえていた。


IMG_4937.jpg


それにしても静かな町で、人影もない!

人影協力隊も欲しいような気がする。


次回はシリーズの最終回になります。



nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

さよなら三江線 シリーズ18 沢谷駅 [三江線]

潮駅の桜並木を後にして、17番目の駅、沢谷駅に向かう。

三江線は潮発電所を過ぎたあたりから、

江の川に別れを告げて山の中に進んでいく。


私は、江の川沿いに国道375号線を北上


IMG_4893.jpg



IMG_4895.jpg


IMG_4900.jpg


江の川は、このあたりでS字型に大きく蛇行している。

大きくカーブした川の向こうに信喜という集落が見えてくる。

まるで湖に突き出た陸地のようなきれいな風景である。


IMG_4901.jpg


上川戸で右折して県道166号線を三江線の線路沿いに山の中へ

進路としては、三江線を逆走しているようなものである。

というのも、三江線は、この区間だけ江の川から離れて沢谷駅に向かい

再び江の川へ戻って、次の駅浜原駅へと進むのである。


なぜか沢谷駅だけが、江の川沿いではなく、山間にあるのだ。

ホームから眺める線路は、両方ともまっすぐに伸びている。

のどかな田園風景の中にある。


IMG_4902-1.jpg



IMG_4904.jpg



IMG_4905.jpg



IMG_4907.jpg


ここまで来たのでと欲を出して、さらに山間部に走る。

しばらくすると円立寺と「ふるさと おおち伝承館」が見えてくる。


IMG_4912.jpg



IMG_4909.jpg


この伝承館の庭には、大きな満開の桜の木がある。

前川桜というらしい。

このしだれ桜は、エドヒガンザクラが突然異変した名木だという。

木の幹をよくよく見ると確かにとても桜の木とは思えない。

珍しい桜の木である。


IMG_4913.jpg


IMG_4919.jpg


IMG_4918.jpg



IMG_4916.jpg


円立寺の前にあるハナモモも鮮やかに満開を誇っていた。


IMG_4911.jpg


道中、沿道には満開の桜の木が沢山あった。

この地域の人は、とりわけ桜の木が好きなようである。

桃源郷ではなく、桜源郷のようだ。


sawadani.jpg


道草はここで終わり、浜原駅に向かって、

江の川に引き返すことにした。







nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

さよなら三江線 シリーズ17 潮駅 [三江線]

先にも触れたように、私はこの駅周辺の写真をwebで見たことが

潮駅を訪れるきっかけとなりました。


で、潮駅に出かけようと、潮駅近くの大和莊へ電話を入れたら

3月いっぱいで三江線が廃線になることをしり、

ついでといっては、なんですが廃線になるのなら途中の駅を

記念に写真に収めようと思い立ったのでした。


そのようなわけで、私の第一のお目当ては、

この桜並木のある潮駅だったのです。


潮駅に近づくと、まず目に入って来たのは、美しい桜とハナモモ


IMG_4990.jpg


IMG_4994.jpg


左手に鯉が干してある?デイサービスセンター


IMG_5003.jpg


右手は、江の川の土手の上を走る線路


IMG_4752.jpg


桜がきれいだ!


IMG_4750.jpg



IMG_4764.jpg


IMG_4757.jpg



IMG_4977.jpg



IMG_4979.jpg


IMG_4989.jpg


さらに進むと


IMG_4969.jpg


歩道は、桜の花の絨毯


IMG_5008.jpg


愛車にも桜の花が・・・・・・


IMG_5007.jpg



IMG_4996.jpg



IMG_4999.jpg


桜並木に飾られている提灯には、自治会と書かれている。

私達がよく見かけるものは、大概「商店街」とか「商工会」名が入っているのだが

ここは、地元自治会なのだ!

民家は、わずかしかないのに、商店もあるし、デイサービスセンターもあるし、

ハートランド双葉園という介護付き住宅もあるし、潮会館というコミュニティーセンターもあるし、

私の宿でもある「潮温泉大和莊」もあるし、「みさとカレッジ バカンスハウス」もあるし、

どうなってるの?と疑問に思った。




IMG_5006.jpg


いよいよ潮駅


IMG_4784.jpg



IMG_4779.jpg


ホームに上がると


IMG_4767.jpg



IMG_4768.jpg



IMG_4771.jpg



IMG_4775.jpg


駅を通り越して少し進んでみた。


IMG_5014.jpg


この先に発電所がある。

桜並木は、そこまで続いていた。


で、お宿引き返すことにした。


IMG_5017.jpg


お宿、大和莊は、駅から近い。

お宿の広場にも、ハナモモと桜が満開である!!


IMG_4754.jpg


IMG_4749.jpg


何しろ、ここでは温泉もあるのだ!

宿の方に聞いたのだが、ここは元は潮村だったが、合併して大和村(だいわむら)になったという。

その時期に立てられたので大和莊と名付けられたという。

そして今は、さらに合併し「美郷町」(みさとちょう)になっている。

やはり、この地域は潮村時代は、村の中心地だったのだと思う。


で、この駅の利用者は、さぞかし多いのではと思ったのだが


usio.jpg

利用者数だけみれば、トホホ・・・・・・・だ。

どうしたことなのだろう?

しかし、宿の皆さんは優しい人ばかりで、食事もたっぷり

美味しくいただきました。

温泉に浸かり、旅の疲れも吹っ飛んだよ!!!!






nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -